【プロの結論】Final Cut ProとPremiere Proを徹底比較!最もおすすめなのは◯◯

「Final Cut ProとPremiere Proの違いは?」
「どっちがいいんだろう」
「迷ったらどっちを選べばいい?」
と考えていませんか?

個人でも簡単に動画編集ができるFinal Cut Pro(ファイナルカットプロ)とAdobe Premiere Pro(プレミアプロ)。

どちらも人気のソフトですが、実際に使うとしたらどちらがいいのかよくわからないですよね。

同じ動画編集機能があるのならば、できれば少しでも安く性能がいい方を買いたいところです。

いまから動画編集を始めるのであれば、Premiere Proの利用をおすすめします。

なぜそう言えるのか、この記事ではFinal Cut ProとPremiere Proについて、以下の内容について解説します。

  • FinalCut ProよりPremiere Proがおすすめな理由
  • それぞれのソフトの比較
  • Premiere Proをおすすめするポイント
  • 迷った際の選び方

「これから動画編集をしたい 」と考えている方は、ぜひ記事をチェックしてみてください!

【結論】FinalCut Pro(ファイナルカットプロ)よりAdobe Premiere Pro(プレミアプロ)がおすすめ

結論から言うと、動画編集ソフトはAdobe Premiere Proがおすすめです。

大きな理由は

  1. 操作性が良く、効率よく動画編集ができる
  2. Windows、Mac両方使える
  3. 利用者が多いので疑問点が解決しやすい

などです。

多くの人から愛用されており、あの人気YouTuberのHIKAKINさんも、Final Cut ProからPremiere Proに乗り換えています。

編集を仕事にしているプロにもPremiere Proを利用している人は多いので、これから動画を作りたいと考えている方にはうってつけのソフトです。

詳しくは次以降の項目で、Final Cut ProとAdobe Premiere Proを比較しながらお伝えするので、購入の参考にしてみてください。

FinalCut Pro(ファイナルカットプロ)とAdobe Premiere Pro(プレミアプロ)の比較

こちらでは、Final Cut ProとAdobe Premiere Proの違いを徹底比較します。

  1. 総合的な比較
  2. 料金の比較

それぞれ解説します。

Final Cut ProとPremiere Proの総合的な比較

Final Cut ProとPremiere Proを総合的に比較して、以下の表にまとめました。

Final Cut Pro Premiere Pro
買い方 買い切り サブスク
対応機種 Macのみ Win、Mac両方
利用者 少ない 多い
評判 初心者でも使いやすい 作業が早くなる

動画編集が目的ではありますが、買い方や対応機種などは大きく違います。

Windowsの人は、Premiere Proしか使えないので注意。

またFinal Cut Proは「初心者でも使いやすい」、Premiere Proは「作業が早くなる」という評判があります。

初心者にはFinal Cut Proも便利ですが、スキルは編集を重ねるとどんどん身についていくので、最終的には作業効率の良いPreire Proがおすすめです。

Final Cut ProとPremiere Proの料金面を比較

Final Cut ProとPremiere Proの金額の支払い方法も比較します。

料金 月額 一括
Final Cut Pro 36,800円
(1度だけ)
Premiere Pro(単体) 2,480円 26,160円
(1年更新)
Adobe コンプリートプラン 5,680円 68,160円
(1年更新)

Final Cut Proは買い切りのみで、Premiere Proはサブスクのみです。

サブスクとはサブスクリプションの略で「定期購読」のように、決まったお金をずっと払い続ける必要があります。

Premiere Proのプランは2種類で、「単体プラン」と他のAdobeソフトも使える「コンプリートプラン」が存在します。

支払い方法は月額払いと年間の一括払いがあり、一括払いの方が1回あたりの支払い金額は高額ですが、割安です。

長く使うのであれば、Final Cut Proのほうがトータルの料金は安くなると考えておいてください。

Adobe Premiere Pro(プレミアプロ)をおすすめする7つのポイント

こちらでは、Final Cut Proと比べてPremiere Proをおすすめするポイントをより詳しく掘り下げます。

おすすめの7つのポイントは以下の通りです。

  1. アップデートと機能が多い
  2. 動作が軽い
  3. 編集効率が上がる
  4. ストレージを圧迫しない
  5. テロップの自由度が高い
  6. キーフレームの扱いが簡単
  7. 利用者が多いのでわからない時に調べやすい
  8. 他のAdobeソフトとの互換性が良い
  9. ステータスになる

それぞれ解説します。

【おすすめポイント1】アップデートと機能が多い

Premiere Proがおすすめなのは、アップートも多く最新の機能が使えることです。

使いやすいうえにアップデートが頻繁にあるので、最新の動画のトレンドにキャッチアップしやすいところが大きなメリットといえるでしょう。

エフェクトや字幕などの機能が非常に多いので、他のソフトでは表現できない演出が作れる点も魅力です。

【おすすめポイント2】動作が軽い

Premiere Proは動作がサクサクと軽いこともポイントです。

PCに負担をかけない作りになっているので、低スペックのパソコンでも動くように作られています。

一方でFinal Cut Proだとテロップの数が増えたり、動画の尺が長いともたつくことも。

動画は容量が大きいのでどうしてもPCが重くながちですが、無駄な時間が増えると効率が下がってイライラしますよね。

動作が軽いと編集効率が上がるので、購入を検討するのにかなり重要な要素です。

【おすすめポイント3】ストレージ(容量)を圧迫しない

Premiere ProはFinal Cut Proに比べてストレージの圧迫が少ないです。

プレビューの画質を下げることで、自動的に保存される一時ファイルの量を減らせます。

Final Cut Proは動画を読み込んだり、編集したりするときに、大容量の一時ファイルが自動的にライブラリに残されます。

その際にMacのストレージを使用するので、手動でいらないファイルを消さないと、容量を圧迫してしまうのです。

放置するとMacの動きが遅くなったり、トラブルの原因になります。

ノートパソコンはストレージが少ないものが多いので、容量を圧迫しない点は大きなメリットです。

【おすすめポイント4】テロップの自由度が高い

Premiere Proのテロップは、Final Cut Proより自由度が高いので、オリジナリティーを出しやすいです。

テロップの装飾はワンクリックで変更できるので、迷った時もイメージを掴みやすいでしょう。

他にも、同じAdobe社が出しているAfter Effectsを使うことで、動きのあるテロップ作成が可能です。

テロップは動画において重要な要素なので、幅広い表現ができるのは、Premiere Proがおすすめできる部分です。

【おすすめポイント5】疑問点を解決しやすい

Premiere Proは利用者が多いので疑問点を解決しやすいです。

利用者が多い分、同じ疑問を持った人がたくさんいるので、解決法がいろいろな場所でまとめられています。

  • 解説書
  • Yahoo!知恵袋
  • YouTube

などで疑問を解説している人が多いです。

ソフトを選ぶときは、ユーザーが多いかどうかも、大きな判断ポイントになります。

【おすすめポイント6】他のAdobeソフトと互換性がある

Premiere Proを購入するときにお得なのは、他のAdobeソフトとの互換性があることです。

Adobe公式ソフトには

  • PhotoShop(画像加工ソフト)
  • Illustrator(画像作成ソフト)
  • After Effects(アニメーションソフト)

などがあります。

これらと簡単に組み合わせられるので、より動画の演出の幅を広げられる点が特徴です。

さらにコンプリートプランなら、他のソフトも非常に安い値段で利用できます。

複数のソフトで動画の質を高められるのは、Adobeが出しているPremiere Proならではのメリットです。

【おすすめポイント7】仕事につながりやすい

Premiere Proを使うと、仕事につながりやすいとも言われています。

ユーザー数が多く、WindowsとMacで互換性があるので、編集データをそのまま渡せる点が特徴です。

求人には、Premiere Proが使える人のみを募集しているものも数多くあります。

これから動画編集で収入を得たいと考えている方には、Premiere Proがおすすめです。

FinalCut ProとAdobe Premiere Proで迷った際の選び方

基本的には Premiere Proがおすすめですが、迷った時の選び方も解説します。

  1. 予算を抑えたい人:Final Cut Pro
  2. 本格的な動画編集がしたい人:Premiere Pro

それぞれ詳しく解説していきます。

【予算を抑えたい人】Final Cut Pro

予算を抑えたい人は、Final Cut Proという選択肢も検討してみてください。

買い切りソフトなので、一度お金を支払えばずっと使い続けられます。

さらに無料のiMovieからも移行しやすいので「とりあえず無料でスタートしたい」という方にもおすすめです。

ただし購入してから1年付近で使わなくなってしまうと、月額制のPremiere Proのほうが低コストで利用できます。

自分がどれくらい編集を続けるかを考えて、購入を決断しましょう。

【本格的な動画編集がしたい人】Adobe Premiere Pro

散々おすすめポイントをお伝えしましたが、本格的な動画編集をしたい人にはやはりPremiere Proがおすすめです。

Premiere Proは、YouTuberやプロの編集者でも使っている人が多いです。

また『君の名は。』や『天気の子』で有名な新海監督も、Premiere Proを使っています。

第一線で活躍するプロも選ぶPremiere Proは、本格的な動画編集がしたい人に最適といえるでしょう。

月商50万円以上の動画編集者を目指す講座『Wonderful Movie Editor』


Wonderful Movie Editor(ワンダフルムービーエディター)では、場所を選ばず月収50万円を目指せる完全網羅型の動画編集講座を受講できます!

動画の編集技術はもちろん、ディレクターとして活躍する方法や、案件を獲得するノウハウなども学習可能です。
  • 動画編集を本業にしたい方
  • 他の動画編集者と差別化したい方
  • 編集に興味のある初心者の方

など、これから伸びるであろう動画コンテンツ制作を学びたい方は、ぜひ受講を検討してみてください。

【教材はちょっと高いなぁ…】 そんな人は2,480円で各講座を受講体験できる「人生逃げ切りサロン」へ

もし「この教材は自分には早そう……」と感じているなら、まずは人生逃げ切りサロン」へ参加してみませんか?

人生逃げ切りサロンは、約5,000名のメンバーが所属している、フリーランス系のオンラインサロンです。
  • プログラミング
  • 動画編集
  • Webデザイン
  • ライティング
  • ネット物販
など、各界の実力者が集結し、オンライン講座を管理しています。

所属しているだけでプログラミングや動画編集の講座を受講できたり、ビジネスで成功を収めている人と交流できたりと、数多くの特典が魅力です。

参加料金は月額2,480円もしくは年額26,400円とリーズナブルなので、これから「将来を考えてビジネスを始めたい」という方にピッタリ。

ビジネススキルを身につけて、人生を逃げ切りたいと考えている方は、ぜひ加入をご検討ください