【必見】Lステップを利用する7つのメリットと3つのデメリットについて解説

「Lステップを使うメリットって何?」
「逆にデメリットはないの?」
「Lステップってどんなことができる?」
などとお考えではありませんか?

Lステップは、LINE公式アカウントの機能を大幅に拡張するマーケティングツールです。その破壊力は凄まじく、メルマガの上位互換と行っても過言ではありません。

とはいえ実際にどのような点が優れているのか、反対にダメな点は何か、使ってみないとわからない点が多いのも事実です。

そこで今回は、Lステップを活用する7つのメリットと3つのデメリットについて解説していきます。

この記事を読めば、Lステップがいかに協力なツールかすぐに分かるはず。活躍が期待できる使い方についても紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

Lステップを活用する7つのメリット

Lステップを活用するメリットは、以下の7つです。単なる配信ツール以上の効果を発揮してくれます。

  1. 自動で売上が立つシステムが作れる
  2. 顧客リストを自動収集できる
  3. データの管理ができる
  4. 分析も一括で可能
  5. データを活かした配信ができる
  6. LINE公式アカウントをホームページ化できる
  7. チャットbotのような自動応答システムが作れる

順に解説していくので、他の候補があれば見比べながらご覧ください。

1:自動で売上が立つシステムが作れる

Lステップでは、あらかじめ決めた間隔で配信を送り続ける「ステップ配信」を設定できます。

元々メルマガで良く用いられてきた手法ですが、これをLINE公式アカウントで活用できるのがLステップの大きなメリットです。

ステップ配信は一度登録すると最終的な商品の訴求までの流れが自動的に配信されるので、最初の構築だけ済ませれば勝手に売上が発生します。

もちろん配信内容を途中修正もできるので、ブラッシュアップして売上を伸ばすことも可能です。

2:顧客リストを自動収集できる

Lステップでは、読者の情報を吸い上げるのも自動化できます。

いちばん重要なのがLステップのアンケートで、読者に聞きたいことを何でも質問して保存できます。通常の配信では聞き出しにくい年令や性別はもちろんですが、配信に役立つ内容であればなんでも聞き出してください。

例えばプログラミングの配信を行うのであれば、実務経験の年数を聞いておくと配信内容の参考になります。テーマに合った質問を考えておくのがおすすめです。

アンケート以外にも反応率を計測したり、流入経路のチェックなども可能で、全てステップ配信の中に組み込んで自動化できます。

3:データの管理ができる

Lステップでは収集したデータの管理も可能で、サーバーやエクセルに移し替える必要はありません。

例えば紙でアンケートを取っている場合、収集したデータをパソコンに打ち込み直す必要があるかもしれませんが、Lステップであれば収集したデータをそのまま確認できます。

必要に応じて上書きしたり、追記も可能なので、工数のカットと簡略化に大きく貢献するはずです。

同じUIでデータの管理ができるので、習得も早くなります。

4:分析も一括で可能

Lステップにはデータの分析機能も付いているので、外部のツールを用意する必要はありません。

マーケティングでよく使われる「クロス分析」の機能が備わっており、データを様々な視点から分析できます。

ある配信の反応率を調べたい場合、普通なら読者全員の反応率しか分かりませんが、クロス分析を使えば「年代別」や「男女別」などで細分化してチェックが可能です。

最初から100点のLステップを構築できる人はいないので、分析したデータを参考にしながら改善を繰り返すとよいでしょう。

詳細に調べるほど、具体的な解決先が浮かんでくるはずです。

5:データを活かした配信ができる

Lステップでは、分析したデータを活かす「セグメント配信」の機能も搭載されています。

セグメント配信とは、読者によって配信する内容を分けるやり方で、パーソナライズされた配信を送って反応率を高めることが可能です。

例えばデータを分析した結果、30代の男性だけ反応率が悪いことが分かったとします。そんな時はセグメント配信を使って、30代男性だけに送る特別メッセージを設定して問題をピンポイントに解決してください。

他にもセグメント配信を使えば、読者にとって興味のない配信のカットもできるので、満足度向上とともに配信数の節約も達成できます。

6:LINE公式アカウントをホームページ化できる

Lステップを使えばリッチメニューを改造して、LINE公式アカウントにホームページ級の情報量を詰め込めます。

リッチメニューとは、LINE公式アカウントの画面下部に表示されるメニューのことで、常に表示される上に最も目立つ要素です。

通常のLINE公式アカウントでも6つまでボタンを設置できますが、Lステップを使えばボタン数の制限が無くなり、デザインの自由度も大きく高まります。

実際にHPを検索してもらうのは手間がかかるので、そもそも見て貰える機会も少なく回遊も難しいです。

しかしLINE公式アカウントであればLINEアプリで確認できるので、気軽にいろんな発信をチェックしに行ける中継ポイントとしても活用が見込めます。

7:チャットbotのような自動応答システムが作れる

Lステップの自動応答機能を使えば、簡単なチャットボットはすぐに作れます。

リッチメニューと組み合わせれば、お問合せフォームとして十分機能するものが作れるでしょう。

商品を販売する上で顧客対応は欠かせませんが「お問い合わせはメールにて対応致します」では読者の離脱を招きます。

せっかくLINE公式アカウントを使うのであれば、LINE上で対応できる形を整えてください。botを使えば、対応がさらにスムーズになります。

Lステップを使う3つのデメリット

Lステップは非常に強力なLINEマーケティングツールですが、万能ではありません。

使うには3つのデメリットがあるので注意してください。

  1. 運用コストがかかる
  2. 最初の構築に時間が必要
  3. 読者を集める手間がかかる

本当にあなたに最適なツールなのか、よく考えながらチェックしてください。

1:運用コストがかかる(月2980円~)

LINE公式アカウントだけなら無料で開設(月1000通以降は有料)できますが、Lステップでは最安のプランでも月2980円のコストが掛かります。

配信数が増える毎に料金も上がっていくので注意してください。

プラン名 月間配信数上限 月額料金
スタート 1000通 2980円
スタンダード 15,000通 21,780円
プロ 45,000通 32,780円

ただし最初の1ヶ月は無料で体験できるので、試しに触って見る分には料金がかかりません。

気になっている方は一度契約して自分でシナリオを作って見ても良いでしょう。

2:最初の構築に時間が必要

Lステップはステップ配信を行うため、先に中身を構築しておく必要があります。契約して即効果を発揮するものではないので気をつけてください。

特に未経験の場合は、アカウントを契約してから実際に配信するまで、一ヶ月では足りない可能性もあります。

また、最初から完璧なLステップを作るのは難しく、読者の反応を細かく見て微調整しないと中々売上は伸びません。大きな成果を上げるには時間がかかるのを覚えておきましょう。

3:読者を集める手間がかかる

どんなに素晴らしいLステップが完成しても、誰にも読まれなければ意味がありません。渾身のLステップを完成させたら、LINE公式アカウントに友達登録してもらうための集客が必要になります。

SNSや広告を使って、できるだけ多くの人に認知してもらいましょう。すぐには人は集まらないので、根気強く集客し続けることが重要です。

使用する業態によって集客方法は分かれるので、最適な方法を模索してください。

Lステップの活躍が期待できる事例3選

Lステップの活躍が期待できる事例はいくつもありますが、今回は3つに厳選して紹介します。

  1. リピーターの獲得
  2. ネットを使った集客効率のUP
  3. メルマガやLINE公式アカウントの反応率を高める

これらは多くの方が悩むビジネスの普遍的な課題です。Lステップを使いこなせばきれいに解決できるので、順に解説していきます。

1:リピーターの獲得

LステップではLINE公式アカウントを使って配信できるので、読者の生活に密着した訴求が可能です。

例えば飲食店のリピーターを作りたい場合、マーケティングのでよく用いられる心理学のテクニックの1つ「単純接触効果」を狙います。

何度も同じものを目にすると人間はどんどん愛着が湧いてくる生き物で「お気に入りの服」や「行きつけのお店」ができるのは、この単純接触効果が大きな役目を果たしています。

Lステップに応用する場合、日替わりのクーポンを配信するなどして「たまには行ってみるか」と思わせるまで粘るのが大切です。

ステップ配信を使って自動化できるので、システムさえ完成すれば手間はかかりません。

2:ネットを使った集客効率のUP

実店舗の集客であっても、最近はネットを使った集客が欠かせません。

とは言えSNSやブログで発信するにしても、実際にお店に足を運んでくれる方は中々いないでしょう。

そこでお客さんを繋ぎ止める役目を果たすのがLステップです。LINE公式アカウントを使えば個人向けに定期的なメッセージを届けられるので、忘れられるリスクがありません。

広告を見て「ふーん」で終わるのではなく、LINEで毎日目にすれば単純接触効果も相まって、足を運んでくれる確率が高まります。

3:メルマガやLINE公式アカウントの反応率を高める

メルマガをそっくりそのままLステップに入れ替えたり、LINE公式アカウントをLステップで改造すれば、反応率は大きく向上するはずです。

以前からLINE公式アカウントを使ったセールスは行われていましたが、基本の機能だけではできる範囲が狭く、メルマガが主力として使われていました。

しかしメールが日常生活で使われなくなり、Lステップによってメルマガ以上のことができるようになっています。

同じステップ配信をするのであれば、殆ど使われていないメールよりも、毎日使われているLINEのほうが反応率が高いのは当たり前です。

毎月の売上を2倍,3倍に増やしていく為のLステップ講座 『Wonderful Step』


LINEマーケティングコンサル日本No. 1講師が直接指導してくれる完全網羅型の講座Wonderful Step(ワンダフルステップ)
  • Lステップのノウハウが凝縮された動画コンテンツ
  • 無制限の質問対応
  • 専用SLACKグループの招待
  • 月に1回のグループ勉強会
  • 2週間に1度の個別zoom相談権利
など、Lステップによるセールス自動化で商品の売上をグングン伸ばしたい方にうってつけです!