【超危険】フリーランスのスキル不足は失敗のもと!5つの理由やスキルアップ方法を紹介

「未経験でフリーランスエンジニアになれる?」
「必要なスキルってなにがある?」
「どうすればスキルを身につけられるの?」
と、疑問に思っていませんか?

近年フリーランスという働き方が広がっており、独立するエンジニアが増えてきました。自由な働き方にあこがれて、ほぼ未経験の状態で独立する人もいらっしゃいます。

ところがスキル不足が原因で、思うように仕事が進められていない人がいるのも事実です。

そうならないためにも、この記事では、

  • フリーランスエンジニアに必要なスキル
  • スキル不足から抜け出す方法
  • スキル不足だと感じたら他のジャンルも考える

などを詳しく解説しています。これからフリーランスとして活躍したいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

スキル不足でフリーランスエンジニアになるデメリット5つ

こちらでは、スキル不足でフリーランスエンジニアになるデメリットを、5つ紹介します。

  1. できる仕事がない・案件を受注できない
  2. 安い案件しかできない
  3. 精神的のも肉体的にも疲弊する
  4. 誰も教えてくれない
  5. お金がない

順番に説明します。

【スキル不足でフリーランスになるデメリット1】できる仕事がない・案件を受注できない

スキルが不足していると、できる仕事がなく、案件を受注できない可能性が高いです

案件を探しても自分のスキルでできる仕事が見つからず、簡単な仕事は他にも応募する人が多いため、なかなか通りません。

また実務スキルだけでなく、

  • ポートフォリオがない
  • 実績がない
  • コミュニケーションが取れない

なども、仕事が受注できない要因です。特に、同レベルのスキルの人が競合したは、よりコミュニケーションスキルがある者が選ばれます

スキル不足だと、仕事が獲得できないため、フリーランスとして生活することが難しくなるでしょう。

【スキル不足でフリーランスになるデメリット2】安い案件しかできない

安い案件しかできないのも、スキル不足でフリーランスエンジニアになるデメリットです。

仮に仕事を受注できても、スキルが低いエンジニアができる仕事は単価も安い傾向にあります。

さらに安い案件しか受注できない場合は量をこなすしかないので、スキルアップのための勉強をしている時間がありません。

そのため、スキル不足でフリーランスエンジニアになった人は、ずっと安い単価の案件しかできないこともあります。

【スキル不足でフリーランスになるデメリット3】精神的にも肉体的にも疲弊する

精神的にも肉体的にも疲弊していくのが、スキル不足でフリーランスになるデメリットの1つです。

繰り返しになりますが、スキル不足のエンジニアには低単価の仕事しかありません。

生活するためには、本数をこなさないといけないですよね。すると、やってもやっても生活が厳しいままです。

自分の時間がなくなり、睡眠時間も削る日々が続きます。そうなると心も体も疲れ切ってしまうでしょう。

【スキル不足でフリーランスになるデメリット4】誰も教えてくれない

スキル不足でフリーランスなっても、誰も技術について教えてくれません。

フリーランスは即戦力を期待されることが多いので、誰かに教わるという機会を作ってもらえないのが実情です。

会社員だったら研修や勉強会などを業務内に受けられましたが、フリーランスでは業務外に自分で勉強する必要があります。

ところがスキル不足でフリーランスになってしまうと、生きていくために安い案件を大量に受注しなくてはなりません。

その結果勉強ができず、スキルが身につかないという悪循環から抜け出せなくなります。

【スキル不足でフリーランスになるデメリット5】お金が不足する可能性がある

お金が不足する可能性があるのも、スキル不足でフリーランスになるデメリットです。

スキルがないフリーランスに、仕事を注文してくれる人はいません。すると安定した収入が得られず、生活が苦しくなってしまいます。

極端な言い方ですが、正社員であれば働かなくても通勤すれば安定した収入を得られるでしょう。しかし、フリーランスは働かなければ収入はありません。

仕事がない状態が何ヶ月も続くと、生活していくために必要なお金が足りなくなることもあります。

フリーランスエンジニアに必要なスキル5選

こちらでは、フリーランスエンジニアに必要なスキルを5個紹介します。

  1. プログラミング言語スキル
  2. 営業スキル
  3. コミュニケーション能力
  4. 目標設定能力
  5. 自己管理能力

順番に紹介します。

【フリーランスに必要なスキル1】プログラミング言語スキル

フリーランスエンジニアに必須なのは「プログラミング言語」に関するスキルです。

当然ではありますが、実務スキルがなければ、営業スキルが優れていても意味がありません。

求められるレベルは案件によって異なりますが、初心者レベルの知識で仕事を獲得できるケースは少ないでしょう。

プログラミング言語をしっかりと理解して、使いこなせるのがフリーランエンジニアとして生きていくための最低条件だといえます。

【フリーランスに必要なスキル2】営業スキル

営業スキルも、フリーランスエンジニアには必要です。

フリーランスは自分で仕事を見つけない限り、報酬を獲得できません。

いくらプログラミングの技術が優れていたとしても、営業能力が無いと仕事は増えないでしょう。

技術面のスキルアップと同時に、営業スキルも磨く必要があります。

【フリーランスに必要なスキル3】コミュニケーション能力

コミュニケーション能力も、フリーランスに必要なスキルの1つです。

フリーランスとして生きていくためには、クライアントが何を求めているのかを理解する必要があります。会話の中でうまく要望を聞き出し、解決案を提示することが大切です。

「話が面白い」「トーク力がある」という必要はありませんが、相手が願っていることを汲み取る力は求められます。

また「人と関わるのが嫌だから、フリーランスになった」という人がいますが、実は独立した後の方が、人との交流が増えます。

仕事を円滑に進めるためにも、コミュニケーション能力は必要です。

【フリーランスに必要なスキル4】目標設定能力

目標設定能力も、フリーランスエンジニアには必要なスキルです。

目標がないと、フリーランスとしての技術向上や報酬アップにつながりにくいです。

ゴールを設定して、そこに向かうためのどのような行動をすればいいかを考えられるほうが、フリーランスとして活躍できる可能性が高まります。

【フリーランスに必要なスキル5】自己管理能力

自己管理能力は、エンジニアだけでなく全てのフリーランスが必ず身につけなければいけないスキルです。

個人で仕事しているという性質上、仕事面や体調面など、すべてを自分で管理する必要があります。

たとえば体を壊して仕事ができなくなると、収入がなくなります。また、モチベーションが落ちて仕事をしなくなっても、お金は入ってきません。

特に最初の頃は、頑張りすぎて1日中仕事をしてしまう人もいます。体調を崩さないためにも、休むことを覚えましょう。

自分の中でしっかりとルールを決めて、管理するようにしてくださいね。

スキル不足から抜け出す方法5選

こちらでは、スキル不足状態から抜け出す具体的な方法を5つ紹介します。

  1. 最新情報を独学する
  2. エンジニアスクールに通う
  3. オンライン講座を受講する
  4. セミナーに参加する
  5. 自分のレベルより上の案件を受注する

順番に説明します。

【スキル不足から抜け出す方法1】最新情報を独学で勉強する

最新情報を独学で勉強することが、スキル不足から抜け出す方法です。

フリーランスエンジニアは、常にスキルアップをし続けないといけません。

成長を続けないと、新しくエンジニアになった人と差別化できず、仕事が獲得できなくなります

逆に、需要の高い技術を使えるようになれば、収入アップにつながるでしょう。

  • 書籍
  • 動画教材
  • YouTube

などから、最新情報を学び、常にスキルを磨き続けてください。

【スキル不足から抜け出す方法2】エンジニアスクールに通う

スキル不足から抜け出す方法として、エンジニアスクールに通うのもおすすめです。

専門講師が教えてくれるため、独学よりも効率よく技術を身につけられます。

お金はかかりますが、このまま何もしなければ収入が上がることはありません。

一刻も早く状況を改善したいのであれば、エンジニアスクールに通いましょう。

【スキル不足から抜け出す方法3】オンライン講座を受講する

オンライン講座を受講するのも、スキル不足から抜け出す方法の1つです。

オンライン講座なら場所を選ばず、自分の好きなタイミングで勉強ができます。

さらに講師に質問できる教材であれば、疑問点をすぐに解消できるので、効率的です。

  • プログラミング初心者
  • スキマ時間を有効活用したい人
  • 自分でしっかり勉強が進められる人

などには、オンライ講座は非常におすすめだといえます。

【スキル不足から抜け出す方法4】セミナーに参加する

セミナーに参加するのも、スキル不足から抜け出す方法です。

最新技術について学べるだけではなく、エンジニアの仲間を作ることができるからです。

仲間がいると、お互いに情報を共有することで、さらに技術の向上が図れます。

また横の繋がりによって、仕事を紹介してもらえることがあるでしょう。

スキル不足を解消して、人脈を作るためにもセミナーに参加してみてください。

【スキル不足から抜け出す方法5】自分のレベルより上の案件を受注する

自分のレベルより上の案件を受注することも、意識して欲しいポイントの1つです。

レベルの高い案件をこなそうとするだけで、自分の技術がどんどん身についてきます。

さらに仕事を完了させるためには強制的に勉強を続ける必要性が出てくるため、怠けられない点も特徴です。

「停滞しているな」と感じたら、積極的にレベルが上の案件を探してみてください。

いきなりフリーランスエンジニアではなく副業からがおすすめ

いきなりフリーランスエンジニアになるのではなく、まずは副業から始めましょう。

いきなり独立すると収入が無くなって困ることがあるかもしれませんが、副業であれば失敗してもリスクが低いです。

また。実際に仕事を受注してみて、初めて気づくこともたくさんあります。

たとえば、稼げると思っていたけど得意とするプログラミング言語にあまり需要がなく、案件自体が少ないということがあるかもしれません。

さらに、自分がフリーランスになる前に身につけた方が良いスキルも見えてきます。

どのレベルの案件ならこなせるのか、まず自分のレベルを把握することが大切です。

そのためには、フリーランスのエンジニアにいきなりなるのではなく、まずは副業から始めてみましょう。

スキル不足だと感じたら他のジャンルも視野に入れよう

スキル不足だと感じたら、他のジャンルも視野に入れましょう。

フリーランスはエンジニアだけでなく、他にもいろいろな種類があります。

たとえば、

  • 動画編集者
  • ライター
  • Webデザイナー

など、たくさんの可能性があります。

実際に試してみないと、何が向いていて好きかどうか分かりません。

今までは苦手意識を持っていたけど「やってみたら得意だった」ということもあります。

エンジニアだけにこだわらず、いろいろな道を模索して、自分に合う働き方を見つけてみてください。

あなたに適した副業は?フリーランスビジネス診断【無料】

フリーランスビジネス診断では、簡単な30問に応えるだけで、あなたがどのビジネスに向いているのかを判断します!
  • プログラマー
  • Webデザイナー
  • 動画編集者
  • Webライター
  • マーケター
など、あなたの性格から導き出された、最も適している職業を紹介する診断です。

LINEアカウントを利用して、完全無料で診断できるので、これからフリーランスを目指したい方、自分にあった仕事で収入を激増させたい方は、まずは一度利用してみてください!

※この診断は、強い個人を生み出すことを目的としているコミュニティ『人生逃げ切りサロン』オーナー、やまもとりゅうけんにより提供されています。