【2022年最新】チラシデザインの相場は?費用を抑える5つの方法や注文のポイントを解説

「チラシデザインの相場はどれくらい?」
「なるべく安くチラシを作る方法はある?」
「効果のあるチラシを安く作りたい!」
このような悩みを抱えていませんか?

チラシデザインの相場は、注文内容や紙のサイズによって大きく変動します。

これからチラシを作るうえで、実際にかかる費用やお得な価格で依頼する方法を知りたいと思っている方が多いでしょう。

ビジネスの利益につながるような、効果のあるチラシを制作したいですよね。

この記事では、チラシデザインの費用に関する以下の内容について解説します。

  • チラシデザインの相場
  • 細かい費用の項目
  • 業者別の相場
  • 費用を抑える方法
  • 依頼するときのポイント

お得な価格でチラシを作って、ビジネスの利益を伸ばしたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

【サイズ別】チラシデザインの相場を表で解説

チラシデザインを依頼するときの費用は、サイズによって以下のように変化します。

サイズ 片面カラー 両面カラー
A4 4万〜9万円 6.5万〜12万円
A3 5万〜12万円 7万〜15万円
B4 4万〜12万円 7万〜14万円
B3 6万〜15万円 15万〜25万円

上記の相場は、あくまで平均なので、依頼する業者や注文内容によって価格が変動する点には注意しましょう。

例えば、デザインをモノクロにしたり、印刷部数を減らしたりすれば価格は上記の表よりも安くなります。一方で、デザインにこだわってオプションを追加した場合は、相場よりも価格が高くなりやすいです。

チラシデザインの相場が変動する5つの項目

こちらでは、チラシデザインの相場が大きく変動しやすい項目を解説します。

  1. デザイン費用
  2. 原稿作成費用
  3. 印刷費用
  4. 撮影費用
  5. 修正費用

1つずつ見ていきましょう。

1.デザイン費用

デザイン費用は、チラシ全体の設計にかかるコストです。

具体的には、商品画像やイラストなどの素材をチラシに配置したり、業者と打ち合わせしたりなどがデザイン費用に当てはまります。

人気のB4やA5サイズでは、デザイン費用の平均が3~5万円です。

また、個人のデザイン業者なら、1万円前後から注文を受け付けているケースがあります。

デザイン費用は、素材の量や打ち合わせの回数によって変動するため、事前に依頼する業者の料金体系を確認しておきましょう。

2.原稿作成費用

原稿作成費用は、チラシに掲載する説明文やキャッチコピーにかかるコストです。

B4やA5サイズのチラシでは、費用は平均2〜4万円かかります。文字量や掲載内容によって、料金が変動する点には注意が必要です。

例えば、商品の説明文や文章の型が決まっている状態で依頼すれば、原稿作成費用が平均よりも安くなる場合があります。

原稿作成の手間やコストを減らすには、丁寧に業者と打ち合わせして、意見のすれ違いをなくす意識が大切です。

3.印刷費用

印刷費用は、設計したデザインのデータを刷るときにかかるコストです。

A4サイズのチラシで印刷枚数が100~300部の場合、費用は1部あたり平均5〜20円かかります。

印刷の費用が変動するポイントは、大きく以下の5つです。

  • サイズ
  • 紙質
  • 色の指定
  • 片面か両面の指定
  • 発送までの時間

基本的に印刷枚数が増加するにつれて、1部あたりの費用は安くなります。

4.撮影費用

撮影費用は、チラシに載せる画像を撮るためにかかるコストです。

商品やサービスなどの画像を撮影する場合、費用は1日で平均3〜10万円かかります。

また撮影のためにスタジオを借りたり、同行するスタッフの人数を増やしたりすると、別途で追加費用がかかる点には注意が必要です。

撮影費用は見落とされやすいコストなので、あらかじめ予算を組んでおくようにしましょう。

5.修正費用

修正費用は、チラシの作成が進んだ後、デザインを変更する場合にかかるコストです。

相場は、デザイン費用の20~40%といわれています。

ただし、2〜3回の修正であれば、多くの業者がデザイン費用内で対応してくれるケースが多いです。

無償で対応してくれる修正回数は業者によって異なるので、事前に確認しておくといいでしょう。

チラシデザイン業者別の相場

こちらでは、業者別のチラシ作成にかかる費用を解説します。

  1. 制作会社
  2. 印刷会社
  3. フリーランスデザイナー

目的によって選ぶべき業者が変わるので、自分に合った会社を選んでみてください。

1.制作会社

デザインやチラシの制作会社に依頼する場合、費用は平均3万〜8万円かかります。

制作会社の具体的な特徴は、以下の通りです。

  • 質の高いチラシを制作しやすい
  • 経験豊富なプロから提案を受けられる
  • 費用が高額になりやすい

チラシの制作を専門に請け負っており、デザインの企画から印刷までは1か月程度かかります。

クオリティを重視したい方や、手間を減らしたい方には、制作会社がおすすめです。

2.印刷会社

現在は印刷だけでなく、オプションでチラシデザインの制作も受け付けている会社があります。

印刷会社にチラシの制作を依頼する場合、費用は印刷代を含めて5万円前後です。

  • チラシの作成から印刷まで一括で依頼できる
  • 納期が短くても対応しやすい
  • 専門的なデザインは作りにくい

など、制作会社に比べて素早くチラシを作れる反面、デザインの質は劣るという特徴があります。

すぐにチラシを完成させたい方や、すでにデザインのイメージが決まっている方は、印刷会社に依頼するといいでしょう。

3.フリーランスデザイナー

フリーランスデザイナーに注文する場合、デザインのみを依頼して、印刷は自分で手配するケースが多いです。

相場は2万円前後で、デザイナーによっては1万円を切ることもあります。

フリーランスデザイナーに依頼したいときは、スキル販売サービスやクラウドソーシングサイトを活用するのが一般的です。

などでデザイナーを採用したり、デザイン案を募集したりすることで、手軽にチラシの制作を依頼できます。

ただし、デザイナーによって、デザインの質や制作期間に差がある点には注意が必要です。

チラシデザインの作成にかかる費用を抑える5つの方法

こちらでは、チラシを安く作るための方法を解説します。

  1. 完成形を明確にしておく
  2. 打ち合わせを念入りに行う
  3. 制作期間に余裕を持たせる
  4. 紙質にこだわりすぎない
  5. フリーランスに注文する

ムダな出費を抑えるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

1.完成形を明確にしておく

業者へ依頼する前に、チラシの完成形を決めることが大切です。

あらかじめチラシの完成形や文章のイメージを固めておくことで、効果的にデザイン費用および原稿作成費用を抑えられます。

例えば仮のデザイン案を渡したり、文章の構成を提出したりすれば、業者側の負担が減ってチラシ制作を進めやすくなるでしょう。

大まかなイメージでも構わないので、業者に理想のイメージを伝えるような意識が大切です。

2.打ち合わせを念入りに行う

チラシの制作費用を抑えるには、業者と入念に打ち合わせして、情報を共有する必要があります。

というのも、チラシの内容や目的に認識のズレがある場合、完成後に手直しが必要になって、修正費用が追加でかかってしまうのです。

そのため、事前にチラシを作るうえでのポイントをまとめたり、依頼した後に進捗を確認したりすることが大切です。

業者と丁寧な打ち合わせを行うことで、両者の認識のズレを減らせるため、修正にかかる費用を抑えられます。

3.制作期間に余裕を持たせる

制作期間に余裕を持って業者に注文すると、通常の価格よりも割引してくれるケースがあります。

業者別の制作期間の目安は、以下の通りです。

  • チラシ・デザイン制作会社:1か月
  • 印刷会社:2〜3週間
  • フリーランスデザイナー:1〜2週間

一方で制作期間を短くするように注文すると、費用が割高になったり、依頼を引き受けてもらえなかったりします。

上記の目安を参考にして、スケジュールに余裕を持って注文するといいでしょう。

4.紙質にこだわりすぎない

チラシの紙質にオプションを加えると、追加費用がかかってしまいます。

たしかに、高級紙を利用したり紙を厚くしたりすることで、興味が持たれるチラシを作りやすくなるでしょう。

とはいえ、加工の手間を増やすほどチラシ制作の価格も高くなります。

費用を抑えたいときは、通常紙を選んで、一般的なサイズのチラシを選ぶといいでしょう。

5.フリーランスに注文する

チラシを安く作りたい方は、会社ではなくフリーランスデザイナーに依頼するのがおすすめです。

デザイン会社や印刷会社に注文する場合、複数の人材が関わることで人件費がかかるため、自然と費用が高くなってしまいます。

一方で、フリーランスは個人で活動しており、会社のように人件費がかからないため、安い価格で依頼可能です。

なお、多数のフリーランスが在籍する人生逃げ切りサロン では、メンバー同士で仕事の受発注が行われています。サロン内で知り合ったデザイナーに依頼すれば、クラウドソーシングサイトを利用するよりも安心してチラシを制作できるでしょう。

チラシデザインを注文するときのポイント3つ

「効果のあるチラシを安く作りたい」と考える方が多いでしょう。こちらでは、チラシデザインを依頼するときのポイントを解説します。

  1. 複数の業者に問い合わせる
  2. 相手の実績を確認する
  3. 信頼できる人に相談する

費用を抑えつつ効果的なチラシを作り、ビジネスの利益を伸ばしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.複数の業者に問い合わせる

チラシ制作を依頼するときは、複数の会社に問い合わせるように心がけましょう。

1つの業者にだけ注文すると、提示された費用が相場通りなのか判断できません。複数の業者から全体の見積りや細かい内訳を提示してもらえば、納得のいく相手を選びやすくなります。

また、納期の調整やチラシ制作後の修正費用といった、追加料金の有無についても聞いておきましょう。デザインの打ち合わせからチラシの完成まで、合計の費用を把握することが大切です。

2.相手の実績を確認する

業者に依頼するときは、相手が今までどのようなチラシデザインを作成してきたか確認することが大切です。

自分のイメージと、相手の得意な条件がマッチしていれば、効果のあるチラシが完成しやすくなります。

具体的には、以下の実績を確認しましょう。

  • 制作したチラシの数
  • クオリティ
  • 業者が得意な業種
  • 過去に作ったチラシの効果

特にフリーランスへ依頼する場合は、個人によって実力の差が激しいため、依頼する前にSNSやポートフォリオの入念なチェックが必要です。

業者の実績を確認しておくことで、効果のあるチラシを作りやすくなります。

3.信頼できる人に相談する

チラシデザインを作成する前に、なるべく信頼できる第三者に相談しましょう。

過去にチラシを作った人や、これから作成しようと考えている人と情報共有することで、実力のある業者を見つけやすいからです。

とはいえ、身の回りに相談できる相手がいない方もいるでしょう。

そんな方には、フリーランスや副業者が集まる人生逃げ切りサロン がおすすめです。

サロン内では、メンバー同士の交流が盛んなため、ネットには出回らないリアルな情報を共有しやすいです。フリーランスデザイナーや経営者が所属しているので、チラシ作成に関する質問をすれば不明点を解決できるでしょう。

オンラインサロンの参加方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

▼オンラインサロンの参加方法についてはこちら▼

【超簡単】オンラインサロンの使い方は?参加までの3ステップとメリット・デメリットを紹介

>>【超簡単】オンラインサロンの使い方は?参加までの3ステップとメリット・デメリットを紹介

2,480円で10種類以上のビジネスを学べる「人生逃げ切りサロン」

人生逃げ切りサロン は、約5,000名のメンバーが所属している、フリーランス系のオンラインサロンです。
  • プログラミング
  • 動画編集
  • Webデザイン
  • ライティング
  • ネット物販
など、各界の実力者が集結し、オンライン講座を管理しています。

所属しているだけでプログラミングや動画編集の講座を受講できたり、ビジネスで成功を収めている人と交流できたりと、数多くの特典が魅力です。

参加料金は月額2,480円もしくは年額26,400円とリーズナブルなので、これから「将来を考えてビジネスを始めたい」という方にピッタリ。

ビジネススキルを身につけて、人生を逃げ切りたいと考えている方は、ぜひ加入をご検討ください