【フリーランス必見】仕事の探し方10選と継続案件を獲得するために必要な要素を徹底解説

「フリーランスになったら、仕事はどうやって見つけたら良いの?」
「コネも人脈もないけど、フリーランスで仕事見つけられるかな…?」

仕事が獲得できるか不安で、フリーランスとして一歩踏み出せない方もいるのではないでしょうか。

また、なったものの仕事がなかなか受注できなくて、将来が不安になっている方もいますよね。

そこで、この記事では、フリーランスの仕事の探し方について詳しく紹介します!

  • 仕事を獲得するために必要なこと
  • 要注意なクライアントの見分け方
  • 継続して仕事を受注するための注意点

についても解説しているので、これからフリーランスを目指したい方や、仕事を多く獲得したい方はぜひ最後までご覧ください。

フリーランスの仕事の探し方10選

こちらではフリーランスの仕事の探し方を、10個紹介します。

  1. クラウドソーシングを利用する
  2. 直接営業をかける
  3. コワーキングスペースで声を掛ける
  4. フリーランスエージェントを利用する
  5. 知人に声をかける
  6. SNSで発信する
  7. ブログを開設する
  8. オンラインサロンに参加する
  9. オフラインの勉強会などに参加する
  10. 講座を受講する

順番に説明します。

【フリーランスの仕事の探し方1】クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングを利用するのが、フリーランスの仕事の探し方のメインです。

クラウドソーシングは誰でも簡単に登録できて、すぐに仕事をはじめられます。

有名なクラウドソーシングは、

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ

などが挙げられます。

企業だけでなく個人でも案件を募集しているため、仕事内容が豊富で初心者におすすめです。

その反面、単価が安いことが多いというデメリットも。

クラウドソーシングは、初心者の最初の仕事獲得ツールとして利用すると良いでしょう。

【フリーランスの仕事の探し方2】企業やサイトに直接営業をかける

気になる企業やサイトに直接営業をかけるのも、フリーランスの仕事の探し方の1つ。

クラウドソーシングなどで仕事を応募していなくても、直接連絡をとったら案件を獲得できる可能性があるからです。

  • 問い合わせページからメールを送る
  • 直接電話してアポイントをとる

など、連絡をおこなってみましょう。

直接営業はクラウドソーシングを利用するよりも、ハードルが高めです。

ただしハードルが高い分、直接営業をしない人も多いので、ライバルが少ない状態で仕事探しができます。

【フリーランスの仕事の探し方3】コワーキングスペースでのマッチング

コワーキングスペースは、作業をする場所だけでなく、仕事を探すこともできます。

様々な職種のフリーランサーがいるので、そこで人脈を作れるからです。

例えば、コワーキングスペースでYouTuberがいたとします。ライターであれば台本を、動画編集者であればYouTubeの動画編集を依頼される可能性があります。

他にも、ディレクター業をやっている人から仕事を受注できることも。

また、コワーキングスペースによっては、オーナーがマッチングしてくれるところもあります。

作業の効率アップだけでなく、仕事を獲得するチャンスにもなるので、コワーキングスペースの利用を検討してみてください。

【フリーランスの仕事の探し方4】フリーランスエージェントを利用する

フリーランスエージェントを利用するのも、仕事の探し方の1つです。

特に、何をしたら良いか分からない初心者や、仕事の案件を探す時間がない人にはおすすめです。

理由は、エージェントが仕事の紹介から、契約締結まで手伝ってくれるから。

契約に必要な書類や請求書の発行など、全てを行ってくれるエージェントがあります。

自分の職種にあった、フリーランスエージェントに登録してみましょう。

【フリーランスの仕事の探し方5】知人に声をかける

フリーランスの仕事の探し方の1つとして、知人に声をかけることも挙げられます。

直接仕事をくれたり、人を紹介してくれたりする可能性があるため、効果は高いです。

実際フリーランスのほとんどが、過去の取引先を含む人脈を使って仕事を獲得しているという調査結果もあるほど、よく使われている手法です。(参考:フリーランス協会「フリーランス白書2018」)

声に出さないと、あなたが仕事を探していることを知ってもらえません。

仕事を通じて知り合った知人には、積極的に声をかけていきましょう。

【フリーランスの仕事の探し方6】SNSで発信する

SNSで発信するのも、フリーランスの仕事の探し方の1つです。

フォロワーが多くないと、仕事獲得に繋がらないと思っているかもしれませんが、それは誤り。

数十人しかいなくても、普段から自分の作品をあげている人は、仕事を受注できています。

また、ハッシュタグを利用して、仕事を探せます。

例えば、Twitterで

  • 動画編集者募集
  • ライター募集
  • エンジニア募集

など、自分の職種+募集で検索するとたくさん出てきます。

普段から仕事を探していることを発信しておくと、フォロワーから仕事依頼が来ることもあります。

1つの仕事の探す手段として、SNSを活用しましょう。

【フリーランスの仕事の探し方7】ブログを開設する

ブログを解説するのも、フリーランスの仕事の探し方の1つです。

「ライターじゃないから必要ない」と思われるかもしれませんが、文章を書く職業以外の人にもおすすめ。

ブログは自分のポートフォリオ(実績)になり、さらに情報を発信した人に情報が集まるからです。

自分から何も発信していない状態だと、仕事は集まりません。

知識やスキルをブログで発信することにより、仕事に繋がりやすくなります。

【フリーランスの仕事の探し方8】オンラインサロンに参加する

オンラインサロンに参加することも、フリーランスの仕事の探し方です。オンラインサロンとは、共通の分野に興味のある人が集まるコミュニティのこと。

同業種の人と繋がることで、仕事を受注できる可能性があります。

中には「依頼を受けたけど忙しすぎて、他の人に回したい」という人から、案件を獲得できることもあるでしょう。

異業種が集まっているオンラインサロンの場合でも、仕事の外注があることも多いです。

オンラインサロンは基本月額制で、いつでも退会することができるので、いくつか入会してみることをおすすめします。

【フリーランスの仕事の探し方9】オフラインの勉強会に参加する

フリーランスの仕事の探し方として、オフラインの勉強会に参加するのもおすすめです。

直接人と会うことによって、オンラインよりも効率よく人脈を広げられます。

具体的には、自分が仕事を受けたい分野や業界の勉強会や、交流会などに参加するようにしましょう。

例えば、ダイエット業界のWeb制作に携わりたいとします。

その場合は、

  • フィットネスジムの経営セミナー
  • サプリメントのセミナー
  • 食育勉強会

などに、参加してみると良いでしょう。

特に、経営セミナーは経営者が多く参加しているので、営業をかけるチャンスでもあります。

検索すると、様々なセミナーや交流会があるので、ぜひ参加してみてください。

【フリーランスの仕事の探し方10】講座を受講する

講座を受講するのも、フリーランスの仕事の探し方としておすすめです。

講座によっては、修了後に仕事を紹介してくれるサービスもあるから。

プロの指導者からスキルを学ぶこともでき、仕事も獲得できるなら最高ですよね。

購入前のチェックポイントの1つとして、確認してみてください。

特に、自分で営業して仕事を受注できるか不安な人は、講座を受講すると良いでしょう。

仕事を獲得するためにフリーランスが必要な5つのこと

仕事を獲得するために、フリーランスが必要なことを5つ紹介します。

  1. スキルを身につける
  2. ポートフォリオを作成する
  3. 実績を積む
  4. ソフトスキルを身につける
  5. 健康管理

順番に紹介します。

【仕事獲得のために必要なこと1】スキルを身につける

仕事獲得のために必要なのは、スキルを身につけることです。

仕事に必要なスキルを学ぶことによって、自信がつき案件に応募しやすくなります。

反対にスキルがないと、仕事に応募できる範囲が狭くなってしまい、なかなか稼げません。

まずは自分の能力を高めて、できる仕事の範囲を広げていきましょう。

【仕事獲得のために必要なこと2】実績を積む

実績を積むのも、仕事獲得のために必要なことです。

フリーランスに仕事を頼むクライアントは、なるべく即戦力な人材を雇いたいと考えています。

特に、高単価だったり、企業案件だったりすると実績は必須です。

「やりたい仕事を見つけたけど、実績がないから応募できない」とならないためにも、最初は量をこなしましょう。

単価が安くても、実績や経験を積むことができれば、将来の案件に繋がります。

【仕事獲得のために必要なこと3】ポートフォリオを作成する

仕事獲得のためには、ポートフォリオの作成が必須です。

クライアントが、あなたの実績・能力を判断するために必要だからです。

  • 過去の経歴・仕事内容
  • どんな作品が作れるか
  • どれくらい仕事を請けられるか

など、自分の実力を証明できるものを用意してみてください。

ポートフォリオは、大事な営業道具などでしっかりと作成しましょう。

【仕事獲得のために必要なこと4】ソフトスキルを身につける

ソフトスキルを身につけることも、仕事の獲得のために必要なことです。ソフトスキルは簡単に言うと、対人に関する能力です。

最低限のコミュニケーション能力は、どんな仕事をするうえでも大切だといえます。

  • 連絡にすぐ返信する
  • クライアントが困っている部分を助ける力
  • 相手の要望を理解する力

などが、ソフトスキルの例です。

クライアントから「一緒に仕事をしたい」と思われるような行動をするようにしましょう。

【仕事獲得のために必要なこと5】健康管理

フリーランスが仕事獲得のために必要なことが、健康管理です。

フリーランスは基本的に1人で働いているため、体調が悪くなっても代わりにやってくれる人がいません。

体調を崩して納期を守れなかった、とならないためにも健康管理をしっかりと行いましょう。

自分の体調をコントロールするのも、大切な仕事の1つです。

要注意なクライアントの見分け方

要注意なクライアントの見分け方を、3つ紹介します。

  1. 単価が安い
  2. 納期が短い
  3. 意見がコロコロ変わる

順番に説明します。

【要注意なクライアントの見分け方1】単価が安い

要注意なクライアントの見分け方の1つが、単価が安いことです。

残念ながらフリーランス向けの仕事には、単価が安い案件がたくさん横行しています。

特に、自分のスキルに自信がない人は、時給換算が1,000円以下の案件に募集しがちです。

初心者のときは、実績を積むために単価の安い案件に応募しても良いでしょう。

しかし、それをずっと続けていると、どんどん疲弊してしまいます。

単価が安すぎると感じたら、仕事を断るのも1つの手段です。

【要注意なクライアントの見分け方2】納期が短い

納期が短いのも、要注意なクライアントの特徴です。

突然依頼をしてきて、明日までに納品するように言ってくるクライアントも存在します。

理由は、専門外のことなので、難易度を理解していないから。

その場合は、しっかりとクライアントと納期について話し合いましょう。

説明しても、理解してもらえないようだったら断ることも検討してください。

納期が短すぎると、納品内容の質が下がってしまい、結局何回も修正することも。

お互いのためにも、納期が短いクライアントには注意しましょう。

【要注意なクライアントの見分け方3】意見がコロコロ変わる

意見がコロコロ変わるクライアントも、要注意です。

意見が定まっていないと、修正を何度もすることになってしまいます。

いつの間にか、当初依頼されていた作業とは違う内容を指示されることもあるでしょう。

対処方法としては、マニュアルを作成したり、どこまでが仕事内容かを明確にしておくことです。

修正回数なども、事前に決めておくと良いですね。

意見がコロコロ変わるクライアントの場合は、継続案件を依頼されても改善が期待できないようであれば、断ることも視野に入れてください。

フリーランスとして継続して仕事を受注するための注意点5選

フリーランスとして、継続案件を受注するための注意点は5つです。

  1. 納期は厳守
  2. 一定のクオリティを守る
  3. 即レスする
  4. ヒヤリングをおこなう
  5. 契約書を交わす

順番に説明します。

【仕事を続けるための注意点1】納期は厳守

フリーランスとして仕事を続けるための注意点は、納期を厳守することです。

当然ですが納期は「守るもの」とされているので、守れない人に次の仕事はきません。

特にフリーランスの場合は1人で仕事を進めているため、少しの体調不良やトラブルが作業スピードに大きく影響します。

繰り返しになりますが、体調管理も仕事のうちです。

必ず納期は守れるように、自身を管理していきましょう。

【仕事を続けるための注意点2】一定のクオリティを守る

一定のクオリティを守るのも、フリーランスとして仕事を続けていくには重要です。

納品したものの完成度がバラバラだと、継続して案件を受注できません。

満足できる物を納品できれば、新しいクライアントを紹介してもらえる可能性があります。

思わぬところで繋がっている可能性があるので、引き受けた仕事が全て全力で行いましょう。

【仕事を続けるための注意点3】即レスする

フリーランスとして仕事を続けるためには、即レスすることも重要です。

すぐに返信をせず、何日も連絡をしない人に仕事を頼みたくないからです。

あなたがクラインアントの立場だとして、質問や進捗状況を確認しているのに、相手から全然返信がなかったら不安になりますよね。

納期を守ってくれたとしても、次に仕事を頼みたくなくなります。

即レスは、スキルに自信がない初心者を始め誰でもできることです。

すぐに返信できない内容であれば、「現在確認中です。明日の〇〇時までには連絡します」など、先方からのメッセージを読んだ旨は伝えましょう。

即レスは、フリーランスとして活動していくために必要です。

【仕事を続けるための注意点4】打ち合わせをしっかりおこなう

フリーランスとして仕事を続けるための注意点が、打ち合わせをおろそかにしないことです。

作業に取り掛かる前に、しっかりと相手の要望を確認し、完成状態がイメージできるようにしましょう。

打ち合わせを行うことで、誤解が生じにくくなります。

また、クライアントがちゃんと完成イメージをできているか確認できます。

事前に質問リストや参考資料を用意しておくと、打ち合わせがスムーズに進みますよ。

修正をしなくても済むように、打ち合わせはしっかりと行いましょう。

【仕事を続けるための注意点5】契約書を交わす

契約書を交わすのも、フリーランスとして仕事を続けるための注意点です。

契約書をかわしていなかったら、仕事範囲が広がったり、提示金額が払われなかったりする可能性があります。

口頭で交わした約束だと、証拠がないので証明することができません。

後々揉めないためにも、契約書をしっかりと交わすようにしましょう。

最低でも、

  • 仕事内容
  • 納期
  • 金額

などは、必ず契約書に入れてください。

あなたに適した副業は?フリーランスビジネス診断【無料】

フリーランスビジネス診断では、簡単な30問に応えるだけで、あなたがどのビジネスに向いているのかを判断します!
  • プログラマー
  • Webデザイナー
  • 動画編集者
  • Webライター
  • マーケター
など、あなたの性格から導き出された、最も適している職業を紹介する診断です。

LINEアカウントを利用して、完全無料で診断できるので、これからフリーランスを目指したい方、自分にあった仕事で収入を激増させたい方は、まずは一度利用してみてください!

※この診断は、強い個人を生み出すことを目的としているコミュニティ『人生逃げ切りサロン』オーナー、やまもとりゅうけんにより提供されています。