【売上増】LINE@でもステップメールは利用可能!7つのできることや反応を高めるコツを紹介

「LINE@でステップメールを使うには難しい設定が必要?」
「どんな風に活用すれば成功するの?」

LINE@(LINE公式アカウント)でステップメールが使えると知っても、いざ実戦となるとわからないことがたくさん浮かびますよね。

LINE@では「Lステップ」という外部サービスと連携することで、ステップメールと同様のシナリオ配信が使えるようになります。

そこでLステップのシナリオ配信を使いこなすため、この記事では以下の内容を解説していきます。

  • シナリオ配信でできること
  • メルマガの違い
  • 活用するコツ
  • 使用の注意点

ステップメールに興味がある方や、LINE@で自社商品の訴求やサイトへのアクセスアップを目指している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

LINE@のシナリオ配信(ステップメール)でできること

ステップメールのLINE@版にあたるシナリオ配信には、多くの機能がついています。

ここでは、特に便利な7つの機能を紹介します。

  1. 様々なメディアの使い分け
  2. ユーザー名の差込
  3. 送りたい人だけを抽出して送信
  4. シナリオ分岐
  5. URLのクリック数を自動計測
  6. 送信日時を細かく指定
  7. シナリオ講読状況の管理

【シナリオ配信でできること1】様々なメディアの使い分け

シナリオ配信(ステップメール)でも、通常のLINEと同様に様々なメディアを使い分けられます。

  • 音声
  • 動画
  • 画像
  • PDF
  • ボタン
  • スタンプ
  • 位置情報
  • カルーセル

カルーセルとは、数個のパネルを横に並べ、ユーザーがスワイプして閲覧する形式の情報です。

これらの複数のメディアを組み合わせれば、テキストメールよりも自由度の高い視覚的な訴求ができるのです。

読者にとっても楽しい、印象に残りやすいメッセージが完成しますよ。

【シナリオ配信でできること2】ユーザー名の差込

テキストメッセージの中に、読者がLINEで使っているユーザー名を差し込めます

1通ずつ宛名を手入力することなく自動で差込できるので、手間を大きく減らせますよ。

小さな工夫ですが、メッセージの中に自分の名前が入っていると「もしかして重要な内容なのかな?」と、読者の興味を引けるのです。

また、メッセージに自分の名前が入っていると読者が親近感を感じてくれます。

心理学的にも「人は自分の名前で1番の心地よさを感じている」という結果が出ているほど効果的です。

「〇〇様への最新のお知らせです」と名前が入るだけで、特別感が増すことでしょう。

【シナリオ配信でできること3】送りたい人だけを抽出して送信

Lステップのシナリオ配信では、送りたい人だけ抽出した上でメッセージを送信できます。

Lステップでは読者にタグを割り当ててグループ化することで、メッセージの送り先を決められるのです。

例えば、以下のようなグループから送り先を抽出できます。

  • 登録した日が近い人
  • LINE@から特定のサイトに訪問したことがある人
  • 商品購入の有無
  • 特定の分野への関心の有無

これらのグループの特徴に合わせてシナリオや訴求する商品を変え、より読者にマッチする情報を届けられます。

【シナリオ配信でできること4】シナリオ分岐

Lステップでは条件を指定すると、途中で別のシナリオに切り替えられます

それぞれの読者に寄り添った内容を配信することで、シナリオ配信の効果をさらに高められるのです。

例えばビジネスに関するLステップの中で、起業に関するURLに頻繁にアクセスしている読者グループがいたとしましょう。

そのグループを、途中から起業に関するシナリオBに切り替えれば、読者の興味に一致する配信ができます。

必要に応じて分岐していくことで、より深く読者のニーズに答えられる点は、Lステップのメリットです。

【シナリオ配信でできること5】URLのクリック数を自動計測

メッセージの中にURLが含まれている場合、Lステップではクリック数を自動で計測してくれます。

メッセージを受け取った読者のうち、何人が実際にサイトにアクセスしたのかがひと目でわかるのです。

もし数値が想定よりも低ければ、どのように改善していくか考えるきっかけになるでしょう。

さらに、ひとつのメッセージの中に複数のURLが含まれていれば、どちらのページの方が読者に好まれているのかを知る指標にもなります。

これらを把握し、次のメッセージに生かしていけば、より良いシナリオ配信(ステップメール)に成長しますよ。

【シナリオ配信でできること6】送信日時を細かく指定

Lステップのシナリオ配信(ステップメール)では、1通ごとに細かな送信日時の設定が可能です。

読者ごとに読まれやすい時間帯で送信予約をすれば、さらに満足度の高い配信が実現できます。

例えば、購入した商品がなくなりそうな頃に次のシナリオを届けると、次の購入を検討してもらえるでしょう。

また、読者がスマホをよく触るであろう、昼休みや通勤の時間帯に合わせてメッセージを送ることも可能です。

送信日時の設定を活用して、さらに高い開封率を目指しましょう。

【シナリオ配信でできること7】シナリオ講読状況の管理

Lステップには、シナリオごとに講読状況を確認する機能があります。

読者のうちの何人がシナリオを講読中なのか、最新分まで読み終わった人は何人いるのかなどを知れるのです。

そして具体的に、どの読者がシナリオを読んでいるのかまで確認できます。

このデータを元に、講読が終わったグループに感想を聞いたり、次のシナリオに移したりして、さらなるアプローチに進めます。

講読状況に応じて、最適な展開を考えましょう。

メルマガに代わってLINE@のシナリオ配信(ステップメール)を使うべき4つの理由

ステップメールなら、今まで主流だったメルマガでも配信ができます。

しかし、どうせステップメールを送るならメルマガよりもLINE@の方が断然おすすめ。

ここからはなぜLINE@を使うべきなのか、具体的な4つの理由を説明します。

  1. アクティブユーザーが厚いから
  2. LINE@の方が到達率・開封率が高いから
  3. リッチメニューなどのメルマガにない機能が使えるから
  4. コストが安く抑えられるから

【LINE@を使うべき理由1】LINEの方がアクティブユーザーが多いから

1つ目の理由は、メールよりもLINEの方がアクティブユーザーが圧倒的に多いことです。

市場調査メディアのホノテによる調査では、「プライベートで最も使用頻度が高いコミュニケーションツール」について次の結果がわかりました。

  • 1位:LINEトーク 60.9%
  • 2位:音声通話 17.4%
  • 3位:メール 12.7%

(参考:https://honote.macromill.com/report/20180620/

なんとLINEを普段から使う人は、メールよりも5倍近くも多いという結果が出たのです。

もし発信活動をするのなら、アクティブユーザーの多い領域に参入した方が、効率的に情報を届けられることでしょう。

【LINE@を使うべき理由2】LINEの方が開封率が高いから

2つ目の理由は、メルマガと比べるとLINEの方が到達率・開封率が高いことです。

具体的な数値は次の通りです。

  • LINEの開封率:50.7%
  • メルマガの開封率:10%

(参考:https://linestep.jp/lp/01/comparison.html

読者による関心が薄いからではなく、一方的なスパムメールの増加が原因で、企業からのメルマガまで迷惑メールと認識されることがあるのです。

メッセージが確実に開封されるLINEの方が企業にとって無駄がないですし、読者に確実なアピールができますよ。

【LINE@を使うべき理由3】リッチメニューなどのメルマガにない機能が使えるから

3つ目の理由は、LINEだとメルマガにはない機能が使えることです。

メルマガよりも自由度が高いメッセージを送れるのです。

例えば、代表的なのがリッチメニューという機能。

トーク画面の中で本来ならキーボードが表示される位置に、大きなメニューを表示できるのです。

メニューの中には次のような内容を設置できます。

  • サイトへのリンク
  • 会員バーコード
  • 画像

よく使う機能や重要なお知らせがリッチメニューにまとまり、読者にとっても便利な機能です。

他にも、アンケートフォームや自動返信が使えます。

これらの機能が、専門的な知識なしに使えるのは大きな利点ですね。

【LINE@を使うべき理由4】コストが安く抑えられるから

4つ目の理由は、LINE@はコストを安く抑えて利用できることです。

LINE@(LINE公式アカウント)は無料から、Lステップは月額2,980円から使えるのです。

LINE@とLステップ同様の機能が備わったメルマガサービスを探すと、大抵は数千円〜数万円の月額費用がかかってしまいます。

LINE@とLステップを組み合わせた方が安く、読者への親和性の高いメッセージ配信ができるでしょう。

以下のLステップについて詳しくまとめた記事も確認してみてください。

▼Lステップの基本機能やメリットなどをまとめた記事はこちら▼

Lステップ(LINEステップ)の3つの料金プランとは!利用するメリット・デメリットも解説

>>Lステップ(LINEステップ)の3つの料金プランとは!利用するメリット・デメリットも解説

LINE@のステップメールの効果を高める5つのコツ

LINE@のステップメールの効果を高めるための、簡単なコツが5つあります。

  1. 送信日時を工夫する
  2. セグメント配信をする
  3. 効果測定を活用する
  4. コンサルを活用する
  5. クーポンを併用する

【LINE@のコツ1】送信日時を工夫する

効果を高めるためには、送信日時を工夫してみましょう。

読者がスマホを触っている最中に届いたメッセージの方が、開封される確率が高まるからです。

例えば、通勤通学の時間帯や、帰宅後の余暇の時間がメッセージ配信におすすめ。

読者がメッセージを読みやすい日時を狙って送信するようしてくださいね。

【LINE@のコツ2】セグメント配信をする

LINE@のセグメント配信の機能を活用するのも、効果を高めるのにおすすめです。

セグメント配信とはメッセージを受信する読者をグループ分けした上で、それぞれに合わせた内容のメッセージを送る手法です。

  • 年齢
  • 職業
  • 性別
  • 地域

このような条件で読者を分け、メッセージ配信の参考にします。

もし若い学生の読者に保険に関する情報を熱心に送っても、読者にはいまいちピンと来ないですよね。

セグメントを適切に選んでメッセージを送ると、ユーザーにとって不要な情報が届くことを防ぎ、ブロック率を下げられます。

【LINE@のコツ3】効果測定を活用する

Lステップに搭載されている効果測定の機能を積極的に活用しましょう。

的確な効果測定ができれば、運用の弱点を洗い出すことができ、次回の配信のために改善点を探せます。

Lステップでは以下のような効果測定が可能です。

  • URLのクリック率
  • 流入経路
  • 商品購入率
  • 動画の視聴時間

例えば、チラシやサイトなどの宣伝媒体のうち、どこから友だち登録してくれる読者が多いのか知ることで、それぞれに合わせたシナリオを配信できます。

また、友だち登録率の多い媒体への広告予算を増やせば、さらに読者を増やすこともできますよ。

最初から搭載されている効果測定機能を有効活用して、より興味が出る内容を発信しましょう。

【LINE@のコツ4】コンサルを活用する

Lステップでは電話やチャットでのコンサルを受けられます。

シナリオ配信で思うような結果を出せない場合、プロの目線からアドバイスをもらいましょう。

コンサルは料金は最初の30分が無料、それ以降が11,000円です。

一般的なスポットコンサル費用よりも安く、対面で必要な出張費などもかからずに相談できます。

方向性で行き詰まる前に、コンサルを活用しましょう。

仮に30分では解決ができそうにないという場合は、教材を使って勉強するのもおすすめです。

Wonderful Step(ワンダフルステップ)では、LINEマーケティングコンサル日本No. 1講師が直接指導をしてくれるため、かなり効果的なLステップ配信ができるようになります。

「自分ではなかなか成果が出ない……」という方は、ぜひコンサルやWonderful Step(ワンダフルステップ)などの教材を使ってみてください。

【LINE@のコツ5】クーポンを併用する

ステップメールの中で、適度にクーポンを発行するのもおすすめです。

クーポンによって読者の興味をつなぎとめ、ブロック率を下げられるのです。

さらには商品の成約率も上がるため、売上アップにもつながります。

読者が「使いたい!」と思えるような、魅力的なクーポンを配信しましょう。

LINE@のシナリオ配信(ステップメール)の注意点5つ

ここまでLINE@のステップメールのポジティブな面を中心にお伝えしてきましたが、もちろん注意点もあります。

注意点を抑えて、失敗のないステップメール運用をしてくださいね。

  1. ブロックされる可能性がある
  2. 時事ネタ、季節の挨拶は省く
  3. LINE公式アカウントだけでは機能が使えない
  4. 最新の情報は別で送信する必要がある

【シナリオ配信の注意点1】ブロックされる可能性がある

LINEでは簡単な操作で、メッセージの受信をブロックできます。

メルマガのように「購読解除」のリンクを踏むこと無く、少しのタップだけでブロック可能です。

ブロックされると、読者のメッセージが届かず、友だちの一覧にも表示されなくなってしまいます。

読者に不快に思われないよう、送信の頻度や時間帯をよく考えながら運用し、ブロックを防いでくださいね。

【シナリオ配信の注意点2】時事ネタ、季節の挨拶は省く

ステップメールの中では、時事ネタや季節の挨拶を入れないようにしましょう。

なぜなら、読者によって読んでいるタイミングが異なるからです。

  • メリークリスマス!
  • 最近暑いですが、体調はいかがですか?
  • 良い週末を。

このような言葉はステップメールではなく、最新のメッセージの中で使いましょう。

【シナリオ配信の注意点3】LINE公式アカウントだけでは機能が使えない

繰り返しになりますが、LINE公式アカウントだけでは、ステップメールを配信することはできません。

Lステップという外部サービスと連携して初めて使えるようになる機能なのです。

一番安いプランなら2,980円で利用できます。

送れるメッセージ数が月に1,000通までと限りがありますが、まずは機能を試してみたい方にはおすすめです。

【シナリオ配信の注意点4】最新の情報は別で送信する必要がある

ステップメールの性質上、最新の情報は別のメッセージで送信する必要があります。

途中で変更もできますが、基本的にステップメールはあらかじめ決められた文章を固定で送る機能だからです。

「最新の商品が今だけで限定で〇〇円!」とステップメールの中に表記すると、設定を変更しない限りいつまでも同じ文章が使われてしまいます。

緊急性や限定生のある情報はステップメールには盛り込まず、個別で送るようにしましょう。

【シナリオ配信の注意点5】直接的なアフィリエイトはできない

ステップメールの中では直接的なアフィリエイトができません。

これは、LINE側の利用規約によるものです。

第18条(禁止行為)(6) 当社の事前の承諾なくLINE公式アカウントを第三者のための広告媒体として使用する行為(第三者の商品、サービスについてLINE公式アカウントを利用して宣伝することを含みますが、これに限りません。)

(参考:https://terms2.line.me/official_account_terms_jp

もしアフィリエイトが必要なビジネスモデルの場合、ステップメールから外部ページに誘導した上でリンクを踏ませるように設計しましょう。

毎月の売上を2倍,3倍に増やしていく為のLステップ講座 『Wonderful Step』


LINEマーケティングコンサル日本No. 1講師が直接指導してくれる完全網羅型の講座Wonderful Step(ワンダフルステップ)
  • Lステップのノウハウが凝縮された動画コンテンツ
  • 無制限の質問対応
  • 専用SLACKグループの招待
  • 月に1回のグループ勉強会
  • 2週間に1度の個別zoom相談権利
など、Lステップによるセールス自動化で商品の売上をグングン伸ばしたい方にうってつけです!