【重要】LINE公式アカウントの3種類のマークの意味と機能の違いを徹底解説

「LINE公式アカウントについているマークは何?」
「マークが違うと意味があるの?」
「マークを変えるにはどうすればいい?」
などと考えてはいませんか?

LINE公式アカウントには3種類あり、それぞれを見分けるためにマークの色が違います。

結論から言うと、マークによってLINE公式アカウントの機能に違いはありません。

しかし上位のマークを獲得すると、良いことがあるのは事実です。

そこで今回は、LINE公式アカウントの3種類のマークについて解説していきます。

  1. 未認証アカウント
  2. 認証済アカウント
  3. プレミアムアカウント

この記事を読めば、自分のLINE公式アカウントがどのマークで、どんな意味を持つのか分かります。マークを良くするコツも伝授するので、ぜひ最後までご覧ください。

LINE公式アカウントには3種類のマークがある

LINE公式アカウントには3種類のマークがあり、それぞれどんなアカウントなのかを表しています。

  1. 未認証アカウント(灰色)
  2. 認証済アカウント(紺色)
  3. プレミアムアカウント(緑色)

後半のアカウントほど獲得が難しく、プレミアムアカウントに至っては個人で獲得するのはほぼ不可能と言って良いでしょう。

とはいえ業種によって取れるマークも変わってくるので、未認証アカウントだからといって劣っているわけではありません。

1.未認証アカウント

未認証アカウントは誰でも簡単に作れるアカウントで、マークの色は灰色です。1分程で開設できるので「とりあえずLINE公式アカウントを触ってみたい」という方は未認証で始めると良いでしょう。

未認証だからといって制限される機能等は無く、他のアカウントと同じ様に運用が可能です。

アカウントの開設方法はこちらの記事で解説しているので、興味のある方はご覧ください。

【誰でもできる】LINE公式アカウントを無料で使い倒す!コストを最小限にする方法を解説

>>【誰でもできる】LINE公式アカウントを無料で使い倒す!コストを最小限にする方法を解説

2.認証済アカウント

認証済アカウントはLINE社の審査をパスしたものだけが獲得できるアカウントで、マークの色は紺色です。審査には1ヶ月程かかる上に、内容はかなり厳し目です。

最初から審査してアカウントを開設するか、開設済みの未認証アカウントを審査してもらうか、どちらかの方法で認証済アカウントを獲得してください。

審査内容は非公開なので詳細は不明ですが、利用規約とガイドラインに違反すると合格は貰えないのでしっかり確認しておきましょう。

>>LINE公式アカウントの利用規約はこちら

>>LINE公式アカウントのガイドラインはこちら

3.プレミアムアカウント

プレミアムアカウントは誰もが知るような大企業に送られるアカウントで、マークの色は緑色です。

獲得の条件は公開されておらず、LINE社内部の審査によって決定します。

アカウント間にマークによる機能的な違いとは

3種類のLINE公式アカウントには機能的な違いはなく、未認証アカウントのままでも問題なく使用できます。

  1. 友だち登録者を募る
  2. メッセージを送る
  3. リッチメニューを作る
  4. あいさつメッセージの作成
  5. ステップ配信機能
  6. メッセージアイテム
  7. 応答メッセージ
  8. クーポンとショップカード

このどれも未認証アカウントで使えるので、配信内容に差がつくことはありません。使い方に関しては別の記事にまとめているので、よろしければこちらもご覧ください。

【悩んだらこれ】LINE公式アカウントの使い方4選!初心者向けに基礎を徹底解説!

ただし、認証アカウントだと友達検索結果に表示されたり、LINE内に流す広告で出稿できるメニューが増えたりします

機能的な違いはないものの、認知度向上につながる部分が拡張されていると考えると良いでしょう。

認証済アカウントを獲得する3つのメリット

認証済アカウントを獲得するメリットは3つあります。

  1. アプリ内の検索にかかるようになる
  2. LINE広告が利用できる
  3. 限定データや商品が解禁される

どれもアカウントの外である集客に役立つ機能です。

マークの色が変わることも大切ではありますが、そこまでチェックする顧客はほとんどいないでしょう。

1.アプリ内の検索にかかるようになる

認証済アカウントになると、LINEアプリ内の検索に引っかかるようになります。

検索の方法は3つあるので、認証済アカウントを取ったら必ず対応させておきましょう。

  1. ID検索
  2. アカウント名検索
  3. キーワード検索

LINE公式アカウントの検索方法については、こちらの記事でまとめています。

【超重要】LINE公式アカウントの検索流入を増やす4つのコツを徹底解説

2.LINE広告が利用できる

LINE広告はLINEアプリ内で表示される広告で、認証済アカウントが無ければ利用できません。

広告を回すと一気に友だち登録者を集められるので、特に開設初期の頃に有効です。

LINE広告は他のSNS広告と比べても費用対効果が高く、登録者1人辺り平均150〜200円程度で集められます。

また、登録者の最低保証も用意されているので、完全なる空振りに終わることはありません。

3.限定のデータや商品が解禁される

認証済アカウントを獲得すると、限定のPOPをダウンロードしたり、ノベルティを注文(有料)できるようになります。

どちらにもLINEのキャラクターやアカウント登録用のQRコードが印刷されているので、店舗があれば設置すると登録を促すのに役立つでしょう。

ただし未認証アカウントでもQRコードのダウンロードはできるので、自分でPOPを作って印刷が可能なので注意してください。

認証済みアカウントの審査に通る3つのコツ

認証済アカウントを獲得するには審査に通らなければいけませんが、詳細な審査基準は公開されておらず、細かいところはLINE社にしか分かりません。

しかしある程度の推測は立つので、認証済アカウントを希望する方は以下の3つのポイントを守ってください。

  1. 公開されているアカウントの審査基準
  2. ガイドラインや規約に違反していないか
  3. 入力した内容に不備はないか

細かくチェックしてから、審査に申し込みましょう。1回の審査には1ヶ月近くかかるので、ミスするとかなりの痛手です。

>>公式ページはこちら

1.公開されているアカウントの審査基準

認証済アカウントの審査基準は、大まかな部分は公開されています。

LINE社から見て以下の5つをクリアしていると思われなければ、審査に合格することは難しいでしょう。

  1.  LINEユーザーの不利益につながる可能性がないか
  2.  法令における規制の有無と規制内容に抵触するものでないか
  3.  利用規約第18条「禁止行為」各号に該当するおそれがないか
  4.  当社が独自に定める審査基準を満たすか否か
  5.  当社の事業へ悪影響を及ぼす、あるいは当社の信用を損なうものでないか

難しいと思うのであれば、無理に認証済アカウントを取らずとも、未認証アカウントでも十分に使えます。

2.ガイドラインや規約に違反していないか

LINE公式アカウントには利用規約とガイドラインがあるので、しっかりとチェックしておきましょう。

特に禁止事項に違反していないかは、よく注意してください。審査されるということはLINE社のチェックが入るということなので、下手をするとアカウントBANになる可能性があります。

注意点はいくつもありますが、中でも本人も気づかぬうちにやってしまいがちなミスは2つです。

  1. 配信禁止ジャンルを選んでしまう
  2. アフィリエイト目的のアカウント運営をしてしまう

これらは悪気がなくともアウトなので、必ずガイドラインと規約を読んで確認しておきましょう。

>>LINE公式アカウントの利用規約はこちら

>>LINE公式アカウントのガイドラインはこちら

3.入力した内容に不備はないか

認証済アカウントの申請は中々大変で、多くの項目を記入しなければなりません。

いくつも記入を続けるうちに、間違いや記入漏れが発生することはよくあります。

当たり前のことですが、入力に不備があってはLINE社が審査を通すわけもありません。記入の際は漏れがないか細かくチェックしてから送信しましょう。

毎月の売上を2倍,3倍に増やしていく為のLステップ講座 『Wonderful Step』


LINEマーケティングコンサル日本No. 1講師が直接指導してくれる完全網羅型の講座Wonderful Step(ワンダフルステップ)
  • Lステップのノウハウが凝縮された動画コンテンツ
  • 無制限の質問対応
  • 専用SLACKグループの招待
  • 月に1回のグループ勉強会
  • 2週間に1度の個別zoom相談権利
など、Lステップによるセールス自動化で商品の売上をグングン伸ばしたい方にうってつけです!