YouTubeでのマーケティング戦略3選!メリット・デメリットと成功事例も紹介

「自社商品・サービスの宣伝のためにYouTubeを活用したい」
「マーケティングにおけるYouTubeを運用するメリット・デメリットを知りたい」
「YouTubeマーケティングに成功している企業の成功事例を知りたい」

こんな悩みを抱えている人がいるのではないでしょうか。

近年では新型コロナウイルスの影響もあり、動画コンテンツを視聴する人が増加しました。中でも自分の興味がある動画を無料で視聴できるYouTubeは、人気を集めています。

無料で動画を配信できるのは、企業とっても大きなメリットです。YouTubeは、レビやCMとは違い、低コストで自社商品・サービスの魅力を見込み客に届けられます。

そこでこの記事では、YouTubeとマーケティングについて以下の内容を解説します。

  • YouTubeでのマーケティング戦略
  • YouTubeマーケティングのメリット・デメリット
  • 企業でYouTubeマーケティングを成功させた事例
  • YouTubeマーケティングを成功させるポイント

YouTubeを活用して、自社商品・サービスの認知度と売上の向上を目指している方は、ぜひ最後までお読みください。

YouTubeでのマーケティング戦略3選

ここでは、YouTubeでのマーケティング手法を3つ解説します。

  1. 自社でYouTubeチャンネルを運用する
  2. YouTube広告を出稿する
  3. 人気YouTuberを起用する

YouTubeではコストをかけるマーケティング手法もあります。自社に最適な手法を選ぶためにも、目を通しておきましょう。

1. 自社でYouTubeチャンネルを運用する

自社でYouTubeチャンネルを運用すれば、コストをかけずに商品・サービスのアピールが可能です。YouTubeチャンネルで新商品の宣伝や開発の裏側などを発信することで、ユーザーに自社の魅力を知ってもらえます。

しかし自社で運用する際は、動画編集スキルがある社員やマーケティング能力に長けた人材が必要です。チャンネルを伸ばすには、視聴しているユーザーにストレスを与えない動画を作成したり、企画力が必要になったりするためです。

またすぐに結果が出るわけではありません。有益な発信を続けていき、少しずつチャンネル登録者が増えていくケースが多いので、継続的に動画を配信する必要があります。

2. YouTube広告を出稿する

YouTubeに広告を出稿して、自社の商品・サービスをアピールする方法もあります。YouTube広告は、以下の6つから選択可能です。

インストリーム広告 ・YouTubeの動画を再生する前、途中、後に流れる広告
・スキップ可能な「スキッパブル広告」とスキップできない「ノンスキッパブル広告」がある
バンパー広告 ・YouTubeの動画を再生する前、途中、後に流れる広告
・6秒間動画をスキップできない
アウトストリーム広告 YouTube以外のサイトやアプリ内で表示されるモバイル専用の動画広告
ディスカバリー広告 YouTubeで動画を検索した際、検索結果の画面に表示される広告
マストヘッド広告 YouTubeのサイトを開いた際にトップ画面に表示される広告
ディスプレイ広告 YouTubeを再生した際に、動画内の下部に表示されるバナー広告

YouTube広告は、自社のチャンネルを運用していなくても配信可能です広告が非表示になる「YouTubeプレミアム」へ加入していなければ、ユーザーは商品・サービスの宣伝を必ず視聴します。

コストはかかりますが、ターゲットに商品やサービスを宣伝できるメリットは大きいでしょう。

3. 人気YouTuberを起用する

登録者の多いYouTuberを起用して、自社商品・サービスを紹介してもらう手法もあります。登録者が多いほど、リーチできるユーザーが増えるため、認知度アップが期待できます。

YouTuberのファンが購入・利用してくれる可能性があるため、売上向上にもつながるでしょう。しかし影響力の高いYouTuberほど、起用に高いコストがかかってしまうのがデメリットです。

また、YouTuberが炎上した際に影響を受ける可能性もあります。自社商品・サービスを紹介してくれるYouTuberの選定は、慎重に行いましょう。

YouTubeマーケティングのメリット3選

ここでは、YouTubeマーケティングのメリットを3つ解説します。

  1. 幅広い年代にリーチできる
  2. コストパフォーマンスが高い
  3. コンテンツが資産になる

YouTubeマーケティングを実施する前に、メリットを把握しておきましょう。

1. 幅広い年代にリーチできる

YouTubeを活用すると、幅広い年代に自社商品・サービスを認知してもらえる可能性が高いです。

YouTubeは、全世代で高い利用率を誇っています。その理由は、幅広いジャンルのコンテンツがあり、基本無料かつ気軽に視聴できるためです。

文章では伝わりにくいことを動画で説明できるため、自社商品やサービスを購入・利用してくれる顧客が増える可能性があります。

SNSに触れる機会が少ない人でも気軽に視聴できるところが、幅広い年齢層に利用されている理由と言えます。

2. コストパフォーマンスが高い

YouTubeマーケティングは、コストパフォーマンスが高い施策です。YouTubeは広告などを活用しない限り、基本的に無料で実施可能です。大きく費用がかかるテレビやCMとは違い、たくさんのユーザーへ動画を使った発信が無料でできます。

さらに動画の保存に費用もかからないため、追加料金も必要ありません。YouTubeは無料で始められるにもかかわらず、コアなファンを獲得できる可能性が高いSNSです。

3. コンテンツが資産になる

YouTubeの動画は、企業にとっての資産になります。一度動画をアップしてしまえば、サービスが終了しない限り、YouTube上にコンテンツが残り続けるためです。

手を加えなくても、アップした動画が自社の商品・サービスを宣伝し続けてくれます。宣伝だけでなく、商品・サービスの紹介やよくある質問への回答など、さまざまな機能を果たしてくれるでしょう。

YouTubeマーケティングのデメリット2選

ここでは、YouTubeマーケティングを実施するデメリットについて2つ解説します。

  1. 炎上のリスクがある
  2. 軌道に乗るまでに時間がかかる

YouTubeでの発信が原因で、企業のイメージダウンにつながる場合もあります。対策を立てるためにも、デメリットを確認しておきましょう。

1. 炎上のリスクがある

YouTubeマーケティングを行う際は、炎上に注意しなければなりません。視聴者に不快感を与えたり、低評価がつけられたりした動画には、苦情のコメントが殺到します。

企業の信頼性が下がり、ユーザーが商品・サービスにネガティブなイメージを持ってしまう可能性があります。一度炎上すると、信頼性を回復させるのは非常に大変です。

動画を公開する前に複数人で確認を行うなど、炎上が起きないように対策を立てましょう。

2. 軌道に乗るまでに時間がかかる

YouTubeは、チャンネルを軌道に乗せるまでに時間がかかります。トレンドに上手く乗ることができたなどの特別な事例がない限り、1本動画を上げただけでチャンネルを伸ばすのは難しいでしょう。

そのため、継続的に発信を行い、少しずつ登録者が増やしたり、ファンを獲得したりする必要があります。

また人気YouTuberを起用して視聴回数は増えても、登録者の爆発的な増加は見込めないでしょう。視聴者は企業に興味があるのではなく、YouTuberを見にきている可能性が高いためです。

軌道に乗るまで時間がかかることを念頭におき、チャンネルを運用しましょう。

企業でYouTubeマーケティングを成功させた事例3選

ここでは、企業でYouTubeマーケティングを成功させた事例を3社紹介します。

  1. エイベックス株式会社
  2. 株式会社バンダイ
  3. ルイ・ヴィトン

どのような運用方法で成功させたのかを把握して、自社でチャンネルを運用する際の参考にしてください。

1. エイベックス株式会社

エイベックス株式会社は、2023年6月時点でチャンネル登録者数596万人を誇ります。エイベックス株式会社のYouTubeチャンネルでは、所属しているアーティストの動画配信を定期的に実施しています。

それぞれのファンが最新情報を逃さないために、チャンネル登録をしている事例です。

好きなアーティストが配信されれば、多くのファンが視聴します。自分に興味がないアーティストの配信ばかり続いても、チャンネル登録を外す可能性が低いアカウントと言えます。

2. 株式会社バンダイ

株式会社バンダイでは、2023年6月時点でチャンネル登録者数98.3万人を誇ります。小学生に人気なYouTuberやインフルエンサーに自社商品を紹介してもらい、人気を集めている事例です。

動画では、ターゲットである小学生に人気があるYouTuberがおもしろおかしく商品を紹介しています。人気YouTuberを活用したYouTubeマーケティングの参考になるアカウントです。

3. ルイ・ヴィトン

ルイ・ヴィトンは、2023年6月時点でチャンネル登録者数220万人を誇ります。普段見ることができない制作の裏側を見せることで、企業の信頼獲得に成功している事例です。

ルイ・ヴィトンがアップしているコンテンツの中に、1300万回再生されている動画があります。それは職人が実際に工場でルイ・ヴィトンの商品を作っている姿を映したものです。

ユーザーに制作の裏側を見せることで、商品に対する想い伝え、顧客の信頼を得ています。

YouTubeマーケティングを成功させるポイント5選

ここでは、YouTubeマーケティングを成功させるポイントを5つ解説します。

  1. チャンネルのテーマを決める
  2. ターゲットを明確にする
  3. 投稿頻度を高める
  4. 他の媒体への導線を作る
  5. 質の高い動画を作成する

ただ動画をアップするだけでは、YouTubeでの集客や販売は上手くいきません。成功させるポイントを把握して、自社のチャンネルに取り入れましょう。

1. チャンネルのテーマを決める

YouTubeを活用する際は、チャンネルのテーマを決めてから運用を始めましょう。

近年では個人や企業がYouTubeに参入してきて、複数のコンテンツが配信され続けています。テーマを決めて差別化を図らないと、他のチャンネルに埋もれてしまうでしょう。

例えば「SNS運用会社が伸びる投稿を作るためのノウハウを1本10分程度で解説する」など、テーマを決めてください。

テーマが決まれば、コンテンツの内容も決まります。テーマをはっきりとさせた上でコンテンツの内容を充実させれば、見込み客に響く動画を作成できるでしょう。

2. ターゲットを明確にする

効率的にYouTubeマーケティングを行いたいなら、ターゲットを絞る必要があります。たくさんのユーザーがいるYouTubeで、全ユーザー向けのコンテンツを作成するのは難しいです。

自社商品・サービスをどのような人に届けたいのかを明確にしましょう。例えば以下の項目で、細かくターゲティングを行います。

  • 性別
  • 年齢
  • 住んでいる地域
  • ライフスタイル
  • 動画を視聴する時間帯

本当に情報を届けたいターゲットに響くコンテンツになり、コアなファンが獲得できる可能性が高まります。

3. 投稿頻度を高める

YouTubeチャンネルを開設したら、可能な限り投稿頻度を高めましょう。例えば、2週間に1回だけしか動画を更新しなかったら、毎日投稿する場合よりも登録者になってくれたユーザーが離れてしまう可能性が高いです。

チャンネルに興味を持っているけれど「動画が更新されないならチャンネル登録をしている意味がない」と、思われてしまうためです。

またコンテンツの量が少ないと、どのような動画が視聴回数が高いのかなどの分析もできません。YouTubeマーケティングを成功させたいなら、投稿頻度を高めたり、チャンネルを分析したりすることが大切です。

4. 他の媒体への導線を作る

YouTubeマーケティングを行う際は、他の媒体への導線を作りましょう。例えば、YouTubeで商品・サービスの概要を解説した後の導線として、以下の手法が挙げられます。

  • LINEの友達追加を促す
  • メルマガに誘導する

YouTubeで興味を持った見込み客を別の媒体で教育できるので、商品・サービスを購入してくれる可能性を高められます。どの媒体への導線を作るかを考えてから、YouTubeの運用を始めましょう。

5. 質の高い動画を作成する

YouTubeで公開する動画は、質の高さを重視しなければなりません。質が高いとは、以下のような動画を指します。

  • 色彩が整っていて見やすい
  • 聞き取りやすい発音
  • 高評価を得やすい企画

動画を視聴した際に、見づらくて、聞き取りにくかったら、ユーザーから途中で離脱される可能性が高くなるでしょう。

最後まで視聴してもらえないとYouTubeのアルゴリズムからも評価されません。運用しているチャンネルが伸びる可能性も低くなってしまいます。

そのため、YouTubeマーケティングを成功させるには、動画編集スキルが重要です。動画編集スキルを学ぶなら、ワンダフルムービー2.0の受講をご検討ください。

ワンダフルムービー2.0を受講すれば、30本の動画コンテンツを活用しながら、最短1ヶ月で動画編集スキルが身につきます。さらに、動画編集の基礎を学習しながら課題を提出して、講師が直接添削してくれるサービスがあります。

「スキル習得に時間をかけられない」「効率的に動画編集を学びたい」という方は、ぜひ講座を受講してみてください。

未経験から動画編集者を目指す講座『ワンダフルムービー2.0』


ワンダフルムービー2.0では、場所を選ばず高月収を目指せる完全網羅型の動画編集講座を受講できます!

動画の編集技術はもちろん、ディレクターとして活躍する方法や、案件を獲得するノウハウなども学習可能です。
  • 動画編集を本業にしたい方
  • 他の動画編集者と差別化したい方
  • 編集に興味のある初心者の方

など、これから伸びるであろう動画コンテンツ制作を学びたい方は、ぜひ受講を検討してみてください。

【教材はちょっと高いなぁ…】 そんな人は2,480円で各講座を受講体験できる「人生逃げ切りサロン」へ

もし「この教材は自分には早そう……」と感じているなら、まずは人生逃げ切りサロン」へ参加してみませんか?

人生逃げ切りサロンは、約5,000名のメンバーが所属している、フリーランス系のオンラインサロンです。
  • プログラミング
  • 動画編集
  • Webデザイン
  • ライティング
  • ネット物販
など、各界の実力者が集結し、オンライン講座を管理しています。

所属しているだけでプログラミングや動画編集の講座を受講できたり、ビジネスで成功を収めている人と交流できたりと、数多くの特典が魅力です。

参加料金は月額2,480円もしくは年額26,400円とリーズナブルなので、これから「将来を考えてビジネスを始めたい」という方にピッタリ。

ビジネススキルを身につけて、人生を逃げ切りたいと考えている方は、ぜひ加入をご検討ください