会社勤めに向いてない人の7つの特徴とは!サラリーマン以外の選択肢5つを紹介

「自分は会社勤めに向いていないんじゃ…」
「定年まで会社で働くの
は無理かも…」
「会社に勤める以外で生きる方法はあるの?」

など、疑問や不安を抱えていませんか?

組織に雇われることや人間関係に苦痛を感じ、退職を考えたことがある人は多いです。

ただ「自分には向いていない…」と思っていても、将来のことを考えるとそう簡単には辞められないですよね。

そこでこの記事では、会社勤めを続けるべきか悩んでいる方に向けて、以下のことを解説していきます。

  • 会社勤めに向いていない人の特徴
  • 会社勤めが向かない人のリアルな声
  • 会社員以外の選択肢
  • 会社勤めが向いていないと感じたらやるべきこと

働き方が多様化した今、無理に会社勤めにこだわる必要はありません。

会社勤め以外の働き方も紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

会社勤めに向いていない人の特徴7選

「自分は会社員が合わないのでは…」と不安になっている方に向けて、会社勤めに向かない人の特徴を7つ紹介します。

  1. 合理的な人
  2. 個人行動が好きな人
  3. ルールに縛られたくない人
  4. やりたいことがある人
  5. 自由に生きたい人
  6. 会社への忠誠心がない人
  7. 体育会系が合わない人

自分に当てはまることがないか、チェックしてみましょう。

【会社勤めに向いていない人1】合理的な人

合理的な考えができる人は、会社勤めに違和感を感じるかもしれません。

会社員として働くと古い慣習や効率の悪い作業など、非合理的なことが多いからです。

「もっと工夫した方が働きやすいのに…」「意味のない書類はなくすべきでは…?」と思っては、もどかしさの中働くことになります。

どこの会社でも、上の世代の考え方が固定化されている可能性があります。

自分で無駄を省くなどできる立場ならいいですが、よほど昇進しない限りシステマチックな働き方は難しいでしょう。

そのため、機能的・能率的な働き方を好む人は、会社勤めに向きません。

【会社勤めに向いていない人2】個人行動が好きな人

会社勤めをするなら、団体行動が必須です。

個人行動を好む人なるべく人との関わりを持ちたくない人は、会社員に向かないでしょう。

複数人で仕事をする会社では、他人との関わりを完全に絶つことはできません。

また、職場によっては飲み会や社内イベントも開催されます。

付き合いのために時間を割くことが嫌な人も多いはず。

できる限り会話を避けたり誘いを断ったりすることもできますが、人事評価に悪影響を与えるかもしれません。

どうしても個人で働きたい方は、会社勤め以外の生き方をおすすめします。

【会社勤めに向いていない人3】ルールに縛られたくない人

決まったルールに縛られたくない人は、会社勤めに向きません。

いくら仕事で成績を残しても、ルールに合わせられないと会社になじめないからです。

例えば出勤時間や身だしなみのルールが守れないと、最悪クビになるおそれも。

小さな決まりでも、注意を何度も受ければ人間関係が悪化して職場にいづらくなります。

また、職場ごとの暗黙のルールに気付くのが苦手な人も、会社員以外の働き方が楽に感じるでしょう。

【会社勤めに向いていない人4】やりたいことがある人

やりたいことが決まっている人は、会社勤め以外の選択をした方が充実できるかもしれません。

なぜなら、入社してから必ず希望のポジションに就けるとは限らないからです。

思い描いていた現実とのギャップを理由に、早期退職する人は少なくありません。

やりたいことを優先して働きたかったり具体的な夢があったりする人は、会社勤め以外の道で自己実現することをおすすめします。

【会社勤めに向いていない人5】自由に生きたい人

自由に生きたい人は、会社勤め以外の道が向いています。

会社に属すると、さまざまな縛りが発生するからです。

例えば、会社勤めでは次のような点で自由を制限されます。

  • 出勤のため早起きが必要
  • 休日が固定されるか、シフトに従わなければならない
  • デスクワークや立ち仕事が決まっている

自分で働き方をコントロールしたい人は、会社員に向いていないでしょう。

【会社勤めに向いていない人6】会社への忠誠心がない人

就職先への忠誠心がない人は、会社勤めに厳しさを感じるでしょう。

忠誠心がないと、モチベーションが保てないからです。

「残業するよりも家でのんびりしていたい」と、仕事と私生活を切り分ける人も多くいます。

日本の会社は、愛社精神のある人を好んで出世させることが少なくありません。

気持ちに嘘をつきながら働き続けるか、向いていないと割り切って脱サラするしかないでしょう。

【会社勤めに向いていない人7】体育会系が合わない人

体育会系な考え方が向いていない人は、会社員がキツいと感じるでしょう。

日本の会社の多くは、スポ根気質が残っているからです。

「先輩の言うことは絶対」「新人は理不尽に耐えるべき」という、体育会系な価値観が自分に合わない方も多いはず。

特に学生時代に部活を経験していない人などは、社風や上下関係への慣習になじむのが大変です。

会社勤めが向いてないと感じる人のリアルな声

会社勤めに向いてないと感じながら、日々働いている人は多くいます。

ここでは、Twitterに寄せられたリアルな声を5つ紹介します。

やはりそれぞれに働くことに向いてないと思っていることがわかりました。

中には精神的に悪影響を感じている方も。

会社勤めにマイナスな考えを持っている方は「我慢して働く」か「思い切って辞める」の2つのタイプに分かれるようです。

柔軟な働き方が増えている中、自分に合わないことは無理に続けないことも得策でしょう。

会社勤めが向いていない人におすすめの選択肢5選

会社員はどうしても無理だと感じたら、思い切って退職するのもひとつの手段です。

ここでは、会社勤めに向いてない人におすすめの選択肢を5つ紹介します。

  1. フリーランス
  2. 起業家
  3. フリーター
  4. インフルエンサー
  5. 働かない選択

自分に合う生き方がないか、確認してみましょう。

【会社勤め以外の道1】フリーランス

フリーランスは、特定の会社に所属することなく個人で仕事を請け負って稼ぐ方法です。

内閣府の統計では、フリーランスは341万人いるとされています。これは働く人の20人に1人がフリーランスという計算です。(参考:内閣府『政策課題分析シリ-ズ 17』 )

会社に頼らず自分の力で生きる人は案外多いことがわかります。

挑戦しやすいフリーランスは次のジャンルです。

  • 動画編集
  • エンジニア
  • Webライター
  • デザイナー

特技や働きながら得たスキルがあると、フリーランスデビューがしやすいでしょう。

▼フリーランスの詳しい収入事情はこちら▼

【大公開】フリーランスの平均年収とは!1,000万円を超えるための収入アップ法7選も解説

>>【大公開】フリーランスの平均年収とは!1,000万円を超えるための収入アップ法7選も解説

【会社勤め以外の道2】起業家

起業家は、自ら事業を起こして仕事そのものを作る人のことです。

昔はまとまった資金がないと起業できませんでしたが、法改正により1円の資本金から会社を作れるようになりました。

学生のうちに起業する人もいるほどで、起業は意外と難しくないことがわかります。

「働き方や手続きのルールを自分で作りたい」「リーダー・社長になりたい」と思う方におすすめです。

ビジネスモデルが頭に浮かんでいる人は、起業も検討してみましょう。

【会社勤め以外の道3】フリーター

フリーターは、特定の職に就かず非正規雇用の立場で生活するスタイルのこと。

勤め先が自分に向いてないと感じたら比較的簡単に辞められたり、職を選ばなければすぐに次の雇用先が見つかったりするメリットがあります。

他にも、フリーター期間に以下のようなことができます。

  • 貯金作り
  • スキルアップ
  • 様々な職業の体験

フリーターで過ごしながら、フリーランスデビューや起業の準備をすると時間を有意義に使えますよ。

将来のビジョンが不明確な人には、フリーターもおすすめです。

【会社勤め以外の道4】インフルエンサー

インフルエンサーは、SNSなどを通して大きな影響力を持つユーザーのことです。

著名人でなくても、一般人から人気者になったインフルエンサーはたくさんいます。

起業案件などを獲得できるようになれば、自分の影響力をお金に変えられるでしょう。

例えば、インフルエンサーへの道が切り開けるツールは次のようなSNSです。

  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube

努力や運が必要ですが、テレビなどへのメディア露出を夢見る方は、インフルエンサーになるのがおすすめです。

【会社勤め以外の道5】働かない選択

会社勤めに向かない人は、思い切って働かない選択も候補の1つです。

働かずに生きる手段の例は、以下の通りです。

  • 投資家
  • ブロガー
  • プロゲーマー
  • 不動産経営

稼ぐ仕組みを自動化できれば、他のどの職業よりも稼げるようになるでしょう。

とはいえ、自動化までの道のりでは労働をする必要があるので、自分がコツコツ続けられそうなものを選択してみてください。

会社勤めに向いていない人がやるべき3つのこと

会社勤めに向いていないとは分かっても、すぐに別の道に進むのはリスクが大きいです。

フリーランスデビューなど目標を作って、働きながら準備することをおすすめします。

ここ紹介するのは、会社勤めに向いてない人がやるべき3つのことです。

  1. スキルアップ
  2. 副業を始める
  3. 適度にストレスを発散する

働きながらできることは進めておきましょう。

【会社勤めに向かない人がすべきこと1】スキルアップ

あらかじめスキルアップしておくと、いざ退職となったときに有利になります。

会社を辞めた後、スムーズにフリーランスデビューや起業ができるからです。

もし独立までは決断できなくても転職の手助けになるので、スキルを身につけて損はありません。

勉強の手段には、以下のようなものがあります。

  • 通信教育を使う
  • スクールに通う
  • オンライン講座を受講する

会社勤めと両立してスキルアップするなら、オンライン講座の利用がおすすめです。

通学の手間や大きな費用をかけずに、自分のペースでさまざまなことを学べます。

とはいえ、わからないことがあると自力で解決するのが大変なので、サポートが充実した講座を選ぶといいでしょう。

様々な方法を使って、自分のスキルアップを目指してみてください。

【会社勤めに向かない人がすべきこと2】副業を始める

本業と並行して、副業を始めるといいでしょう。

副業で経験を積めば、起業やフリーランスデビューの足掛かりになるからです。

働きながら挑戦しやすい副業としては、次の3つがおすすめです。

  • 動画編集
  • プログラミング
  • Webデザイン

これらのジャンルは、パソコンとツールさえあれば誰でもスタートできます。

会社勤め以外に自分に合う道を探したり、会社に頼らずどれだけ稼げるかチャレンジしたりできますよ。

【会社勤めに向かない人がすべきこと3】適度にストレスを発散する

会社勤めに向いてないと感じる人は、適度にストレスを発散しましょう。

会社員合わないと感じながら仕事を続けるのは、本人が思うよりも大変なことだからです。

今は特に何も感じていなくても、ストレスを抱えてしまっては心身に悪影響を与えます。

最悪、体調を崩しかねません。

働く環境を改善するまでは趣味や自分の時間を大切にして、リラックスできるようにしましょう。

あなたに適した副業は?フリーランスビジネス診断【無料】

フリーランスビジネス診断では、簡単な30問に応えるだけで、あなたがどのビジネスに向いているのかを判断します!
  • プログラマー
  • Webデザイナー
  • 動画編集者
  • Webライター
  • マーケター
など、あなたの性格から導き出された、最も適している職業を紹介する診断です。

LINEアカウントを利用して、完全無料で診断できるので、これからフリーランスを目指したい方、自分にあった仕事で収入を激増させたい方は、まずは一度利用してみてください!

※この診断は、強い個人を生み出すことを目的としているコミュニティ『人生逃げ切りサロン』オーナー、やまもとりゅうけんにより提供されています。