誰でも簡単に利用できる動画販売プラットフォーム5選!サービス選択のポイントや注意点を紹介

「自分で制作した動画を販売できるサービスを知りたい」
「動画販売する際に注意すべきことは?」
「動画販売サイトの利用にはどの程度の費用がかかるのかな?」

誰でも簡単に動画の作成が編集ができるようになったなかで、次は販売もしてみたい!という方は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、動画を販売できるプラットフォームについて以下の内容を解説します。

  • 動画販売プラットフォームとは
  • 動画販売プラットフォームを利用するメリット
  • 動画販売プラットフォームを選ぶポイント
  • 動画販売プラットフォームを利用する際の注意点

初めてでも動画販売を始められる情報を提供しているので、ぜひ最後までお読みください。

動画販売プラットフォームとは誰でもコンテンツ販売を始められるサービス

動画販売プラットフォームは、誰でも簡単に動画コンテンツを販売できるサービスです。
動画のアップロードや決済機能が一体化しているため、初心者でも手軽に始められます。具体的には、以下のような活用事例があります

  • オンラインスクール運営
  • 社内向け研修プログラムの配信
  • 動画コンテンツの販売
  • おすすめの動画販売プラットフォーム

動画プラットフォームを利用すれば、自身のスキルや知識を活かしたオンラインスクールを開設することも可能です。
もちろん個人が趣味で制作した、単品の動画の販売もできます。特に趣味の講座やエクササイズ動画などは、人気があります。

プラットフォームは、様々な目的に合った動画販売に対応できる機能が充実している点も魅力です。
例えば教育系のコンテンツに特化したプラットフォームでは、ユーザーからのレビューを受け取る機能や小テスト機能が用意されているサービスもあります。

プラットフォームによって提供されている機能は違うため、自身の目的や動画コンテンツのジャンルに応じて、適切なサービスを利用することがビジネスの成功の近道になるでしょう。

動画販売プラットフォームを利用する3つのメリット

動画販売プラットフォームを利用した販売には、ビジネスを行う上で以下の3つのメリットがあります。

  1. サービスページを簡単に構築できる
  2. 商用利用ができる
  3. 動画の不正利用を防止できる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1. サービスページを簡単に構築できる

動画販売プラットフォームは、サービスページの構築が非常に簡単です。
通常、Webサイトを自分で構築するにはHTMLやCSSの知識が必要ですが、プラットフォームを利用すればテンプレートを使って簡単にページを作成できます。
また決済機能も管理画面から簡単に設定できるため、手間が省けます。

プラットフォームではコンテンツ販売に必要な機能が一通り揃っているため、ゼロからすべてを自分で用意する必要がありません。
利用料金は発生しますが、ゼロから自分で構築する場合のコストや維持費と比べると、非常に低コストでの運営が可能です。

特に小規模なプロジェクトや個人事業主にとっては、コストパフォーマンスが高い選択肢となるでしょう。

2. 商用利用ができる

動画販売プラットフォームを利用するもう一つの大きなメリットは、商用利用が許可されている点です。
例えば、YouTubeでは動画を限定公開にして、購入者に動画のアクセス権を提供するという利用は禁止されています。

動画販売を始めるにあたって、商用利用が可能なプラットフォームを選ぶことは大前提と言えます。

3. 動画の不正利用を防止できる

動画販売プラットフォームは、動画の不正利用のリスクを減らせる点が大きなメリットです。
動画コンテンツはデジタル商品であるため、コピーや不正ダウンロードのリスクが常に伴います。

例えば、ユーザーが動画をダウンロードして利用する場合には、コピーされる危険性があります。

動画販売プラットフォームを利用すれば、ダウンロードや画面キャプチャを防止する機能が備わっているため、不正利用を大幅に減らすことが可能です不正利用防止機能は、長期的なコンテンツビジネスの成功に欠かせない要素と言えます。

動画販売プラットフォームを選ぶ3つのポイント

動画販売プラットフォームは数多くあり、扱えるデータの種類や目的が様々です。こちらでは数多くある動画販売プラットフォームから、自身に最適なサービスを選ぶポイントを3つ紹介します。

  1. 目的・動画の種類
  2. 機能
  3. 利用料金

一つひとつ見ていきましょう。

1. 目的・動画の種類

動画販売プラットフォームを選ぶ際には、まず目的や提供できる動画の種類に着目しましょう。プラットフォームには、eラーニング向けや単体の動画コンテンツの販売向けなど、様々な種類があります例えば、学習教材を販売したい場合には、eラーニングに特化したプラットフォームを選ぶと良いでしょう。

また個人クリエーター向けや法人向けなど、利用者の対象も異なります。

個人でコンテンツを販売する場合には、低料金で手軽に始められるプラットフォームが適しています。
一方、法人の場合には、複数の機能や高いセキュリティが求められることが多いため、対応できるプラットフォームを選ぶことが必要です。

3. 機能

動画販売に必要な機能は、目的や動画の種類によって異なります。例えば、eラーニング向けのプラットフォームでは、学習管理機能やテスト機能が求められます。

一方、エンターテイメント動画の販売では、視聴者と交流する機能やライブ配信機能が大切です。

また効率的にビジネスを行うには、マーケティング機能も考慮すべきです。例えばユーザーの視聴履歴や購入履歴を分析できる機能があれば、効果的なプロモーションが可能になります。また、クーポン発行機能やメールマガジンの配信機能などもあると便利です。

このように必要な機能が揃っているプラットフォームを選ぶことで、効率的に運営できるだけでなく、視聴者にも満足してもらえるサービスを提供できます。

2. 利用料金

多くの動画販売プラットフォームは月額料金制を採用しており、料金は提供される機能やサービス内容によって異なります。
例えば、最小限の機能や少数のユーザーのみに利用してもらうことを想定した無料プランも提供されています。

また、販売手数料や決済手数料も考慮することも必要です。特に、月額料金が無料のプランでは、販売時の手数料が高めに設定されていることが多いです。

このため、収益を見込める場合には、月額料金が発生するプランを選ぶ方が長期的にはコストパフォーマンスが良い場合があります。

このように、利用料金と提供されるサービス内容を比較し、自分のビジネスに最適なプランを選ぶことが大切です。

おすすめの動画販売プラットフォーム5選

動画販売プラットフォームは数多くありますが、その中でも特におすすめの5つのサービスを紹介します。

  1. オンクラス
  2. コエテコカレッジ
  3. Vimeo(ヴィメオ)
  4. MOSH
  5. STORES

一つひとつ見ていきましょう。

1. オンクラス

引用:オンクラス

項目 内容
動画の種類 eラーニング
利用料金 0~34,800円/月
販売手数料 外部決済サービスを利用

オンクラスは、eラーニングサービスの開設を目的とした動画販売プラットフォームです。複数の動画やテキストを組み合わせたカリキュラムの制作が可能で、本格的なeラーニングサービスを立ち上げられます。

利用料金は0円から34,800円までの幅広いプランが用意されており、受講生5人までなら無料で利用できます。

オンクラスの大きな特徴はユーザーが学習を進める際に役立つ機能が充実していることです。

例えば、感想文機能や小テスト機能、学習計画機能などがあり、ユーザーの学習をサポートします。またチャット連携機能もあるため、受講者とのコミュニケーションも容易に行えます。

2. コエテコカレッジ

項目 内容
動画の種類 eラーニング、オンラインレッスン
利用料金 0~9,900円/月
販売手数料 8.0~3.5%(プランによって異なる)

コエテコカレッジは、インターネットサービスGMOが運営するオンライン講座プラットフォームです利用料金は0円から9,900円までで、プランによって異なる販売手数料が設定されています。

月額無料プランは、決済手数料8.0%かかりますが、動画教材や無料講座を無制限で利用できるため、初めての方でも気軽に試せます。

ライブ配信や動画アップロードのどちらも選択可能で、オンライン講座の運営に便利な機能が豊富です。

例えば、受講者への自動連絡機能や講座レビュー機能は、オンライン講座運営の利便性を大きく向上します。特に、ライブ配信を活用したオンライン講座を提供したい方におすすめのプラットフォームです。

3. Vimeo(ヴィメオ)

引用:Vimeo

項目 内容
動画の種類 動画コンテンツ販売、ライブ配信、ウェビナー、音楽配信
利用料金 0~5,500円/月
販売手数料 10%

Vimeoは、2004年にアメリカで開始された動画販売プラットフォームで、日本語にも対応しています。利用料金は0円から5,500円までのプランがあり、販売手数料は10%です。高品質なライブストリーミングやウェビナー、音楽配信など多彩なコンテンツを提供できます。

Vimeoは、動画販売だけでなく制作をサポートする機能も充実していることが特徴です。

例えば3,000件以上の動画テンプレートを利用して簡単に動画を作成できるビデオメーカーを使えば、クリエイティブな作品をすぐに作れます。

また1GBのストレージが無料で提供されるため、初めての利用者でも安心して試せます。

4. MOSH

引用:MOSH

項目 内容
動画の種類 オンラインレッスン、デジタルコンテンツ販売
利用料金 0円/月
販売手数料 決済手数料3.5%、サービス手数料3.0%+99円

MOSHは、業種・業態に合わせた予約機能付きページを誰でも簡単に作成できる動画販売プラットフォームです。利用料金は0円で、販売手数料は決済手数料3.5%、サービス手数料3.0%+99円です。ZoomのミーティングURLを自動で発行し、サービス前日に自動でお知らせする機能があります。

例えば、オンラインレッスンやデジタルコンテンツの販売が可能で、予約・顧客管理機能やクーポン・回数券機能などが充実しています。

特に、予約管理やオンラインレッスンを提供したい方にとって便利なプラットフォームです。簡単にページを作成できるため、初めての方でもすぐに始められます。

5. STORES

引用:STORES

項目 内容
動画の種類 デジタルコンテンツ販売
利用料金 0~2,980円/月
販売手数料 3.6~5.0%

STORESは、文章・画像・音声などのデジタルコンテンツ販売に対応したネットショップ作成サービスです利用料金は0円から2,980円で、販売手数料は3.6%から5.0%と設定されています。STORESの特徴は、設定が非常に簡単で、知識がなくてもすぐにネットショップを立ち上げられることです。

商品の価格は0円から設定できるため、サンプルをダウンロードしてもらうといった利用もできます。またクレジットカードや電子マネーの利用など、充実した決済機能が用意されているため、ユーザーの利便性も高いと言えます。

動画販売プラットフォームを利用する際の3つの注意点

動画販売プラットフォームを利用すれば、誰でも手軽に動画コンテンツの販売が可能です。ただし、以下の3つの注意点はあらかじめ理解しておきましょう。

  1. 集客活動は必要
  2. 著作権や肖像権の侵害に注意
  3. 収支シミュレーションを行う

一つひとつ見ていきましょう。

1. 集客活動は必要

動画販売プラットフォームを利用したとしても、すぐに商品が売れるわけではありません。多くのプラットフォームはプラットフォーム内での自然な集客には期待できないため、SNSやブログなどを活用して動画を宣伝することが重要です。

例えば、SNSに短い動画クリップを投稿して興味を引く方法は有効です。
特にeラーニングの動画であれば、一部をSNSに掲載し、内容を紹介することで、視聴者の関心を引き付けられるでしょう。

また集客活動を行う際には、一貫性のあるブランドイメージを保つことも大切です。視聴者に対して信頼感を与えることで、継続的な視聴者を獲得できるようになります。定期的にコンテンツを更新し、視聴者との関係を深める努力も必要です。

2. 著作権や肖像権の侵害に注意

動画販売を行う際には、著作権や肖像権の侵害に注意が必要です。例えば、他者の写真や音楽を無断で使用することは法律違反となります。

商用利用可能な素材を使用する場合でも、利用可能な範囲を確認しておくことが重要です。
フリー音楽素材でも、商用利用に関する特定の条件が設けられていることがあります。

動画制作の際に他者の著作権や肖像権を侵害していないかを確認することは、ビジネスとして動画販売を行う上で非常に重要です。

3. 収支シミュレーションを行う。

動画販売プラットフォームは有料のサービスであるため、収支シミュレーションを行うことが大切です。
月額制のプラットフォームでは、コンテンツが売れなければ経費だけがかかることになります。事前に収支計画を立て、利益を出すための目標を設定しましょう。

例えば、まずは無料プランを利用して、販売を始めることは効果的です。現実的な収支が見えてきたタイミングや、利用するユーザー数に応じて、プランを柔軟に変更していきましょう。

スマートなオンライン講座を作るなら「オンクラス」


オンライン講座の開講を予定している方は、オンクラスをぜひご利用ください。

オンクラスは、教育に特化したプラットフォームです。講座の利用者向けに、動画やテキストコンテンツを提供できます。

  • 感想の共有
  • アンケートやテストの実施
  • 受講生による学習計画作成
  • 動画講座の販売
  • 受講生のログイン・進捗管理

などの機能で、スマートなオンライン教育を実現しています。

手数料が無料で受講生5名までの講座を作れますので、ぜひ使い勝手を試してみてください。