【悲報】Photoshopの独学は難しい?5つの理由や挫折しにくい勉強方法3選を紹介

「Photoshopの独学は難しい?」
「どうやって勉強すればいい?」
「挫折しない方法は?」
と考えていませんか?

PhotoshopはAdobeが提供しているデザインソフトで、多くのデザイナーに使われています。自由度の高い作品ができる反面、デザイン未経験の人からすると、習得が難しいイメージを抱きがちです。

そこでこの記事では、Photoshopは難しいという先入観からなかなか勉強を始められずにいる方のために、挫折しない勉強方法を解説します!

  • Photoshopの独学が難しい理由
  • 挫折しにくい勉強方法
  • 学ぶコツ
  • 一緒に学ぶべきスキル

Photoshopを使いこなせるようになると、完成度の高いデザインができるのはもちろん、転職や独立で役立ちますよ。

Photoshopを独学すべきか、それとも誰かに教わるべきか迷っている方はぜひ参考にしてください!

Photoshopの独学が難しいと感じる5つの理由

Photoshopの独学が難しく感じる理由は主に5つです。

  1. 相談できる相手がいない
  2. 全部覚えようとしている
  3. 学習方法が合っていない
  4. 作品に評価を得られない
  5. アウトプットしない

これらの理由でPhotoshopの独学が難しく感じているのであれば、勉強方法や環境を少し変えるだけで悪いイメージは改善できます。

自分に当てはまることがないか、確認してみましょう。

【Photoshopが難しい理由1】相談できる相手がいない

独学でPhotoshopを学ぶと、相談できる相手がおらず苦労します。基本的には自分で原因を特定したり、適切な対処方法を調べたりする必要があるからです。

もちろんインターネットを活用すれば答えを探せますが、困っているケースにピッタリ合うアドバイスはなかなか見つかりませんそもそもどのような言葉で検索すればいいのか分からないため、多くの初心者がつまずきます。

また、インターネットには不確かなアドバイスや古い操作方法が多く掲載されているため、自分で情報を取捨選択しなければなりません。

そのため疑問点を相談できる相手がいない方は、独学が難しく感じるでしょう。

【Photoshopが難しい理由2】全部覚えようとしている

Photoshopの機能を1から10まで覚えようとしていると独学で挫折しやすいです。

なぜなら、Photoshopの機能は非常に多く、全てを完璧に習得するのは難しいから。

よく使う機能や作品のイメージにあう機能に絞って習得しなければ、勉強は非効率になります。

プロのデザイナーでも、全ての機能を使って作品作りをしているわけではありません。

どのような機能を優先して身につけるべきかをある程度決めなければ勉強の終わりが見えず、モチベーションが下がるでしょう。

【Photoshopが難しい理由3】学習方法が合っていない

学習の方法が自分に合っていないと、必要以上にPhotoshopが難しく感じます。

  • 手を動かした方が覚えやすい
  • まずは理論から固めるのが向いている
  • 耳から聞いた情報が1番理解できる

など、自分に合った学習方法は人それぞれ違います。

合わない方法で無理にPhotoshopの勉強をしても、やる気が低下したり思うように理解できなかったりするでしょう。

【Photoshopが難しい理由4】作品に評価を得られない

スクールなら講師からアドバイスをもらえますが、独学では作品に客観的な評価を得る機会があまりありません。

次の作品で何を改善すればいいのか、自分の表現は上手く伝わるのかなど、手応えがないまま勉強することになります。

自分の作品について厳しい目線で評価するのは簡単ではありません。

家族などに作品を見せても、デザインに関する専門的な評価を得るのは難しいでしょう。

【Photoshopが難しい理由5】アウトプットしない

Photoshopを実際に使ってアウトプットしなければ、スキルを自分のものにできません。

基本的な技法を頭で覚えるだけではどうやって応用してイメージ通りの作品を作ればいいのかが分からないからです。

本の内容を独学で暗記しても、オリジナルの作品を作るのは難しいでしょう。

独学で学んだ技法を応用してみたり、プロの作品を再現したりして表現の引き出しを増やすことが重要です。

挫折しにくいPhotoshopの勉強方法3選

独学ではPhotoshopの習得が難しく感じ、挫折する方が一定数います。

この章では、挫折しにくいPhotoshopの勉強方法を3つ紹介します。

  1. 経験者に教わる
  2. スクールに通う
  3. オンライン講座を使う

人に教わって効率的に学ぶ方法から、独学をする方法まで紹介します。

予算や自分の正確にピッタリな勉強方法を探しましょう。

【Photoshopの勉強方法1】経験者に教わる

経験者に教わると、疑問への答えやアドバイスを簡単に得られます。

例えば、以下のようなサービスで経験者からPhotoshopの指導を受けられます。

  • MENTA:メンターと質問者のマッチングサービス
  • タイムチケット:30分単位で個人の時間を買うサービス。Photoshopに詳しい人へ講師を依頼可能
  • ストアカ:学びたい人・教えたい人を繋ぐマッチングサービス

実際に顔を合わせなくてもzoomやSkypeで質問できることもあるので、上手く活用しましょう。

ただし、こういったサービスは疑問点を解決するためのスポット的な使い方が前提です。

デザイナーデビューまで手取り足取り面倒をみてもらえるわけではありません。

【Photoshopの勉強方法2】スクールに通う

スクールに通えば、Photoshopの使い方を授業形式で学べます。

独学とは違って講師に質問できるので、分からないことを解決しやすいのがメリットです。

通学の時間を確保する必要はありますが、スクール側が決めたカリキュラムでサクサクと勉強が進みます。

しかし学生時代の勉強と同じように、自宅で復習したり課題をこなしたりする最低限の努力は必要です。

また、費用が高額になりやすいのがスクールのデメリットです。

【Photoshopの勉強方法3】オンライン講座を使う

オンライン講座とは、動画形式の授業でPhotoshopを学ぶスタイルのこと。

動画で講師の作業画面を見ながら学習できるので、独学でも十分にPhotoshopのテクニックを理解できます。

スクールよりも費用を抑えつつ、自分のペースでPhotoshopを習得できるのがメリットです。

ただし講座によっては講師に質問ができなかったり、動画を閲覧できる期限に制限が合ったりするので注意が必要。

各講座のサポート内容をよく確認した上で利用を検討しましょう。

Wonderful Designer(ワンダフル・デザイナー)は、現役で活躍するクリエイターによるWebデザインに特化したオンライン講座です。

PhotoshopやIllustratorの使い方からWebデザインに必要なコーディングまで、網羅的に学習できます。

さらに、講座の受講期間と質問サポートは無制限。分からないことがあっても慌てることなく講師にじっくり質問できますよ。

PhotoshopによるWebデザインに興味がある方は、ぜひご利用ください!

Photoshopを学ぶ5つのコツ

この章ではPhotoshopを学ぶコツをお伝えします。

  1. 最新の情報で勉強する
  2. ゴールを決める
  3. お手本を再現する
  4. チュートリアルを活用する
  5. 仕事を受けてみる

Photoshopのテクニックを効率的に習得するため、確認しておきましょう。

【Photoshopを学ぶコツ1】最新の情報で勉強する

Photoshopを学ぶ際は、最新の情報で勉強しましょう。

常に機能がアップデートされているので、教材や参考サイトが古いとテクニックを再現できない可能性があるからです。

また、古い情報を参考にすると、トレンド性が低く古臭いデザインに仕上がります。

特に本は発売後に内容を更新できないので、出版年や対応のバージョンをよく確認して購入を決めてくださいね。

【Photoshopを学ぶコツ2】ゴールを決める

どのような作品を作れるようになりたいか、ゴールを決めることが重要です。

  • キャラクターを生み出す
  • アメコミタッチな作風
  • 手書き風の柔らかなデザイン
  • 図解を極める

など、Photoshopで作れる作品にはかなりの幅があります。

最初に作りたい作品のイメージを固めて必要なテクニックを逆算することで、効率的にPhotoshopを習得できますよ。

【Photoshopを学ぶコツ3】お手本を再現する

お手本を用意し、再現する練習をしましょう。

頭の中にあるイメージを作品として起こすにはどうすればいいか、考えながらアウトプットすることで応用力が身につきます。

分からない技法があれば、教材を振り返ったり調べたりしながら進めると復習になりますよ。

作品の再現は、プロの色使いや構図を体系的に学ぶのにも効果的です。

【Photoshopを学ぶコツ4】チュートリアルを活用する

勉強の手助けとして、Photoshopのチュートリアルをぜひ活用してください。

チュートリアルはAdobeの公式サイトで無料で公開されています。

公式による最新かつ正しい解説で勉強できるのがチュートリアルのメリットです。

初級編だけでも80以上の講座を受けられますよ。

【Photoshopを学ぶコツ5】仕事を受けてみる

基本的な操作が習得できたら、仕事を受けて実践的に学ぶことをおすすめします。

現場で必要とされるテクニックを学んだり、クライアントとのやり取りを経験したりして、デザイナーとしての場数をこなしましょう。

ロゴやバナーの作成なら、誰でも作品を提案できるコンペ形式の仕事がよく見つかります。

クラウドソーシングサイトを活用すれば初心者向けの案件が見つかりますので、積極的にチャレンジしてみてくださいね。

Photoshopの他に一緒に学ぶべきスキル4選

実際にデザインの仕事をこなす時のために、Photoshop以外のスキルも学んでおくことがおすすめです。

この章ではPhotoshopと一緒に学ぶべきスキルを4つ紹介します。

  1. Illustrator
  2. Indesign
  3. コーディング
  4. デザイン理論

独学で十分に習得できるスキルもありますので、参考にしてください。

【Photoshop以外のスキル1】Illustrator

Illustratorは、Photoshopを作っているAdobeが提供するデザインソフトです。

Photoshopだけでもデザインはできますが、多くのデザイナーがIllustratorも併用しています。

PhotoshopとIllustratorの違いは以下の通りです。

  • Photoshop:立体感のあるグラフィックや写真加工に向いている
  • Illustrator:図表や文字など細かなデザインに向いている

組み合わせて使うことで表現の幅が広がりますので、ぜひ一緒に学びましょう。

【Photoshop以外のスキル2】Indesign

IndesignもAdobe系列のデザインソフトです。

デザイナー業の中でも、紙媒体のレイアウトでIndesignが必要となります。

Indesignが得意なのは、複数ページにわたるレイアウトや文字中心のデザイン。

特にDTPデザイナーを目指す方は、Indesignを学ぶのがおすすめです。

【Photoshop以外のスキル3】コーディング

コーディングはPhotoshopなどで考えたWebデザインをブラウザで閲覧できる状態に起こすこと。

THMLやCSSといったマークアップ言語でコードを書いてデザインを再現します。

Webデザインに携わりたいなら必須となるスキルです。

コーディングができるとデザインの提案から形にするまで、一貫して請け負えるようになります。

プログラミングに詳しくない人でも本や学習サイトで十分に独学できますよ。

【Photoshop以外のスキル4】デザイン理論

デザインの理論を知っておくと、表現できる幅が広がったり、効率的にデザインできるようになったりするメリットがあります。

例えば、以下のような理論を知っておくとデザインに役立ちます。

  • 色彩に関する理論
  • 構図や黄金比
  • 視線の動き

これらを学んでおくと的確なデザインが作れるようになります。

さらに「どのような意図を持ってこのデザインを提案するのか」が言語化できるようになり、デザインの説得力が増しますよ。

1案件150万円受注の実績を持つ講師が直接指導する講座『Wonderful Designer』

Wonderful Designer(ワンダフル・デザイナー)では、現役のプロデザイナーが、Webデザイナーとして稼ぐための方法を徹底的に解説しています。
  • 論理的なデザイン構築方法
  • 基礎のプログラミング
  • 案件受注のコツ
など、市場価値の高い「コーディングのできるWebデザイナー」になるためのノウハウを網羅しています。

さらに講師への無制限の質問や、永久サポート制度など、Webデザイナーとして活躍するための支援も充実。

「Webデザインで本気で稼ぎたい」「デザインを通して、自由に稼ぐ能力を身に着けたい」と考えている方は、ぜひ受講を検討してみてください。

【教材はちょっと高いなぁ…】 そんな人は2,480円で各講座を受講体験できる「人生逃げ切りサロン」へ

もし「この教材は自分には早そう……」と感じているなら、まずは人生逃げ切りサロン」へ参加してみませんか?

人生逃げ切りサロンは、約5,000名のメンバーが所属している、フリーランス系のオンラインサロンです。
  • プログラミング
  • 動画編集
  • Webデザイン
  • ライティング
  • ネット物販
など、各界の実力者が集結し、オンライン講座を管理しています。

所属しているだけでプログラミングや動画編集の講座を受講できたり、ビジネスで成功を収めている人と交流できたりと、数多くの特典が魅力です。

参加料金は月額2,480円もしくは年額26,400円とリーズナブルなので、これから「将来を考えてビジネスを始めたい」という方にピッタリ。

ビジネススキルを身につけて、人生を逃げ切りたいと考えている方は、ぜひ加入をご検討ください