【超重要】フリーランスに必要な5つのスキルとは!ジャンルごとに大切な能力も細かく紹介!

「フリーランスになるにはどのようなスキルが必要?」
「ジャンルごとに身につけるべきスキルは違うの?」
「どうやってスキルを磨けばいい?」

など、わからないことはありませんか?

フリーランスになりたいと考えていても、スキル不足に不安を感じている方は多いです。

できることならしっかりとスキルを身に着けて、稼げるフリーランスになりたいですよね。

そこでこの記事ではフリーランスのスキルについて、以下のことを解説していきます!

  • フリーランスに必要なスキル
  • ジャンルごとに必要なスキル
  • スキルアップする方法

自分に足りないスキルがあれば、率先して身につけましょう!

フリーランス全般に必要な5つのスキル

まずは、仕事のジャンルを問わずフリーランスに必要なスキルを5つ紹介します。

  1. 自己管理能力
  2. 営業・交渉力
  3. コミュニケーションスキル
  4. 向上心
  5. 確定申告や税金の知識

それぞれ確認してきましょう。

【フリーランスに必要なスキル1】自己管理能力

フリーランスには、自己管理能力が必要不可欠です。

フリーランスは好きなように働ける反面、人によってはサボったり手抜きをしたりして失敗する恐れがあります。

特に以下のことは自分で管理できるように行動を意識しましょう。

  • スケジュール管理
  • 納期管理
  • 体調管理
  • 時間の使い方
  • クライアントとのやりとり 

自分に関する悪いイメージが広がると、業界で思うように行動できなくなったり、契約更新が断られたりするリスクにつながります。

自分を甘やかしすぎることなく、適度に緊張感を持って活動しましょう。

【フリーランスに必要なスキル2】営業・交渉力

フリーランスとして活躍するために、営業力や交渉力も身につけましょう。

フリーランスは、自分で仕事を獲得しなければなりません。自ら動かないと仕事が途切れ、収入が0になってしまうリスクも考えられます。

また、営業をしたとしても受け身な交渉では、クライアントから提案された不利な契約を結ぶ原因になります。

  • 積極的に行動する
  • 不明点は契約前に確認する
  • 条件に合わせて自ら提案する

営業や交渉はテクニックを持ち合わせていなくても、ポイントを意識することで改善できます。

継続的に条件のいい仕事を獲得するため、営業と交渉のスキルを磨いてくださいね。

【フリーランスに必要なスキル3】コミュニケーションスキル

フリーランスは個人でも働けますが、コミュニケーションスキルが必要です。

コミュニケーションを避けてばかりいると、認識の食い違いや誤解を生んでしまいます。

その結果仕事が失敗したり、クライアントから不信感を持たれたりする原因になるでしょう。

せっかく仕事をするなら積極的にコミュニケーションをとったほうが、気持ちのいい取引ができます。

積極的に質問する、連絡はまめに返すなどの工夫で、最低限でもクライアントとコミュニケーションをとってくださいね。

【フリーランスに必要なスキル4】向上心

フリーランスには、常に向上心が必要です。

進んでスキルアップしないと、能力が頭打ちになってしまいます。

意識的にインプットとアウトプットができない人は、周りの優秀なフリーランスとの差を埋められません。

フリーランスには親切に教えてくれる先輩の存在や教育制度がないので、向上心がなければ成長できないでしょう。

空き時間を利用して勉強したり、時にはクライアントからの評価を振り返ったりしてスキルアップしてくださいね。

【フリーランスに必要なスキル5】確定申告や税金の知識

フリーランスには会社員よりも、確定申告や税金の知識が重要です。

正しい確定申告をしなければ処罰を受けたり、たくさん稼げても税金対策ができていないと大きく損をしたりするからです。

確定申告で申請できる経費を知り、税金の金額を減らす工夫をしましょう。

支払うべき税金の種類や節税の方法を知っておくと、手取り金額を増やせますよ。

フリーランスのジャンルごとに必要なスキル

ここからは、フリーランスのジャンルごとに必要なスキルを解説していきます。

  1. エンジニア
  2. 動画編集者
  3. Webライター
  4. デザイナー

自分が関わる分野で必要なスキルを確認しましょう。

1.エンジニア

エンジニアに必要なスキルは次の3つです。

  1. 複数の言語を使うスキル
  2. データーベースの知識
  3. フレームワークを扱うスキル

必要な理由や習得のポイントを知っておきましょう。

【フリーランスエンジニアに必要なスキル1】複数の言語を使うスキル

フリーランスエンジニアとして、複数の言語を使うスキルがあると将来性が明るくなります。

定番の言語の基礎をしっかり学ぶことで、仕事の幅が広がるからです。

複数の言語を学ぶのは難しいと思うかもしれません。

しかし難易度が易しい言語から順番に勉強すれば、スムーズに文法が頭に入ります。

知識を詰め込むだけでなく、実際に手を動かして応用力も身につけましょう。

【フリーランスエンジニアに必要なスキル2】データベースの知識

データベースはフロントサイドエンジニアでも役立つスキルです。

なぜなら、基本を知っておくことでバッグエンドエンジニアとスムーズにやりとりできるようになるからです。

データベースとは、Excelのような表計算の形式で様々な情報を蓄積したシステムのこと。

データの置き換えや検索といったデータ管理を目的としています。

仕組みや、データベースに必要な言語であるSQLを学んでおきましょう。

【フリーランスエンジニアに必要なスキル3】フレームワークを扱うスキル

フレームワークはエンジニアに欠かせないスキルです。

なぜなら、フレームワークを使えば開発の時短ができるようになるからです。

フレームワークとは、使用頻度が高いプログラミングなどをあらかじめまとめた、開発の骨組みです。

あてはめるだけで簡単に開発ができたり、応用して実力以上のプログラミングをしたりできます。

言語ごとによく使われているフレームを学びましょう。

2.動画編集者

動画編集者に必要なスキルは次の2つです。

  1. トレンド性
  2. 画像加工スキル

それぞれ確認しましょう。

【フリーランスの動画編集者に必要なスキル1】トレンド性

動画編集者はたとえフリーランスでも、最新のトレンドを常に把握しておく必要があります。

最新の編集技術や流行を知っておかないと、視聴者にとって見応えのない動画になるからです。

昔のテレビ番組のテロップを古臭く感じてしまうように、動画編集にもトレンド性が必須です。

視聴者を飽きさせない動画を積極的に作りましょう。

競合動画を視聴したり、新しい技術に関するニュースを閲覧したりして、編集方法を研究するのがおすすめです。

【フリーランスの動画編集者に必要なスキル2】画像加工スキル

エンジニアとはいえ、画像加工のスキルは必要です。

動画内に必要な素材を作ったり、画像を使いやすくするためです。

Photoshop、Illustratorなどを使えるようにしておくといいでしょう。

基本的な技術はWebサイトやYouTubeを参考にできます。

3.Webライター

Webライターに必要なスキルは次の3つです。

  1. 文章の型
  2. リサーチスキル
  3. SEOの知識

それぞれ確認しましょう。

【フリーランスWebライターに必要なスキル1】文章の型

Webライターでレベルの高い文章を作成するには、文章の型を知って応用するスキルが必要です。

なぜなら、型に当てはめることで文章が整い、説得力が増すからです。

例えば、PREP法やBEAFの法則が有名です。

型にあてはめて論理的に文章を作成しましょう。

▼型を使った文章作成術はこちら▼

【保存版】メルマガの書き方や11のコツを解説!すぐに使える3つのフレームワークも紹介

>>【保存版】メルマガの書き方や11のコツを解説!すぐに使える3つのフレームワークも紹介

【フリーランスWebライターに必要なスキル2】リサーチスキル

Webライターにはリサーチスキルが欠かせません。

なぜなら、初めて執筆する題材でも、正確な情報をユーザーへ届けないといけないからです。

わからないことがあればその都度調べ、知識をものにする必要があります。

また、特定の分野を専門にしていても、分からないことがあればリサーチは必須です。

Webライターはリサーチが得意な人ほど、質の高い記事を手早く執筆できるといわれています。

本やインターネットで上手く情報を集められるようにスキルアップしましょう。

【フリーランスWebライターに必要なスキル3】SEOの知識

Webライターとしてクライアントに貢献するには、SEOの知識が必要です。

文章にWebコンテンツとしての価値をつけるためです。

作文するだけなら学生でもできますが、Webライターには文章で集客することが求められます。

例えば、執筆でできるSEO対策には次のようなものがあります。

  • 適切なタイトルや見出しを作成するスキル
  • キーワードを意識して執筆するスキル
  • 記事中の非リンクを増やす
  • 評価の高い記事を執筆するスキル

SEOに関する情報は他に多くありますので、常にアップデートされているので定期的に情報収集しましょう。

4.デザイナー

デザイナーに必要なスキルは次の3つです。

  1. デザインツールの操作スキル
  2. 理論的にデザインするスキル
  3. フォントを使いこなすスキル

それぞれ確認しましょう!

【フリーランスデザイナーに必要なスキル1】デザインツールの操作スキル

いくらセンスが抜群なデザイナーでも、デザインツールの操作は覚えないといけません。

ツールの機能を使いこなせないと、思い通りの作品を作れないからです。

使用頻度が高い機能は、使い方を覚えておきましょう。

また、今まで時間をかけていた作業を、ツールの活用で一瞬で終了できるといったメリットがあります。

動画編集と同じようにPhotoshop、Illustratorが使えると仕事の幅が広がりますよ。

【フリーランスデザイナーに必要なスキル2】理論的にデザインするスキル

デザイナーには理論的にデザインするスキルも必要です。

確実に一定以上のレベルで制作できるようにするためです。

例えば、デザインに使える理論には次のようなものがあります。

  • 黄金比
  • 色彩理論
  • 人体構造

他にも、理論的にデザインするためのノウハウ本や素材集が多数出版されています。

効率的な制作に活用しましょう。

【フリーランスデザイナーに必要なスキル3】フォントを使いこなすスキル

デザイナーはフォントについて詳しい方が、クライアントに喜ばれる制作物を提供できます。

なぜなら、フォントの選び方で制作物全体の印象が大きく変わる可能性があるからです。

多くのフォントを知り、どのようなデザインに合わせたら作品のクオリティが上がるかなど考えておきましょう。

また、定期的に新しいフォントが公開されています。

制作物の幅を広げるためにも、知識をアップデートしてくださいね。

フリーフォントを使用する場合には利用規約の把握も必須です。

商標利用や二次加工の可否を確かめて使うようにしましょう。

フリーランスがスキルアップする方法3選

フリーランスは、ジャンルごとに専門的な知識を身につけなければいけません。

  1. スクール
  2. オンライン講座

自分にあった方法で必要なスキルを磨きましょう。

【フリーランスがスキルアップする方法1】本

知識のインプットに役立ちます。

分野やレベルに合わせて多数のノウハウ本が出版されていますので、自分に合ったものを選びましょう。

ただし、分からないことがあると自分で調べることになるので、手間がかかります。

また、インプットだけでは実務的なことが身につきません。

アウトプットを両立して勉強しましょう。

他の学習方法を選んでも、参考資料や辞書代わりとして手元に置いておくと安心です。

【フリーランスがスキルアップする方法2】スクール

スクールは、社会人向けの専門学校のようなイメージです。

短期集中的にスキルを網羅できるカリキュラムが組まれています。

スクールのメリットは、講師に質問したり、他の受講生とともにモチベーションを高め合いながらスキルアップができることです。

独学に不安を抱える人は、スクールの利用で安心して勉強できるでしょう。

しかし、働きながら通学するのは大変です。

うまく続けられるように、授業の時間や立地が合うスクールを利用してくださいね。

【フリーランスがスキルアップする方法3】オンライン講座

オンライン講座は、録画教材やライブ配信で授業を受ける勉強方法です。

講座によって取り扱いの種類が異なりますので、注意して選びましょう。

オンライン講座だと、自分のペースでいつでもどこでも勉強できるのがメリットです。

さらに最近では講師に無制限で質問できる教材も多く登場しているので、サポートの条件を確かめてから利用を検討してみてください。

お金はかかりますが、業界で活躍している講師から直接オンライン上で指導を受けられるのは、大きなメリットだといえます。

あなたに適した副業は?フリーランスビジネス診断【無料】

フリーランスビジネス診断では、簡単な30問に応えるだけで、あなたがどのビジネスに向いているのかを判断します!
  • プログラマー
  • Webデザイナー
  • 動画編集者
  • Webライター
  • マーケター
など、あなたの性格から導き出された、最も適している職業を紹介する診断です。

LINEアカウントを利用して、完全無料で診断できるので、これからフリーランスを目指したい方、自分にあった仕事で収入を激増させたい方は、まずは一度利用してみてください!

※この診断は、強い個人を生み出すことを目的としているコミュニティ『人生逃げ切りサロン』オーナー、やまもとりゅうけんにより提供されています。