【将来性◎】Lステップを使ったフリーランスの働き方5選!仕事に求められるスキルも紹介

「Lステップってどんな働き方があるの?」
「フリーランスにもチャンスはある?」
「どんなスキルが必要?」
などと考えてはいませんか?

Lステップは比較的新しいツールなので、どんな風に接すればよいのか迷っている方もいるでしょう。

LステップはLINEを使ったマーケティングツールで、フリーランスにも活躍の場は十分にあります。

企業にLステップを提供するには複数のスキルが求められるので、一朝一夕にできる仕事ではありませんが、細分化すれば今お持ちのスキルで関われるかもしれません。

そこで今回は、Lステップを使ったフリーランスの働き方を5つご紹介します。

  1. シナリオライター
  2. 構築代行
  3. コンサルティング
  4. 内製化研修
  5. 運用代行

この記事を読めば、Lステップの仕事内容はバッチリ把握できます。案件の獲得方法や仕事に必要なスキルについても解説していくので、ぜひ最後までご覧ください!

Lステップを使ったフリーランスの働き方5選

Lステップは複数のスキルが要求されることもあり、どこまで業務を担当するかでフリーランスの仕事は5つに分かれます。

  1. シナリオライター
  2. 構築代行
  3. コンサルティング
  4. 内製化研修
  5. 運用代行

複雑な業務ほど報酬は増加していきますが、クライアントの売上を保証する責任も増えていきます。

どこまで自分で負担するかは個人の考え方次第なので、目標作りの参考にしてください。

1:シナリオライター

Lステップはテキストを中心とした配信を行うので、シナリオライターとしての働き口があります。

ライターの活動経験がある方は、そのままスキルを流用できるはずです。スマホで読まれるものとしてはLステップもWEBライティングと同じですが、少々違う部分もあるので注意してください。

  • SEOは関係ない
  • セールスライティングが求められる
  • 装飾に制限がある(LINEアプリで使えるものだけ)

特に装飾の制限は、慣れないうちは困惑するかもしれないので注意してください。

また、Lステップを全く触ったことがない方でも、シナリオライターとして働く分には問題ありません。

2:構築代行

クライアントから仕様書を貰って、そのとおりにLステップを構築する「構築代行」もフリーランスが請け負える業務の1つです。

Lステップの操作方法を一通り習得している必要がありますが、指示通りに作るだけなのでアイデアをひねり出す必要はありません。

魅力的なLステップにするために、シナリオの構成やリッチメニューのデザインを作ってください。シナリオを書く場合もあるので、セールスライティングのスキルは習得しておくと良いでしょう。

3:コンサルティング

構築代行から更にスキルを高めれば、Lステップを作って欲しいクライアントの要望を聞き出して形にするコンサルティングに行き着くはずです。

新たにマーケティングの知識や、要望を引き出すヒアリング能力も求められますが、報酬は一気に跳ね上がります。

その分クライアントの売上に責任を持たなければならないので、さらなる覚悟を持って仕事に望んでください。

厳密にはLステップの仕事ではありませんが、集客の経路を提案することもあります。

また、案件を1人で回しきれないようであれば、シナリオライターや構築代行を雇ってチーム化しても良いでしょう。

4:内製化研修

Lステップのコンサルタントとして名前が売れてくれば、企業に赴いて内製化研修の講師として仕事をする機会も出てきます。

人に教える立場となるので、トークスキルが求められる仕事です。

Lステップは作って終わりではなく、運用しながらデータを集めて微調整を重ねるものなので、Lステップを扱える社員を欲しがる企業は増えています。

これからLステップが普及していくにつれ、コンサルを考えている企業だけでなく、多種多様な企業から研修の依頼が来るでしょう。

5:運用代行

クライアントを満足させるLステップを組めるようになったら、最後は運用まで巻き取るのがおすすめです。

クライアントからすれば新しく運用スタッフを探すのも面倒なので、納品したLステップに満足していれば運用も任せてくれるでしょう。

運用代行契約を結べれば、毎月の代行費用が固定収入として入ってくるので生活の安定に繋がります。

また、最初から運用も込みのレベニューシェアで契約し、報酬を更に上向かせていくのもありです。

フリーランスがLステップの案件を獲得する3つの方法

フリーランスには降ってくる仕事は無いので、案件は自分で取ってこなければいけません。

合った人に直接営業して、そのまま口コミが広がっていけば簡単ですが、最初は実績もないのでなかなか厳しいでしょう。

インターネットを使って効率的に仕事を獲得する方法3つを紹介するので、気に入ったものがあれば試してみてください。

  1. クラウドソーシング
  2. SNS
  3. オンラインコミュニティ

順番に解説していきます。

1:クラウドソーシング

クラウドソーシングサイトで「Lステップ」と検索すれば、いくつか案件が出てくるはずです。

主にシナリオライターとしてのお仕事が中心ですが、実績を積めば構築代行に進むこともできるでしょう。

まだLステップの構築経験者は少ないので、きちんとした知識やノウハウがあれば、ライバルから一歩抜きん出ることも難しくはありません。

しかしクラウドソーシングはマージンを取られる上に最初は単価が低い傾向にあるので、あまり固執せずに最初の足がかりとして使用するのがおすすめです。

2:SNS

SNSでLステップの発信を続けていれば、企業から直接連絡が来る可能性もあります。

相手から声をかけられるので、立場としてはこちらが上となって交渉を有利にすすめられるのが大きなメリットです。また、依頼をしてくるクライアントはLステップについてある程度理解しているので、1から説明する手間も省けます。

SNSの発信には即効性がありませんが、軌道に乗ればどんどん仕事が舞い込むようになるはずです。根気強く活動や成果物を発信し続け、アカウントを成長させてください。

3:オンラインコミュニティ

自分の知り合いの中にLステップを求めている人がいれば、その人にアプローチするのが1番です。

ビズネスチャンスを広げるためにも、オンラインコミュニティに所属して名前を売っておきましょう。

SNSの発信と似た部分もありますが、閉鎖的なオンラインコミュニティの方が密な関係を作りやすく、初期の実績作りにも役に立ってくれるはずです。

Lステップを仕事にするフリーランスに求められる4つのスキル

Lステップを仕事にしたいのであれば、求められる4つのスキルを習熟しておくと有利に立ち回れます。

必ずしもすべてのスキルが求められるわけではありませんが、多くマスターしている程任せられる仕事も大きくなり、報酬も上向いていくでしょう。

  1. LステップとLINE公式アカウントの運用スキル
  2. ライティングスキル
  3. マーケティングスキル
  4. ヒアリングスキル

全てのスキルを完璧にマスターすれば、LINEマーケターとして企業にコンサルできる様になるはずです。

1:LステップとLINE公式アカウントの運用スキル

Lステップに携わるからには、その機能を一通り把握していなければ始まりません。さらにLステップはLINEのAPIツールなので、大本であるLINE公式アカウントの知識も必要になります。

もちろん操作方法を聞きかじっただけのものではなく、実践的なノウハウが求められるので、まずは自分で簡単なシナリオを構築してみるのがおすすめです。

  • 登録時のアンケート
  • 魅力的なリッチメニュー
  • 画像やカルーセルを使ったシナリオデザイン
  • 各種データの収集と分析

最低限これらは網羅しておきましょう。

両方を理解した上で正しく運用するスキルがなければ、Lステップを使って利益を上げるのは夢のまた夢です。こまめな更新も逐一追いかけてください。

2:ライティングスキル

Lステップでは画像や動画を使ったアプローチが可能ですが、あくまでテキスト主体で配信が進みます。

商品の魅力を引き出すライティングスキルがなければ、売上を伸ばすことはできません。また、ライティングスキルは文章を書くこと以外にも、全体の構成を整えて情報を分かりやすく伝える技術も含まれます。

  • シナリオ全体の構成を考える力
  • 商品を魅力的に紹介するセールスライティング
  • LINEに合わせた読みやすい装飾テクニック

読者が混乱しないように、どのような順番で情報を届けるかはとても重要です。知識0の方でも理解できるように分かりやすい配信を心がけてください。

文章を書く力はビジネスの根幹にもなるので、入念に磨いておきましょう。

3:マーケティングスキル

LステップをはLINEを使ったマーケティングツールです。その真価を発揮するには、マーケティングスキルは必要不可欠になります。

マーケティングスキルがあれば、コンサルタントとして企業の要望と世の中のニーズをすり合わせ、満足の行くLステップを設計できるでしょう。

例えばお酒を売るLステップを作るとした時、どんな種類のお酒がよく売れるのかデータを収集する必要があります。

当てずっぽうに沢山のお酒を紹介しても構いませんが、それでは配信数がかさんでしまいますし、興味のないものを紹介された読者の満足度も落ちてしまうでしょう。

Lステップを使ってデータを集めて分析し、ニーズに合わせた形まで昇華させるのがコンサルタントの腕の見せ所です。

このスキルがあれば、収入が大きく跳ね上がるのでぜひ挑戦してみてください。

4:ヒアリングスキル

クライアントの要望を聞き出したり、内製化研修を行う際にはヒアリングスキルが求められます。

一人で優れた作品を作ればよいばかりではなく、対人コミュニケーションが重要な業務も沢山あるので活躍の場は意外と多いです。

ただ話を聞くだけではなく、相手の意図を汲み取って微妙なニュアンスも形にしなければいけません。

Lステップを教える講師となる場合にも、相手が躓いたところを聞き出して、噛み砕いて説明する力が求められるはずです。

毎月の売上を2倍,3倍に増やしていく為のLステップ講座 『Wonderful Step』


LINEマーケティングコンサル日本No. 1講師が直接指導してくれる完全網羅型の講座Wonderful Step(ワンダフルステップ)
  • Lステップのノウハウが凝縮された動画コンテンツ
  • 無制限の質問対応
  • 専用SLACKグループの招待
  • 月に1回のグループ勉強会
  • 2週間に1度の個別zoom相談権利
など、Lステップによるセールス自動化で商品の売上をグングン伸ばしたい方にうってつけです!