【合格する】Webデザイナー検定に受かるための5つの勉強法!メリット・デメリットも解説

「Webデザイナー検定を受けようか迷っている」
「詳細や受かるための勉強方法が知りたい」
「将来はWebデザイナーとして活躍したい」
などと考えていませんか?

スキルや資格を取得するためにWebデザイナー検定を受けようと考えているものの、何から始めたらいいかわからず、迷っている人も多いのではないでしょうか。

スキル証明ができたり信ぴょう性を高めたりできる便利なWebデザイナー検定ですが、やみくもに勉強するだけではなかなか合格できません。

そこでこの記事では合格するための勉強法から最短距離で稼ぐコツまで詳しく解説します。

  • Webデザイナー検定の概要
  • 受けるメリットデメリット
  • おすすめの勉強法

Webデザイナー検定の資格を取得し、将来的にはプロとして活躍したいという人はぜひ最後までチェックしてみてください。

Webデザイナー検定とは?サクッと解説

Webデザイナー検定の概要について簡単に解説します。

  1. Webデザイナー検定の合格率と試験内容
  2. Webデザイナー検定の料金と出願期間
  3. Webデザイナー検定の申し込み方法

ぜひ最後までチェックしてみてください。

1.Webデザイナー検定の合格率と試験内容

Webデザイナー検定には基礎となる「ベーシック」と、応用が加わる「エキスパート」があります。

ベーシックの合格率は65%前後、エキスパートの合格率は40%前後です。

それぞれの試験内容は以下の通りです。

ベーシック エキスパート
出題数 10問 10問
試験時間 60分 80分
主な内容 ・Webデザインへのアプローチ
・サイトの種類
・制作フロー
・仕組みや素材制作
・Webデザインプロセス知識
・他メディアとの関係
・情報の組織化
・音の演出

ベーシックでは、Webデザインやサイト制作の基礎が問われます。事前に基礎を頭に入れておけば比較的合格しやすい試験です。

エキスパートではベーシックの内容に加えて、制作と運用に関するより専門的な知識が求められます。

問題文の中にも専門用語が多く、内容もやや複雑になっているため、専門的な知識だけでなく基礎もしっかり定着させておきましょう。

2.Webデザイナー検定の料金と出願期間

Webデザイナー検定の出願期間は、ベーシックとエキスパート共に以下の通りです。

  • 前期:4月~5月末ごろ
  • 後期:9月~10月末ごろ

参考までに2022年のケースだと、前期の出願期間は4月1日~6月3日・後期は9月1日~10月21日でした。

2023年も同じ時期に開催される可能性が高いため、公式サイトをチェックしておきましょう。

料金はベーシックが5,600円(税込)、エキスパートが6,700円(税込)です。

また、検定はいずれも日曜日なため、仕事や学業で忙しい人でも受験しやすい点が特徴です。

3.Webデザイナー検定の申し込み方法

申し込み方法はインターネットからと郵送からの2種類あります。

インターネット申し込みの手順は以下の通りです。

  1. CG-ARTS Webサイトの「個人受験者」を選択
  2. 必要事項を入力
  3. 受験料の支払い方法を選択
  4. 受付完了メールを送信する
  5. 登録住所へ受験票が届き完了

届いた受験票には、必要事項を記入し「顔つき身分証明書」または「証明写真」と一緒に受験会場へ持参しましょう。

一方、郵送申し込みの手順は以下の通りです。

  1. 郵便局にある受験願書(払込取扱書)に記入
  2. 郵便局窓口から受験料を振込む
  3. 振込み受領証を受取り保管する
  4. 受付完了メールを送信される
  5. 登録住所へ受験票が届き完了

時間が取りにくい人はクレジットカード支払いができるインターネット申し込みのほうがおすすめです。

Webデザイナー検定を受けるメリット3選

Webデザイナー検定を受けることで得られるメリットを3つ紹介します。

  1. Webデザイナーとしてのスキル証明ができる
  2. Webデザインの知識を得られる
  3. 転職や就職の際に働く意思を示せる

メリットを細かく知っておくことでWebデザイナー検定の重要性が理解できます。

モチベーションにも繋がり勉強も捗るため、ぜひ最後までチェックしてみてください。

1.Webデザイナーとしてのスキル証明ができる

Webデザイナー検定を取得していることで、ある程度のスキルを持っていることの証明ができます。

Webデザイナーは、仕事をするために必要な資格がありません。よって「自分はWebデザイナーです」と言った時点でWebデザイナーになれます。

しかし未経験の人はwebデザイナーの仕事をしようとした際、実績がない状態であるためスキルを測ってもらえません

結果的に、採用を断られてしまうこともあるでしょう。

そういった際にwebデザイナー検定を取得しておけば「ある程度のスキルがある」という証明が得られるため、仕事をスムーズに進められます。

2.Webデザインの知識を得られる

Webデザイナー検定はWeb全般の知識が得られるため、基礎から応用までしっかり頭に入ります。

基礎からコツコツと勉強することで、Webデザイナーへ確実にステップアップできるでしょう。

よって「知識にまだ不安はあるがWeb系の仕事がしたい」という人におすすめの資格です。

3.転職や就職の際に働く意思を示せる

Webデザイナー検定は実際に勉強してきたという証明の1つとして活かせるため、転職や就職活動中の人は特に持っていて損はない資格といえるでしょう。

勉強してきた結果が形として存在していることは能力の証明になるだけでなく、企業からの信ぴょう性も高まります。

他にも「本当にその会社でWebデザインの仕事がしたい」という意思も示せます。

しかしあくまでWebデザイナー検定は1つの資格です。

一般的には資格よりも、実務スキルの方が重要視されるため、Webデザイナー検定だけに拘らないようにしましょう。

あくまでスキル証明の1つとして、受講を検討してみてください。

Webデザイナー検定を受けるデメリット2選

Webデザイナー検定を受けるデメリットを紹介します。

  1. 資格に特化した勉強時間を確保する必要がある
  2. 資格よりも実務スキルの方が重要視される

ぜひ最後までチェックしてみてください。

1.資格に特化した勉強時間を確保する必要がある

当然ではありますが、試験に合格するためには勉強する必要があり、その時間を確保しないといけません。

Webデザイン検定はスキルアップに効果的な資格ではありますが、実務ではあまり使わないような内容を、覚え直す必要性も出てきます。

よってスキルアップの目的がハッキリしている場合は、資格試験ではなく実務に向けた勉強を行ったほうが効率的かもしれません。

特にエキスパートの合格率は40%と低く、ある程度の勉強時間が求められます。

状況によっては、実務的なスキルを身につける時間に費やしたほうが、就職につながったり、稼げたりすることもあるでしょう。

資格取得のメリットと学習にかかる時間コストを比較し、本当に受験すべきかを判断してみてください。

2.資格よりも実務スキルの方が重要視される

Webデザイン業界は実力主義です。

資格を持っているからといって、必ず内定がもらえたり優遇されたりするわけではありません。

実際は資格よりもどのようなWebサイトが制作できるのか、ニーズに合ったデザインは考えられるのかという点が重視されます。

スキルを習得するためには、オンラインスクールなどで実際に実績を残しているプロから教わることをおすすめします。

Webデザイナー検定に合格するための勉強法5選

Webデザイナー検定に合格するための勉強法を5つ紹介します。

  1. 過去問や公式問題集を解く
  2. サイトやYouTubeから学ぶ
  3. 問題集をもとにサイト制作する
  4. Webデザインスクールに通う
  5. 実際に合格した人やプロから学ぶ

ぜひ参考にしてみてください。

1.過去問や公式問題集を解く

Webデザイナー検定に合格するためにも、過去問や公式問題集は必ず見ておきましょう。

主催団体のCG-ARTSは、Webデザイナー関連書籍を出版しています。

ある程度知識を詰め込んだら「Webデザイナー検定エキスパート・ベーシック公式問題集」でアウトプットするとより効率的です。

またCG-ARTSの公式サイトでは、ベーシックとエキスパートそれぞれの2年分の過去問がPDF形式で公開されています。

解答も一緒にあるため、自己採点を行いつつ進めていきましょう。

他におすすめのWebデザイン本については以下の記事で詳しく紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめのWebデザイン本についてはこちら▼

【超厳選】Webデザインのおすすめ本13選!初心者から上級者向けまで完全網羅

>>【超厳選】Webデザインのおすすめ本13選!初心者から上級者向けまで完全網羅

2.サイトやYouTubeから学ぶ

今はサイトやYouTubeから無料で知識が得られる時代です。
SNSでノウハウを公開している人も多いため、積極的に学びましょう。

実際にWebデザイナーとして活躍している人が発信しているサイトやYouTubeからは、より細かな情報が得られるためおすすめです。

3.問題集をもとにサイト制作する

参考書やサイトから基礎知識が得られたら、それらをもとに実際にサイトを制作してみましょう。

手を動かしながらサイトを作ることで、より操作を直感的に覚えやすくなります。

例えばメモ帳にタグを打ち込んで勉強するだけで十分な試験対策になります。わからない部分が出てきたらサイトで調べつつ、コツコツと進めていきましょう。

コーディングの方法やコツは以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼コーディングの勉強方法についてはこちら▼

初心者がコーディングを勉強する3つの方法とは!Webデザインに役立つ4つのスキルも紹介

>>初心者がコーディングを勉強する3つの方法とは!Webデザインに役立つ4つのスキルも紹介

4.Webデザインスクールに通う

Webデザインのスクールに通うことでプロの講師から直接話が聞けたり、同じ目的を持った仲間と出会えたりします。

WebデザインスクールではWebデザイナー検定対策だけでなく以下のような特典も付いてくる場合があります。

  • 就職や転職までのサポート
  • 無制限の質疑応答
  • 定期的な勉強会や交流会

おすすめのWebデザインスクールについては以下の記事で詳しく紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

▼Webデザインスクールについてはこちら▼

【失敗しない】おすすめWebデザインスクール10選!選び方のコツや注意点も解説

>>【失敗しない】おすすめWebデザインスクール10選!選び方のコツや注意点も解説

5.実際に合格した人やプロから学ぶ

実際にWebデザイナー検定に受かった先輩から試験内容や勉強法について聞くこともおすすめです。

さらに現役で活躍している人であれば、合格方法以外にWebデザイナーとして活躍していく上で重要なポイントも教えてくれるでしょう。

Webデザイナーのプロと交流するには以下の方法がおすすめです。

  • SNS
  • オンラインセミナー
  • 講座

これらを使って連絡をとることでプロとの人脈も広がるため、将来的にもメリットが多いです。

【パソコン不要】スマホで自分らしい生き方を叶えるスクール「スマリミ」

スマリミは、スマホでできる副業を学び、時間や場所にとらわれない自由な働き方を実現するためのオンラインスクールです。
  • 動画撮影や物販など、スマホでできる副業を5つ紹介
  • 日本で一番使われているデバイスを使った副業が学べる
  • パソコン不要、スマホだからこそできるクリエイティブを追求
「長く使えるスキルを身に着けたい」「将来的に自由な働き方を実現したい」と考えている方は、以下の無料LINEへと登録してみてください。

資格よりも実務スキルを身につけた方が最短距離で稼げる

Webデザイナー検定の資格を取得することでスキルの証明ができたり、転職や就職の際に働く意欲を示せたりしますが、重要なのは実務スキルです。

先ほども述べたように資格があるというだけで優遇されることは少ないです。

資格はあくまで体系的に学ぶためのものであり、スキルを得るためには実際に作業をする必要があることを意識しておきましょう。

より実践的なスキルを学ぶためには、やはりプロから教わることが最も効率的です。

例えばスマリミだと、スマホだけでWebデザインのスキルが身につけられます。
料金も月額8,000円と、スクールの中では非常に安価な点が魅力です。

今後Webデザイナーとして稼いでいけるスキルを身につけたい方は、ぜひ内容をご確認ください。