【注目】コーディングの副業は稼げる!始めるまでの準備や必要なスキルを紹介

「コーディングで副業はできる?」
「どうやってコーディングの副業を探せばいい?」
「コーディング以外にスキルは必要?」

趣味でブログを作ったり、仕事でWeb制作に携わったりして、コーディングをある程度習得している方は多いのではないでしょうか。

せっかくコーディングのスキルを持っているのなら副業でお金に換えられたら嬉しいですよね。

しかし、本当にコーディングで稼げるのか、どのように副業を始めればいいのかなどが分からず、なかなか行動を起こせずにいる方が少なくありません。

そこでこの記事では、コーディングを副業に活かせないか迷っている方のために以下の内容を解説していきます!

  • コーディングが副業に向いている理由
  • コーディングの副業に必要なスキル
  • 副業を始めるまでの準備
  • 副業を探す方法

コーディングは時給制の副業よりも時間の融通が効きやすかったり、初期費用をかけずに始められたりするのがメリットです。

コーディングを活かした副業を検討している方は、ぜひこの記事でイメージをつかんでくださいね。

コーディングが副業に向いている2つの理由

コーディングを活かした副業をおすすめするのには、次の2つの理由があります。

  1. 需要が高い
  2. 習得のハードルが低い

それぞれ確認し、コーディングは副業の手段に向いているということを頭に入れておきましょう。

【コーディングがおすすめの理由1】需要が高い

コーディングは需要が高いスキルです。

なぜなら、Webサイトを作る機会が多く、常に仕事が生まれているから。

簡単にWebサイトを作れるツールの登場により、コーディングの需要が下がったと思われがちです。

しかし新規制作はもちろん、昔作ったサイトのリニューアルやスマホへの対応などで需要が途切れない状態にあります。

そして高い需要に見合った優秀な人材が不足しているのが現状。

高いレベルや豊富な経験を持ったWebデザイナーが少ないため、十分なスキルがあればクライアントから求められる上位の存在になれるでしょう。

【コーディングがおすすめの理由2】習得のハードルが低い

HTMLやCSSは理系出身でなくても比較的簡単に習得できます。

そのため、趣味や仕事で表面的に仕組みを学んだだけの方でも、スキルを実戦レベルに引き上げるのは難しくありません。

例えばWebマスターコース(オンラインで行うビデオレッスンサービス)では9時間程度、ドットインストール(動画学習サービス)の無料コースでは8時間程度でHTMLとCSSのカリキュラムを終了できます。

1日1、2時間程度の勉強で1週間ほどで基本を学べる計算です。

さらに応用的な勉強に進んでも、他のプログラミング言語よりも短い時間で副業ができるレベルにまで持っていけるでしょう。

コーディングの副業に必要なスキル7選

コーディングは誰でも挑戦しやすい副業なので、その分ライバルが増えやすい一面があります。

そのため、コーディング以外のスキルも身につけて他のWebデザイナー・コーダーと差別化し、自分の市場価値を高めておくのをおすすめします。

こちらでは、コーディング以外に副業で役立つスキルを7つ紹介します。

  1. デザイン
  2. UIデザイン
  3. JavaScript
  4. WordPress
  5. レスポンシブデザイン
  6. ディレクション
  7. 営業力

様々なスキルを身につけて仕事の幅を広げたり、副業を探す際に自信をアピールできるポイントを増やしたりしておきましょう。

【副業に必要なスキル1】デザイン

通常Webサイトのコーディングを行う場合、デザインカンプと呼ばれる見本を参考にします。

このデザインカンプの作成も自身で担当できるようにしておけば、デザインの提案からWebサイトの完成まで一貫して受注できるようになりますよ。

ワンストップでWebデザインができると、副業する側は仲介を挟むごとにマージンを抜かれることがなくなったり、クライアントにとっても複数人に仕事を発注する手間が省けたりするため、お互いにメリットが生まれます。

そのため、デザインソフトを使ってビジュアル面を提案できるようにしておきましょう。

Adobeの各ソフトやデザインの基本的なルールを知り、Webサイトに挿入する素材やデザインカンプを制作できるのが理想です。

【副業に必要なスキル2】UXデザイン

デザインカンプは資格的なデザインを整えるのに対し、UXデザインではユーザーが体験する機能面を考えます。

UXデザインを自身で提案できると、さらに満足度の高いWebサイト制作が可能になります。

通常のデザインと同様、ワンストップでWebサイトを作れるようになるのが理想です。

スキルアップするためにはたくさんのUXデザインに触れることが重要。

座学でデザインの原理を学ぶだけでは、ユーザーの心を動かすための感覚的なデザイン力を磨けないからです。

プロのWebデザイナーが作った作品を見て分析しながら、デザインの意図を読み取る目を養いましょう。

【副業に必要なスキル3】JavaScript

JavaScriptは、HTMLやCSSでコーディングしたサイトに動きをつけるのに必要なプログラミング言語です。

  • 検索機能を持たせる
  • ポップアップウィンドウを表示させる
  • リアルタイムでグラフの内容を更新できる
  • ビジュアルをスライドさせて表示内容を変えられる

など、完成度の高いWebサイトでユーザーに華やかさを感じさせられますよ。

また言語の文法だけでなく、JavaScript用のライブラリやフレームワークを一緒に習得しておきましょう。

用語解説
  • ライブラリ:よく使う機能を集めたもの
  • フレームワーク:アプリケーションの設計に必要な骨組み

どちらも使いこなせれば開発の効率化や時短につながります。

▼コーディングも学べるWebデザイン講座▼

【副業に必要なスキル4】WordPress

WordPressは、サイト制作に必要な機能を集約して運営しやすくする管理システムのこと。

ブログ制作のイメージが強いWordPressですが、企業のメディア開発でもよく使われています。

WordPressを構築したり、コーディングでサイトデザインを自由に変えたりする方法を知っておくと、副業に活かせますよ。

副業でこなせる案件でもWordPressの使用を前提とした募集がよくあるので、ぜひ使い方を知っておきましょう。

【副業に必要なスキル5】レスポンシブデザイン

レスポンシブデザインとは複数の端末で柔軟に対応できるデザイン性のこと。

パソコンだけでなくスマートフォンやタブレット端末でも乱れることがないデザインが理想です。

レスポンシブデザインを組めばユーザーの満足度を得られたり、Googleから高評価を得たりできます。

特にスマートフォンでインターネットを閲覧するユーザーはかなり多いので、最適化の方法を習得しておきましょう。

【副業に必要なスキル6】ディレクション

副業でより本格的に稼ぎたい場合、ディレクションのスキルを磨いてきましょう。

ディレクションはコーディングよりもさらに上流工程の仕事です。

プロジェクトの人員や進行を管理する立場に回るのでコーディング以外にもマネジメント力などが求められます。

仕事の難易度や責任が上がる分、コーディングだけの仕事よりも高い報酬が期待できますよ。

プロジェクトに関わる他の職業との連携や、クライアントからのヒアリングなどをできるよう、普段から意識して行動することがおすすめです。

【副業に必要なスキル7】営業力

コーディングを副業にするなら、営業力が必要です。

副業は会社に雇われるのではなく、個人で仕事を探すことがほとんどだから。

過去の実績の紹介や、課題を解決に導く的確なアイディアなどを含めて営業することがポイントです。

ただし、複数の案件に同じ応募文を使い回すのはNG。

クライアントから手抜きのような印象を持たれ、他の応募者に仕事が回る可能性があります。

クライアントの要望を理解し、最適な提案を行うようにしましょう。

コーディングの副業を始めるまでの3つの準備

こちらではコーディングの副業を始めるための準備を、3段階で解説します。

  1. 基礎的なコーディングを習得する
  2. テンプレートを使いこなす
  3. ポートフォリオを用意する

もちろん、すでに習得できていることがあれば手順の途中から始めても問題ありません。

それぞれ確認し、まずはコーディングで稼ぐためのスタートラインに立ちましょう。

【副業の準備1】基礎的なコーディングを習得する

まずはコーディングの基礎を習得します。

副業では即戦力が求められるためです。

コーディングでは他のアルバイトでの副業のように、仕事を始めてからゆっくり先輩に教えてもらえるということはほぼありません。

応募時点で、クライアントからの要望に合わせて柔軟にコーディングできることが前提です。

オンライン講座などを活用し、ある程度の制作はできるようにしておきましょう。

【副業の準備2】テンプレートを使いこなす

HTMLやCSSにはテンプレートがあります。

テンプレートとは、あらかじめ骨組みが完成していてテキストや画像を差し替えるだけで使えるファイルのことです。

コーディングでテンプレートを使うことで以下のメリットが生まれます。

  • レイアウトやデザインを1から考えなくて良い
  • レスポンシブデザイン(複数デバイスへの対応)が簡単になる
  • 実力以上の表現ができる

テンプレートを使えば表現の幅が広がり、効率的にコーディングできるようになります。

副業の作業効率を上げるため、使用するテンプレートの候補をいくつか持っておくと便利です。

【副業の準備3】ポートフォリオを用意する

基礎的なコーディングとテンプレートを習得すれば、ある程度のWebサイトはデザインできます。

ここまで準備してきたことを活かしてポートフォリオを作りましょう。

ポートフォリオとは、自身の実績をまとめた作品例のこと。本番同様にWebサイトをコーディングし、人に見せられるような状態で公開します。

デモサイトを作ったり、SNSやブログにまとめたりして公開しましょう。

自分の実力を示す材料として使えるので、営業にきっと役立ちますよ。

コーディングの副業を探す3つの方法

コーディングができるようになっても、行動を起こさなければ制作を受注できません。

こちらでは副業を探す方法を3つお伝えします。

  1. クラウドソーシング
  2. エージェント
  3. ブログやSNSを活用する

それぞれの方法で特徴が異なりますので、確認しておきましょう!

【副業の探し方1】クラウドソーシング

クラウドソーシングは、仕事を頼みたい人と受注したい人の仲介を行っているサービスです。

サイト側がクライアントからお金を一時的に預かる「仮払い」のシステムがあるので、売り上げを回収しそびれる不安を解消できます。

代表的なサービスは、クラウドワークスやランサーズです。

どちらもコーディングに関する案件が活発に募集されているので、ぜひ一度サイトを確認してみてください。

【副業の探し方2】エージェント

エージェントは、クライアントとフリーランスの間に立って仕事探しをサポートしてくれるサービスです。

副業のフリーランスでも登録できます。

求人探しから条件のすり合わせまでエージェントが行ってくれるので、副業探しに手間がかかりません。

また、エージェントにしか掲載されていないクローズドな募集に出会える可能性があります。

一人で副業を探すのが不安な方は、エージェントの利用を検討しましょう。

【副業の探し方3】ブログやSNSを活用する

ブログやSNSをきっかけに、相手側からコーディングを依頼されるケースがあります。

ポートフォリオなどを見かけたクライアントが「ぜひこの人に制作を頼みたい」と感じるかもしれません。

また、SNSの知り合いから仕事をもらうのも1つの手法です。

副業をする上で知らない人から受注するよりも、相手の素性がわかっていたほうが何かと安心できるでしょう。

周りに「サイトを作りたいけどどうすればいいのか分からない」と言っている人がいたら、コーディングを受注するチャンスです!

1案件150万円受注の実績を持つ講師が直接指導する講座『Wonderful Designer』

Wonderful Designer(ワンダフル・デザイナー)では、現役のプロデザイナーが、Webデザイナーとして稼ぐための方法を徹底的に解説しています。
  • 論理的なデザイン構築方法
  • 基礎のプログラミング
  • 案件受注のコツ
など、市場価値の高い「コーディングのできるWebデザイナー」になるためのノウハウを網羅しています。

さらに講師への無制限の質問や、永久サポート制度など、Webデザイナーとして活躍するための支援も充実。

「Webデザインで本気で稼ぎたい」「デザインを通して、自由に稼ぐ能力を身に着けたい」と考えている方は、ぜひ受講を検討してみてください。

【教材はちょっと高いなぁ…】 そんな人は2,480円で各講座を受講体験できる「人生逃げ切りサロン」へ

もし「この教材は自分には早そう……」と感じているなら、まずは人生逃げ切りサロン」へ参加してみませんか?

人生逃げ切りサロンは、約5,000名のメンバーが所属している、フリーランス系のオンラインサロンです。
  • プログラミング
  • 動画編集
  • Webデザイン
  • ライティング
  • ネット物販
など、各界の実力者が集結し、オンライン講座を管理しています。

所属しているだけでプログラミングや動画編集の講座を受講できたり、ビジネスで成功を収めている人と交流できたりと、数多くの特典が魅力です。

参加料金は月額2,480円もしくは年額26,400円とリーズナブルなので、これから「将来を考えてビジネスを始めたい」という方にピッタリ。

ビジネススキルを身につけて、人生を逃げ切りたいと考えている方は、ぜひ加入をご検討ください