【やばい】LINE@の開封率は約60%!メルマガと大差をつける驚きの反応率の高さとは

「LINE@の開封率は高いって本当?」
「LINE@とメルマガどっちが良い?」
「成約率に差はある?」

LINE@はLINE上でマーケティングができるツールで、メルマガのように読者に向けた配信が可能です。

どちらも特徴がよく似たサービスなので、どちらを使うべきか迷っている方も多いでしょう。そこで気になるのが、配信で重要な開封率です。

送った配信の内、何%が開封されたかを表した数値なのですが、LINE@の平均開封率は60%というメルマガの3倍近い数値を叩き出します。

そこで今回は、LINE@の開封率が60%を叩き出す2つの理由を解説していきます。

【LINE@の開封率が高い理由】

  1. 生活に密着したSNSだから
  2. 迷惑メールフォルダがないから

この記事を読めば、LINE@の魅力に気づいて貰えるはずです。開封率を更に高めるコツも紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

LINE@の開封率が60%を叩き出す2つの理由

2019年10月に公開されたmailchimpの調査によると、メルマガの開封率の平均は21.33%と言われています。

参考:mailchimp 業界別のEメールマーケティングのベンチマークと統計

対するLINE@の開封率は60%に達すると言われているので、メルマガの3倍近い開封率です。ここまで差が開く理由は2つ考えられます。

【LINE@の開封率が高い理由】

  1. 生活に密着したSNSだから
  2. 迷惑メールフォルダがないから

順に解説していくので、1つずつ確認していきましょう。

1:生活に密着したSNSだから

LINEは既に生活に欠かせないSNSであり、家族や友人との連絡などの日常連絡の大半は、LINEで行う方が多くなっています。

LINEを利用しているユーザーの85%が毎日使ってしているので、生活に密着したインフラと言っても良いでしょう。

LINE@の配信はそのついでに確認してもらえるチャンスがあるので、開封率は自ずと高くなるはずです。

以前はメールがLINEのように日常の連絡に使われていましたが、今ではその座を奪われビジネスシーンで利用される事がほとんどになってしまいました。

わざわざメルマガを読むためにメールアプリを開く方は少なく、結果的に開封率に差が生まれてしまっています。

2:迷惑メールフォルダがないから

LINEには迷惑メールフォルダがないので、ブロックさえされなければ到達率は100%です。

対するメルマガはメールフォームの進化もあり、迷惑メールフォルダに送り込まれるケースが増えています。

顧客によってモチベーションは様々なので、わざわざ迷惑メールフォルダを毎回漁って確認してくれる人は限られます。

さらにメールアドレスは複数所持していることも多いので、見落としが発生する可能性も高いです。

メルマガにはそもそも発見されないリスクがあるので、開封率に差が生まれるのは当然です。

LINE@は登録のハードルが低いのも魅力

メルマガもLINE@も、登録してもらわなければ始まらないのは同じです。そのため顧客に登録のハードルを超えさせるのが最初の関門になりますが、LINE@は2つの理由からハードルが低くなります。

【LINE@の登録ハードルが低い理由】

  1. 国内8600万人が使用するSNS
  2. 1秒で登録が完了する

多くの登録者を集めるのは、開封率と同様に重要な課題です。売上に直結するので、解説をしっかり確認してください。

1:国内8600万人が使用するSNS

LINEは国内8600万人が使用しており、利用者数国内No.1のSNSです配信のためにわざわざ読者は新しくプラットフォームを登録する必要がないので、気軽に読み始めてもらえます。

LINE 8600万人
Twitter 4500万人
Instagram 3300万人

プライベートで利用するコミュニケーションツールを比較すると、利用率はLINEの圧勝です。多くの人がアクティブに使用しているので、登録のハードルが低くなります。

参考:HoNote:SNS、メール、電話などのコミュニケーションツールに関する調査

また、LINEは利用者層の幅広さも魅力の1つです。

プラットフォームによって年齢層には偏りがある場合が多く、例えば50代の男性をターゲットにしている商品をTikTokで宣伝しても効果は芳しくないでしょう。

LINEは利用者数が多いだけでなく、幅広い年齢層をターゲットにできるので商品を問わず登録のハードルを下げてくれます。

2:1秒で登録が完了する

メルマガは配信のためにフォームにメールアドレスを入力してもらう手間が発生しますが、LINE@の場合はタップするだけで登録が完了します。

登録の最大の障壁は「めんどくさい」という感情なのに、メールアドレスの入力フォームは明らかに手間がかかる「めんどくさい工程」です。

どう頑張っても登録に10秒はかかるところ、LINE@であれば1秒でOKなので、手間が極限まで削ぎ落とされています。

登録するとそのままLINEアプリが開いてトーク画面に移るので、1本目をその場で読んでもらえるのもポイントです。

LINE@は反応率も高い!10%を超える3つの理由

配信に対して何%の人が反応したかを表した「反応率」も、売上に直結する数値です。LINE@はこの数値も高く、10%を超えることも良くあります。

メルマガの開封率は2〜3%というデータもある中で、なぜLINE@がこれほど高い数値を出せるのか、理由は主に3つに分かれます。

【LINE@の反応率が高い理由】

  1. 「返信」を作らなくて良い
  2. 見栄えの良いメッセージアイテム
  3. ボタン感覚で触れるリッチメニュー

順に解説していくので、メルマガと比較しながら読み進めていきましょう。

1:「返信」を作らなくて良い

メールとLINEの1番の違いは「返信」を作らなくて良いところです。LINEはあくまでチャットツールなので、吹き出しを使った会話形式でやり取りができます。

挨拶の定型文も必要ないので気軽に返事がしやすく、手慣れたUIということもあり反応に対するハードルが大きく下がっています。

配信側もLINE上で個別の対応ができるので、個別対応が簡単になるのも魅力の1つです。

2:見栄えの良いメッセージアイテム

LINE@はテキストを送信するだけでなく、画像や動画を組み合わせたメッセージアイテムが作製できます。

配信テキスト内にそのままURLを乗せるよりも、画像とリンクテキストを組み合わせたほうが魅力的に映るので、反応率も高くなります。

【LINE@のメッセージアイテム】

  • リッチメッセージ
  • リッチビデオメッセージ
  • カードタイプメッセージ

テキストのみの場合と比較すると、違いは一目瞭然です。

明らかにカードタイプメッセージの方が魅力的に映ります。

様々な見せ方があるので、表現に幅を持たせて読者を飽きさせないようにしましょう。

3:ボタン感覚で触れるリッチメニュー

LINE@にはリッチメニューという読者が自由にタップできるメニューを表示できます。

例えばローソンのLINE@はこのようなデザインのリッチメニューで、各画像がボタンになっていて自由に読者がタップできます。

画面の下部に常に表示されるので、リッチメニューはLINE@で最も目立つコンテンツです。

読者はタップするだけで良いので反応が取りやすく、キャッチーな画像を用意すれば読んでくれる確率も高まるでしょう。

LINE@の開封率を高める2つのコツ

LINE@は強力ではありますが、あくまでツールなので使い方次第でその効果は大きく変わります。

開封率を高める2つのコツを紹介するので、ぜひ配信に取り入れてください。

【開封率を高めるコツ】

  • 配信をターゲットの生活習慣の一部にする
  • 次回予告を入れる

順に解説していきます。

1:配信をターゲットの生活習慣の一部にする

開封率を高めるためには、配信を読者の生活習慣に組み込むのが1番です。

食事や睡眠と同様に、配信を読むことが生活のルーティンになれば、毎回欠かさずに開封してくれるようになります。

【読者の生活に配信を組み込む方法】

  • 毎回同じ時間に配信する
  • ターゲットの生活に合わせた時間に配信する

例えば主婦をターゲットに配信する場合、お昼時に送るのがベストです。朝に送っても家事で忙しく、後回しにされる確率が高くなってしまいます。

逆にお昼は家族が出払う静かなタイミングで、自分の時間を過ごしやすくなるはずです。12時頃に配信しておけば、昼食を摂りながら配信をチェックしてくれるはずです。

2:次回予告を入れる

開封率を高めるには「次も読みたい!」と読者に思わせなければなりません。次回予告を入れることで、読者の興味を掻き立てましょう。

アニメやドラマと同じように、ちょっとだけ次の話を紹介して、読者の心を引っ張ってください。次の話に興味を持ってくれれば、読者は飛びついてくれるはずです。

大きな1つのテーマを数回に分けて配信する場合は、あえて説明しきらずに中途半端なところで話を分けるのも有効なテクニックです。

毎月の売上を2倍,3倍に増やしていく為のLステップ講座 『Wonderful Step』


LINEマーケティングコンサル日本No. 1講師が直接指導してくれる完全網羅型の講座Wonderful Step(ワンダフルステップ)
  • Lステップのノウハウが凝縮された動画コンテンツ
  • 無制限の質問対応
  • 専用SLACKグループの招待
  • 月に1回のグループ勉強会
  • 2週間に1度の個別zoom相談権利
など、Lステップによるセールス自動化で商品の売上をグングン伸ばしたい方にうってつけです!