【必見】フリーランスが稼げないと言われる5つの理由とは!成功するコツも詳しく解説

「フリーランスが稼げないって本当?」
「自分は稼げるかどうか知りたい」
「フリーランスで成功するにはどうしたら?」
と考えていませんか?

会社員を辞めて、フリーランスとして稼ぐ人も増えています。しかし「稼げない」というネガティブな意見も多いため、挑戦できない方も多いのではないでしょうか。

実際「フリーランスになってみて生活が成り立たなかったら」と思うと怖いですよね。

そこでこの記事では、フリーランスが稼げないと言われる理由と、稼げるコツを分かりやすく解説します!

フリーランスとして成功できるのは、限られた一部の人間ではありません。

ぜひ最後まで読んで、実行に移して下さいね。

フリーランスが稼げないと言われる5つの理由

こちらでは、フリーランスが稼げないと言われる理由を5つ紹介します。

  1. 仕事がない
  2. 仕事を自分で探さないといけない
  3. 単価が安い
  4. 収入が安定しない
  5. ネガティブな印象の方が残るから

順番に説明します。

【フリーランスが稼げない理由1】仕事がない

フリーランスが稼げないと言われる理由の1つが、仕事がないからです。

クライアントがフリーランスに求めているものは「即戦力」なので、駆け出しや実績がないとなかなか仕事を受注できません。

また実績やスキル不足の状態だと、応募できる仕事も限られています。もしスキルがある程度あったとしても、選ばれるのは実績がある人です。

フリーランスになったばかりは、仕事がなくて収入面で苦労することも多いでしょう。

【フリーランスが稼げない理由2】仕事を自分で探さないといけない

フリーランスだと、仕事を自分で探さないといけません。

会社員だと、待っていれば何かしらの仕事が振られます。会社の売上が悪くても、社員として在籍している限りは給料ももらえるでしょう。

ところがフリーランスの場合は、自ら行動を起こさなければ仕事はありません。

案件をうまく獲得できないと報酬が0になるため、稼げないと言われています。

【フリーランスが稼げない理由3】単価が安い

単価が安いのも、フリーランスが稼げないと言われる理由です。

フリーランスは実力主義なので、スキルや経験がない人が受注できる仕事で高単価のものはほとんどありません。

場合によっては時給500~600円となり、最低賃金以下の条件で働くことも十分にありえます。

経験を積むと徐々に単価は伸びていきますが、フリーランスになったばかりの頃は低単価になることが多いと考えておいてください。

【フリーランスが稼げない理由4】収入が安定しない

フリーランスは、収入が不安定になります。

仕事量やスキルに応じて収入が決まるので、毎月同じ給料がもらえることはほとんどありません。

さらに、社会人のように有給休暇などがないので、働かなければ稼ぎは0に。

会社員のように決まった給料がないのも、フリーランスになって稼ぎが不安になる要因です。

【フリーランスが稼げない理由5】ネガティブな印象の方が残るから

ネガティな印象の方が人の記憶には残るので、フリーランスが稼げないと考えられています。

人はポジティブな出来事や情報よりも、ネガティブなものに注意を向けやすいです。これは、リスクや危険など嫌なものから避けようとする人間の本能とも言われています。

たとえばフリーランスの体験談として

  • 月100万円稼いで大成功
  • 1年間頑張ったけど報酬は月5万円ほど

という2つがあった場合、記憶に残りやすいのは後者です。

ニュース記事などでネガティブな内容を目にした人が、フリーランスは稼げないと思っているケースはよくあります。

フリーランスで稼げない人の特徴7つ

こちらでは、フリーランスで稼げに人の特徴を7つ紹介します。

  1. 自信がない
  2. NOと言えない
  3. 過去の成功体験に固執している
  4. スキル不足
  5. 相場を分かっていない
  6. 低単価の仕事ばかり引き受けている
  7. 行動していない

順番に説明します。

【フリーランスで稼げない人の特徴1】自信がない

自信がないと、フリーランスとして稼げるようにはなりません。

「仕事をするには実力が足りない」と、案件に応募すらできない人がいます。仮に応募できたとしても、低単価の仕事ばかりです。

するといつまでも収入が増えず、会社員時代に比べて稼げないという状況になってしまいます。

自信がないというのは、フリーランスとして稼げない人の特徴です。

【フリーランスで稼げない人の特徴2】NOと言えない

NOと言えないのも、稼げない人の特徴です。

単価が低い仕事を受けすぎてキャパオーバーになり、納期を守れなくなる可能性があります。

フリーランスはいつ仕事が無くなるか分からない不安から、YESマンになりがちです。

しかし、キャパオーバーによって完成度の低い物を納品しても、次の仕事には繋がりません。

また、体調を崩して仕事ができなくなったら収入は0になります。

NOと言えないと、フリーランスで稼げるようにはなりません。

【フリーランスで稼げない人の特徴3】過去の成功体験に固執している

過去の成功体験に固執しているのも、フリーランスで稼げない人の特徴です。

プライドが高くなってしまい、仕事を選り好みしすぎる傾向にあります。

  • 昔は高単価で仕事を受けていたので、低単価は断る
  • ずっと同じ仕事ばかりを続けている

など、稼げなくなってきてからも、過去と同じ基準で仕事を探すのは要注意です。

プライドを持つのも大切ですが、過去の成功体験だけではお金を稼ぐことはできません。

【フリーランスで稼げない人の特徴4】スキル不足

スキル不足の人は、稼ぐのは難しいでしょう。

スキルが無いと、仕事を受注できないからです。仮に受注できたとしても、誰でもできる簡単な仕事しかないので単価が安くなってしまいます。

自分自身でスキル不足だと感じている人は、

  • 副業から始める
  • その業界で働いてみる
  • 勉強してスキルアップする

などを考えてみてください。

フリーランスになったばかりは、仕事で時間に追われて勉強時間を確保するのが困難です。

スキルがないと、フリーランスで稼げるようにはなりません。

【フリーランスで稼げない人の特徴5】相場を分かっていない

フリーランスで稼げない人の特徴は、相場をわかっていない人です。

相場を理解していないと、見積書が安すぎたり高すぎたりするからです。

安すぎる場合は、低単価で何件も仕事をすることになるで、働いても働いても稼げません。

一方で、高すぎたら仕事を受注することができないので、収入が減ってしまいます。

たとえスキルがあっても、相場を知らないと稼げるようにはなりません。

【フリーランスで稼げない人の特徴6】低単価の仕事ばかりしている

低単価の仕事ばかりしている人は、大きく稼げません。

低単価の仕事であっても、量を増やせば少しは稼ぐことができるかもしれません。

しかし、どんなに頑張っても、できる仕事量は決まっています。

低単価の仕事ばかりしていたら、いつまで経っても稼げるようにはなりません。

【フリーランスで稼げない人の特徴7】行動していない

行動しないのも、フリーランスで稼げない人の特徴です。

  • 営業しない
  • 仕事に応募しない
  • スキルアップをしない

など、何も行動しなかったら稼げないのは当たり前ですよね。

フリーランスは仕事する時間と場所を選べる自由な仕事に見えますが、全て自分でやらなくてはいけないので大変な部分もあります。

行動していないのであれば、稼げません。

稼げるフリーランスになるコツ7選

こちらでは、稼げるフリーランスになるコツを7つ紹介します。

  1. 自信を持つ
  2. スキルアップをし続ける
  3. 複数のエージェントを使う
  4. いくつか営業方法を持つ
  5. ルールを作る
  6. 副業から始める
  7. 自分に合う職種を選ぶ

順番に説明します。

【稼げるフリーランスになるコツ1】自信を持つ

まずは、自信を持つことが大切です。

駆け出しのころはなかなかチャレンジができないかもしれませんが、フリーランスとして過ごしていく中で、徐々に自信はついていきます。

  • スキルを高める
  • 仕事をこなす
  • SNSのフォロワーを増やす

などに取り組んで、自身を高めていきましょう。

自信を持って、高い単価の案件にもどんどん応募できれば、稼げるようになります。

【稼げるフリーランスになるコツ2】スキルアップをし続ける

スキルアップし続けるのも、稼げるようになるためには必要です。

スキルアップし続けることによってライバルと差別化でき、高単価の仕事を受注しやすくなります。

オンライン講座などを使って、隙間時間や、好きな場所で勉強を進めましょう。

大事なのはフリーランスになってからも、勉強する時間を作ることです。

需要のあるスキルを習得し続ければ、仕事がなくなることはありません。

【稼げるフリーランスになるコツ3】複数のエージェントを使う

稼ぐためには、複数のフリーランス向けのエージェントに登録することです。

登録しておくと、担当者が仕事の紹介から契約締結までを手伝ってくれます。

また複数のエージェントから仕事を紹介してもらうことで、より自分の条件に合うものを選べます。

登録は無料なので、自分の可能性を広げるためにも、複数のフリーランス向けエージェントに登録しましょう。

【稼げるフリーランスになるコツ4】いくつかの営業方法を持つ

いくつかの営業方法を持つようにすると、稼げるフリーランスになります。

特定の営業方法しかできないと、そこで失敗したときに収入が下がってしまいます。

  • クラウドソーシング
  • ココナラ
  • SNS(TwitterやFacebookなど)
  • 直接営業

など、いろいろな営業方法を使ってみてください。

「営業は難しそう」と思うかもしれませんが、最初の頃は案件を探してメールを送るだけでOKです。

意外と仕事は豊富に存在するので、積極的にチャレンジしてみましょう。

【稼げるフリーランスになるコツ5】ルールを作る

体が資本だからこそ、頑張りすぎないためにルールを作りましょう

フリーランスは自分で働く時間を決められる分、1日中仕事をしてしまう人もいます。

今は大丈夫でも、そのような生活を続けていたら心身ともに疲弊していきます。

体調を崩してしまったら、収入が0に。フリーランスにとって、体調管理も大事な仕事の1つです。

「1週間のうち2日必ず休む」「週に2回運動する」など自分ルールを作って自己管理をしましょう。

【稼げるフリーランスになるコツ6】副業から始める

まずは、副業から始めてみましょう。

いきなり独立すると収入が無くなって困ることがあるかもしれませんが、副業であれば失敗してもリスクが低いです。

また。実際に仕事を受注してみて、初めて気づくこともたくさんあります。

  • 働き方が自分に合っているのか
  • 仕事をこなせるスキルがあるのか
  • 本業にしても生活できそうか

などを確認したうえで、継続して案件を受注できるようになってからフリーランスになっても遅くありません。

思い立ってすぐにフリーランスになるのではなく、まずは副業から始めてみることをおすすめします。

【稼げるフリーランスになるコツ7】自分に合う職種を選ぶ

稼げるフリーランスになるコツは、自分に合う職種を選ぶことです。

フリーランスと一言に言っても、職種は様々です。

たとえば、

  • エンジニア
  • 動画編集者
  • Webライター
  • ブロガー
  • Webデザイナー
  • イラストレーター
  • YouTuber
  • せどり

と、たくさん挙げられます。

自分にはどの職種が良いのかを、知ることが大切です。

あなたに適した副業は?フリーランスビジネス診断【無料】

フリーランスビジネス診断では、簡単な30問に応えるだけで、あなたがどのビジネスに向いているのかを判断します!
  • プログラマー
  • Webデザイナー
  • 動画編集者
  • Webライター
  • マーケター
など、あなたの性格から導き出された、最も適している職業を紹介する診断です。

LINEアカウントを利用して、完全無料で診断できるので、これからフリーランスを目指したい方、自分にあった仕事で収入を激増させたい方は、まずは一度利用してみてください!

※この診断は、強い個人を生み出すことを目的としているコミュニティ『人生逃げ切りサロン』オーナー、やまもとりゅうけんにより提供されています。