【悲惨な末路】IT土方とは?年収の目安や脱却する4つの方法を徹底解説

「IT土方とは?」
「どんな仕事がIT土方というの?」
「IT土方か脱出する方法が知りたい」

IT業界で「IT土方」という言葉を耳にすることはありませんか。

IT土方という言葉が誕生したのには、過酷な労働環境などが背景にあります。IT業界で働くなら、IT土方として働くのは避けたいですよね。

そこで、こちらの記事では以下の内容について解説していきます。

  • IT土方の概要
  • 年収目安
  • IT土方から抜け出す方法
  • これからIT業界を目指す人が失敗しないための対策

IT業界で働く方やこれから目指したいと考える方は、ぜひ参考にしてみてください。

「IT土方」とは過酷な労働環境などにより生まれた俗語

そもそも「土方」とは、土木・建築業界で使われる用語です。安い賃金で過酷な労働を強いられる作業員に対して使われる事が多く、差別用語とされるケースもあります。

IT業界も土木・建築業界と似た構造です。元請けがあり、2次請け、3次請けと下請けに作業が流れてきます。場合によっては4次・5次が存在するケースもあるようです。下請けは、さらに「孫請け」に作業を依頼します。

下請けになればなるほどマージンを抜かれ、安い賃金で大量の単純作業が回ってきます。そして、孫請けに流れてくる仕事は特別な知識や技術がなくてもできるものばかりです。

土木作業員が3K(きつい・汚い・危険)であるのに対し、IT土方は新3K(きつい・帰れない・給料が安い)と表現されることも。

IT業界でも孫請けの仕事は賃金が安く長時間労働を強いられることから「IT土方」と呼ばれるようになりました。

IT土方の主な仕事内容

IT土方とはどのような仕事内容なのでしょうか。IT土方の仕事を知るために、以下2つの内容に分けて解説します。

  1. システム開発の流れ
  2. IT土方が担当する作業

詳しい内容を見ていきましょう。

1.システム開発の流れ

一般的なシステム開発の流れは、以下のとおりです。

  1. 要件定義:クライアントの要望を聞き、どんな製品を開発するのか決める。開発費用や完成までの期間も提示する
  2. 設計:見た目や形などを具体的に決める。設計書も作成する
  3. 開発:設計書をもとにプログラミング言語を用いて製造する
  4. テスト:作った製品が正常に動作するか確認。クライアントからの要望通りに仕上がっているかも確認する
  5. リリース・運用保守:完成品をクライントに納品。不具合があればその都度修正をおこなう

以上の流れを上流と下流に分けると、以下のようになります。

  • 上流工程:要件定義・設計
  • 下流工程:開発・テスト・運用保守

下流工程は、上流工程で決められたことを淡々とこなすイメージです。

2.IT土方が担当する作業

元請け企業は、要件定義などの上流工程だけを担当し、工程がかかる残りの作業は下請けがおこないます。

IT土方の具体的な作業内容は、以下のとおりです。

  • 設計書どおりにコードを入力する
  • 簡単な修正をおこないプログラムを正常に動作させる
  • プログラムに使われる関数の名前を修正する
  • すでに用意されているテストスクリプトに従ってひたすらボタンを押す

など。特に深い知識がなくてもできる作業が多く、安い賃金で大量の仕事が回ってきます。納期が決まっているため、期限内に作業が終わらなければ残業や休日出勤をさせられることもあります。

IT土方の年収目安は250~350万

IT土方の年収は、だいたい250~350万円です。プログラマーの平均年収を「求人ボックス」で見てみると、正社員で平均年収が約423万円です。

引用元:求人ボックス

給与幅は294~840万円以上と広いため、423万円という平均年収となっています。実際には294~362万円のボリュームが多く、日本の平均年収461万円(国税庁のデータによる)よりもやや低い傾向です。

IT土方はさらに下請けの仕事を担うため、正社員のプログラマーよりも年収が低いと考えられます。

実際にSNSでIT土方の年収について見てみると、250万円~という声が見られました。

IT土方は新3K(きつい・帰れない・給料が安い)と言われるように、年収が低い人が多いことがわかります。IT土方からなるべく早く脱却できるように、行動に起こすことが大切です。

IT土方から抜け出す方法4選

IT土方から抜け出すには、いくつかの選択肢があります。こちらでは、4つの方法を紹介していきます。

  1. 自社サービスを持つ企業に転職する
  2. 転職エージェントを利用してホワイト企業に転職する
  3. フリーランスになる
  4. 他の業界に転職する

1つずつ見ていきましょう。

1.自社サービスを持つ企業に転職する

IT土方から抜け出すなら、自社サービスを持つ企業に転職するのがおすすめです。自社開発の仕事は、何を作っているのかよくわからない下請けの仕事と違い、1つのサービスを作り上げるまで長期的に関われるのがメリットです。

また、製品を作ったら終了ではなく、クライアントから評価を受けたりユーザーから意見を聞いたりしてより良いものを作ろうと改善していきます。

さまざまな工程に関われるので、スキルが身につき上流の仕事にも携われるチャンスが増えます。仕事の楽しさを感じられて、高いモチベーションを持って仕事に取り組めるのも良い点です。

2.転職エージェントを利用してホワイト企業に転職する

転職エージェントを利用して、優良企業に転職するのもIT土方を抜け出す方法の1つです。転職エージェントは、自分のスキルや希望条件に合う求人を紹介してくれるサービスです。

キャリアを十分ヒアリングした上で、応募書類の書き方や面接のコツなど転職に関することは何でも相談に乗ってくれます。

求人広告を見ただけでは、ホワイト企業かどうか見極めるのは難しいものです。プロの力を借りて、働きやすい企業を探すのがおすすめです。

特にIT転職に強いエージェントを利用すれば、多くのIT企業から最適な1社を選べます。
Wonderful Code(ワンダフル・コード)は、ITエンジニアやWebデザイナーに特化した転職サービスです。LINEで無料面談の申し込みができるので、ぜひ活用してみてください。

3.フリーランスになる

IT土方を脱出するには、フリーランスになる方法もあります。個人事業主となるので、仕事の内容は自由に選択できます。

在宅ワークで自由なスタイルで働くのも良いでしょう。年収アップを狙うなら客先常駐型の仕事を選ぶのがおすすめです。

ただし、フリーランスとして活動するには営業力やある程度のスキルは必須です。スキル不足だと感じたら、オンラインスクールなどを利用して実力をつけることも検討してみてください。

人生逃げ切りサロン は、ITに関するさまざまな講座が受講できるオンラインサロンです。福利厚生を利用できるという、フリーランスには心強いサービスも提供しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

4.他の業界に転職する

IT土方として働き「この仕事は合っていない」と感じたら、思い切って他の業界に転職するのも選択肢の1つです。異業界へ転職するとしても、ITのキャリアが無駄になる事はありません。

例えば、営業職ならIT業界を相手にする職場で知識を活かせるので重宝されるでしょう。事務職でも、機械に強ければ社内システムにかかわる仕事を任されることもあります。

業界が違うとしても、IT業界の職歴を活かせる仕事は多数あります。気になる仕事があれば転職にチャレンジしてみるのがおすすめです。

これからIT業界を目指す人が失敗しないための対策5選

「これからIT業界を目指したい。でもIT土方として働くのは避けたい。」と考える方に向けて、IT業界への就職に失敗しないための対策を5つ紹介します。

  1. IT業界でどんな職種を目指すのか明らかにする
  2. 企業研究をしっかり行う
  3. スキルをしっかり身につけてITの理解を深める
  4. ブラック企業の求人を見極める
  5. IT業界に特化した転職エージェントを利用する

就職してから後悔しないように、ぜひ参考にしてみてください。

1.IT業界でどんな職種を目指すのか明らかにする

IT業界といっても、さまざまな職種や働き方があります。漠然と「IT業界に就職したい」と考えていると、なかなか仕事が見つからず就職しやすいIT土方を選んでしまうリスクが高まります。

IT業界を大きく分けると、以下のような分類です。

  • インターネット・Web業界
  • ソフトウエア業界
  • ハードウエア業界
  • 通信業界
  • 情報処理サービス業界

さらに、各業界の中にもそれぞれ多数の職種があります。例えば、Web業界だけでも以下の職種が挙げられます。

  • Webディレクター
  • Webプロデューサー
  • Webプランナー
  • Webデザイナー
  • Webエンジニア
  • Webライター
  • Webマーケター

どんな業界・職種を選択するかを明確にして、その仕事に携われる企業を探すことが大切です。

2.企業研究をしっかり行う

目指す業界・職種が決まったら企業研究を徹底的に行いましょう。以下の項目を重視すると良いでしょう。

  • 育成環境が整っているか:特に未経験の場合しっかりスキルが身につく企業を選ぶことが大切
  • 企業の雰囲気や環境が合っているか:自身が働きやすい社風であるか
  • 福利厚生が整っているか:働きやすさを決める大切な要素

企業情報を見るだけでは大切なポイントを逃しがちなので、ぜひ上記のポイントを押さえて企業を比較してみてください。

3.スキルをしっかり身につけてITの理解を深める

IT業界が全く未経験なら、ある程度スキルを身につけてITの理解を深めておくのがおすすめです。まったくの未経験で業界知識がないと、なかなか採用されない可能性があります。

「どこでもいいから就職したい」という気持ちになってしまうと、IT土方と言われる仕事に就くリスクが高まります。

スキルや知識があれば、実務経験がなくても企業に対する大きなアピールポイントになるでしょう。大きな企業に就職できるチャンスもアップするので、ぜひスキルアップを目指してみてください。

4.ブラック企業の求人を見極める

ブラック企業の求人を見極めるのも、就職に失敗しないコツです。3つのポイントを押さえてみてください。

大量募集している企業は避ける

大量募集している企業は、IT土方のリスクが高まります。下請けの仕事を多数保有していて、とにかく多くの人を集めたい企業である可能性が高いためです。

また、頻繁に求人を出している企業も要注意です。人が定着しないブラック企業であることが予測できます。求人情報を見るだけである程度判断できるので、ぜひ確認してみてください。

固定残業代の有無を確かめる

IT企業を選ぶ際は、固定残業代の有無を確かめることが大切です。固定残業代は、毎月固定の手当がもらえるものです。残業無しでも手当が出るのでメリットのように思えますが、働いた分に見合った金額がもらえない可能性があります。

固定残業代を採用している企業はブラックのケースが多いので、注意しておくのがおすすめです。

面接をしっかり行う企業を選ぶ

実際に面接まで進んだ際は、しっかり対応してもらえたかどうかも判断基準の1つです。優良企業は、自社にとって有益な人材を獲得するために能力や人柄をしっかり知ろうとします。

しかし、ブラック企業の場合は人手不足を解消したいため、ろくに面接をしなくても採用します。面接が適当だったり、社内の雰囲気があまりよくなかったりするなら、内定が出ても断るのが無難です。

5.IT業界に特化した転職エージェントを利用する

IT業界への就職に失敗したくないなら、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントは、IT業界が未経験でも可能な、あなたに適した求人を紹介してくれます。

未経験者へのアドバイスもおこなってくれるので、1人で就活を行うのが不安な方は心強いでしょう。

ワンダフルジョブは、IT業界に特化した転職エージェントです。未経験の方にも適した求人を紹介します。スキルアップが必要なら、別途専用のカリキュラムもご案内可能です。ぜひ活用してIT業界への就職を成功させてみてください!

ITエンジニア/Webデザイナー特化型転職サービス「ワンダフルジョブ」


ワンダフルジョブは、ITエンジニアやWebデザイナーの求人に特化した転職サービスです。
  • 紹介可能な案件は2,500件超
  • 転職ノウハウを詰め込んだ動画教材つき
  • 元年商170億円企業の人事責任者が監修
さらにオンライン合同面接練習やセミナー・交流会など、転職者同士で情報を交換し、切磋琢磨するイベントが充実しています。

完全無料で利用できるので、未経験・経験者問わずキャリアアップがしたい方は、ぜひLINEで面談を申し込んでみてください。