【脱サラしたい人必見】成功する5つの特徴やコツ・おすすめの仕事3選を大公開

「脱サラは誰でも成功できる?」
「安全に脱サラする方法は?」
「脱サラ後の収入源はどうすればいい?」

など、疑問を持っていませんか?

脱サラしたいと考えていても、失敗を恐れてなかなか決断できない方も多いでしょう。

できることなら将来に不安を抱えることなく脱サラしたいはずです。

そこでこの記事では、脱サラしたいと考えている方に向けて、以下の内容を解説していきます。

  • 脱サラ成功のメリット
  • デメリット
  • 脱サラで成功する人の特徴
  • 脱サラ成功のコツ
  • 脱サラが成功しやすい仕事

事前準備ができていれば、脱サラは成功できます!

ぜひ参考にしてくださいね。

脱サラに成功したら得られる3つのメリット

脱サラしたいとは思っていても、なかなか行動に移せない方は多くいらっしゃいます。

ここでは、脱サラしたら得られるメリットを3つ紹介します。

  1. ルールや慣習に縛られない
  2. 収入を増やせる
  3. やりたい仕事ができる

自分の求める働き方ができるか、確認してみましょう。

【脱サラ成功のメリット1】ルールや慣習に縛られない

脱サラに成功すると、ルールや慣習に縛られることなく働けます。

なぜなら、脱サラすると会社員の立場ではなくなることがほとんどなので、自分で働き方が決められるからです。

例えば、起業家やフリーランスになれば、次のことは他人に強要されません。

  • 出社時間
  • 働く場所
  • タスクの優先度
  • 効率の悪い社内手続き
  • 暗黙のルール

会社の古い考え方や非合理的な制度が自分に合わないと思う方も多いでしょう。

自由な環境が自分に合っていると感じたら、脱サラで働き方を改善しましょう。

【脱サラ成功のメリット2】収入を増やせる

脱サラすると、会社員時代よりも収入が増える可能性があります。

固定収入ではなくなる方がいるからです。

成果報酬で稼ぐと、頑張りに比例して収入が増やせます。

例えば、フリーランスの収入を調査した結果、年収800万円を超える人は会社員よりも多いことがわかりました。

(参考:中小企業庁「小規模企業白書」(2016年版)、国税庁「民間給与実態統計調査」(令和元年分))

収入が上がると働く意欲が高まり、充実感が味わえるでしょう。

固定給にとらわれず、自分の力でどんどん稼ぎを増やしたい方には脱サラがぴったりです。

▼フリーランスの詳しい年収事情はこちら▼

【大公開】フリーランスの平均年収とは!収入1,000万円を超えるための方法9選も解説

>>【大公開】フリーランスの平均年収とは!収入1,000万円を超えるための方法9選も解説

【脱サラ成功のメリット3】やりたい仕事ができる

脱サラに成功した人は、やりたい仕事を実現できます。

なぜなら、自分で仕事の内容を選べるようになるからです。

生活のためと割り切って、興味のない仕事を続ける人は多くいます。

自分のやりたいことを仕事にできれば働くことが楽しくなったり、やりがいを感じたりできるでしょう。

具体的に希望の職種や夢がある方は、脱サラで自己実現するのも選択の1つです。

脱サラする2つのデメリット

脱サラには、メリットと同時にデメリットがあります。

  1. 稼げる保証がない
  2. 全て自己責任

いざ退職してみて「イメージとなんだか違う…」と思わないよう、ここで確認しておきましょう。

【脱サラのデメリット1】稼げる保証がない

脱サラして会社員の立場でなくなると、今までのように稼げる保証はなくなります

新たな道で、必ず成功できるとは限らないからです。

脱サラしてたくさん稼げても、来月の稼ぎが0になる可能性があります。

対して正社員なら、出勤すれば固定給がもらえるので生活に困ることは少ないでしょう。

自分に弱点はなくても、社会情勢に仕事が左右されることも。

いつ経済的に不安定な立場になるか、予想はできません。

【脱サラのデメリット2】全て自己責任

脱サラして個人で活動すると、全て自己責任になります。

自分を守ってくれる上司や組織は存在しないからです。

例えば、次のような内容は自分で責任を持たなければいけません。

  • トラブル対応
  • お金の管理
  • スケジュール調整
  • 請求書などの作成
  • 取引先とのやりとり

最悪、税金などは対応を怠ると犯罪になることも。

自己管理が苦手な人は脱サラで失敗するかもしれません。

脱サラで成功できる人の5つの特徴

脱サラで全ての人がいい人生を送れるとは限りません。

この章では、脱サラで成功しやすい人の特徴を5つ紹介します。

  1. 営業力がある
  2. 結果を振り返れる
  3. 自己管理ができる
  4. 強みがある
  5. 勉強熱心

自分の考え方と一致するか確かめておきましょう。

【脱サラで成功できる人1】営業力がある

脱サラした後は、営業力のある人が生き残りやすいです。

会社を辞めたら、自分の力で仕事を勝ち取らないといけないからです。

フリーランスになっても起業家になっても、脱サラ後すぐに固定の客はいません。

待ちのの姿勢では仕事は入らないため、積極的な営業が必要です。

▼フリーランスが仕事を獲得する方法はこちら▼

フリーランスとして仕事がない5つの原因とは!案件を見つける方法や困った時に使える制度を伝授

>>フリーランスとして仕事がない3つの原因とは!5つの仕事の見つけ方や困った時に使える制度も伝授

【脱サラで成功できる人2】結果を振り返れる

結果を振り返れる人は脱サラに成功しやすいです。

振り返りができれば、新たに挑戦した事業や仕事をよりよく改善していけるからです。

普段からPDCAサイクルの型にあてまめて行動できると、色々なことが上手くいくでしょう。

PDCAサイクルとは、次の4つのステップを常に繰り返して業務を改善していく手法のこと。

  • Plan(計画)
  • Do(実行)
  • Check(評価)
  • Action(改善)

言葉は知らなくても、無意識に行動に取り入れている人は多いかもしれません。

自分で課題を見つけ、対応しながら成長できる人は脱サラに成功できるでしょう。

【脱サラで成功できる人3】自己管理ができる

自己管理ができない人は、脱サラに向きません。

今まで会社に頼んでいた様々なことに、責任を持って取り組む必要があるからです。

  • 案件の進行状況
  • 売り上げの回収
  • 体調管理
  • 保険や税金の支払い

仕事以外の雑務も的確に進められると、脱サラしても比較的安心できます。

【脱サラで成功できる人4】強みがある

自分の強みを持っている人は、脱サラで成功しやすいです。

アピールポイントがないと新たな事業を成功させたり、自分を売り込んだりすることが難しくなるからです。

憧れや目標があるのは良いことですが、真似して後を追うだけではやがて成長が止まります。

自分なりのアイディアや強みを持てると、1つの業界で長く生き残れるでしょう。

【脱サラで成功できる人5】勉強熱心

勉強熱心な人は脱サラで失敗しにくいです。

社会や技術の情報は常に更新されているため、知識をアップデートする必要があるからです。

役に立ちそうなことは率先して取り入れたり、積極的に情報収集したりして損はありません。

情報に貪欲な方が、脱サラに成功しやすいでしょう。

脱サラしたい人が成功するための5つのコツ

脱サラしたいとは思っても、なるべくなら失敗したくない方は多いはずです。

この章では、脱サラ成功のコツを5つ紹介します。

  1. 資金を十分に確保する
  2. 事業計画を考える
  3. 副業で実力を試す
  4. 退路を確保しておく
  5. スキルを磨く

事前に準備しておけることもあるので、参考にしてみてください。

【脱サラ成功のコツ1】資金を十分に確保する

会社を辞める前に資金を十分に確保しておきましょう。

資金不足で事業が行き詰まる恐れがあるからです。

独立したら、今まで会社が負担してくれていた全ての費用を自分で用意することになります。

思うように売り上げが伸びなくてもいいよう、固定費をまかなえるだけの資金は用意しておきましょう。

事業用とは別に、しばらくは生活をしのげるだけの貯金もあると安心です。

足りなくなってから融資を検討するのでは遅いので、早いうちに資金集めを開始してくださいね。

【脱サラ成功のコツ2】事業計画を考える

脱サラ後に事業を起こす考えがあれば、事業計画書を考えておきましょう。

事業計画書がきちんとできた上で脱サラすると、ビジネスプランが明確になり失敗の可能性を防げるからです。

資金の使い方や期間ごとの目標がわかり、具体的な行動ができるようになります。

例えば、次の内容を事業計画として考えることになります。

  • 会社やビジネスの概要
  • 市場調査
  • 雇用計画
  • 資金計画

事業計画書は、取引先や銀行に事業をつてるのにも必要になります。

何度も計画を見直して、挑戦したいことを明確にしてくださいね。

【脱サラ成功のコツ3】副業で実力を試す

脱サラしたい人は、まずは副業で実力を試すのをおすすめします。

副業で脱サラ後の稼ぐイメージを掴んだり、あらかじめ結果を残して家族に理解してもらったりできるからです。

先に仕事や事業にチャレンジして課題を洗い出し、改善してから脱サラした方が安全でしょう。

クラウドソーシングサイトを使って仕事を探すと、本業と両立しながらこなせる案件が見つかります。

脱サラ後に挑戦したいジャンルに合わせて実力をつけ、退職してからスムーズに稼げるよう事前練習をしておきましょう。

▼代表的な2つのクラウドソーシングサイトの解説はこちら▼

【結論】クラウドワークスとランサーズは両方登録すべし!5つの比較ポイントや稼ぐコツを紹介

>>【結論】クラウドワークスとランサーズは両方登録すべし!5つの比較ポイントや稼ぐコツを紹介

【脱サラ成功のコツ4】退路を確保しておく

脱サラしたいと思ったら、退職前に退路を確保するのをおすすめします。

脱サラが成功しなかった時の行動を決めておけば、精神的な安心につながるからです。

妥協点や撤退基準を事前に設定しておくといいでしょう。

新たな事業がうまくいかなくても、手早く次の行動にうつれますよ。

【脱サラ成功のコツ5】スキルを磨く

したいことが具体的に決まったら、早いうちからスキルを磨きましょう。

脱サラ前から勉強を始めれば、その後の活動が上手くいくからです。

例えば、スキルの勉強方法として次の4つがあります。

  • 本を買う
  • 学校に通う
  • 勉強会やセミナーに参加する
  • オンライン講座を使う

脱サラ前に働きながら勉強をするなら、オンライン講座の活用がおすすめです。

オンライン講座は、動画教材でを使って自分のペースで勉強する方法のこと。

スマートフォンで閲覧できる講座を選べば通勤の時間を勉強にあてられます。

学校よりも安く学べる上に通う必要がないので、誰でも挑戦しやすいでしょう。

オンライン講座の中には質問できる回数や期間に制限が決まっているものもあります。

わからないことを独学で解決するのは大変なので、サポート体制が充実した講座を選んでおきましょう。

脱サラが成功しやすい仕事3選

脱サラしたいとは考えていても、退職後どうやって稼げばいいのかわからない方もいるでしょう。

ここでは、成功しやすい仕事を3つ紹介します。

  1. Web系フリーランス
  2. 起業する
  3. フランチャイズオーナー

自分にも向いていそうなジャンルがないか、チェックしてくださいね。

【成功しやすい仕事1】Web系フリーランス

Web系フリーランスは、取引先から個人で仕事を承って稼ぐ仕事です。

直接的な雇用契約を結ばない働き方なので場所やルールにとらわれません。

自由な働き方したい人におすすめです。

初期投資を節約してフリーランスデビューするなら、次の3つのジャンルを検討してみてくださいね。

  • 動画編集者
  • Webライター
  • エンジニア

これらのジャンルは、パソコン1台あれば仕事が始められます。

初心者向けの教材もたくさんあるので、挑戦しやすいでしょう。

【成功しやすい仕事2】起業する

商品やサービスのアイディアが浮かんでいる人は、起業がおすすめです。

頼まれた依頼をこなすフリーランスとは違い、起業では自ら仕事を生み出すことになります。

特に企業する人が多いジャンルは、以下の4つです。

  • 情報通信業
  • 医療・福祉
  • 飲食・宿泊業
  • インフラ

(参考:中小企業庁『2020年版「中小企業白書」』)

稼げる仕組みを上手く作れれば、稼ぎの自動化も可能です。

「世の中の役に立つ仕事がしたい」「社長になりたい」という方は起業を検討しましょう。

【成功しやすい仕事3】フランチャイズオーナー

フランチャイズとは、運営会社のブランド名やノウハウを借りて新たにお店をオープンすることです。

わかりやすくいうと、コンビニのオーナーに多いビジネスモデルです。

加盟金や開業手数料を用意する代わりに本部のサポートを受けられるようになり、有名チェーン店の1つとしてお店を持てるのです。

「気になる業種はあるけど、1人で開業するのは不安…」と感じる方は、フランチェイズオーナーになることをおすすめします。

あなたに適した副業は?フリーランスビジネス診断【無料】

フリーランスビジネス診断では、簡単な30問に応えるだけで、あなたがどのビジネスに向いているのかを判断します!
  • プログラマー
  • Webデザイナー
  • 動画編集者
  • Webライター
  • マーケター
など、あなたの性格から導き出された、最も適している職業を紹介する診断です。

LINEアカウントを利用して、完全無料で診断できるので、これからフリーランスを目指したい方、自分にあった仕事で収入を激増させたい方は、まずは一度利用してみてください!

※この診断は、強い個人を生み出すことを目的としているコミュニティ『人生逃げ切りサロン』オーナー、やまもとりゅうけんにより提供されています。