【即効性大】メルマガに集客するための5つの手法やコツを徹底解説

「メルマガを始めたはいいけど、さらに集客するにはどうすればいいの?」と悩んではいませんか?

自社商品の認知度を高めたり、売り上げアップに効果的なメルマガですが、できれば費用をかけずに集客したいですよね。

結論からお伝えすると、メルマガへの集客には無料でも取り組める方法がたくさんあります。

この記事では、メルマガに集客するために必要な以下の内容を説明していきます。

  • メルマガに集客する具体的な手法
  • メルマガの登録者を増やすコツ
  • 集客ページに必要な項目
  • メルマガの欠点

ピンとくる集客方法がなかなか見出せない方は、ぜひ参考にしてくださいね。

メルマガに集客する具体的な手法5選

メルマガに集客するためには、まずは登録ページに読者を誘導しなくてななりません。

そのために必要な具体的な手法を5つ紹介します。

  1. SNSを活用する
  2. ブログから誘導する
  3. YouTubeチャンネルから誘導する
  4. 無料レポートスタンドを利用する
  5. 有料広告を流す

【集客の手法1】SNSを活用する

1つ目の手法がSNSを活用する方法です。

多くのSNSは、基本無料で利用できます。

さらに利用者も多いので、メルマガをアピールする場としては最適なのです。

例えば、以下のようなSNSが代表的です。

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • LINE

これらの中から、メルマガで訴求したい商品やサービスと相性の良いユーザー層のSNSを選んで集客に使いましょう。

もし旅行に関する訴求であればInstagram、ビジネスの商材の訴求ならFacebookというように、相性の良いSNSを見つけて連携するのがポイントです。

【集客の手法2】ブログから誘導する

2つ目の手法が、ブログから誘導する手法です。

SNSよりもさらに多い情報量で、メルマガのメリットを説明できます。

無料で始められるサービスが多く、コストもほとんどかかりません。

ブログでメルマガの内容の一部を公開すると、続きを読みたいと興味を持つ読者が生まれますよ。

ブログによる誘導は、メルマガの集客に非常に効果的です。

【集客の手法3】YouTubeチャンネルから誘導する

3つ目は、YouTubeチャンネルを使った手法です。

昔と比べると動画制作のハードルが下がり、参入しやすい環境が整ってきました。

さらにYouTubeの視聴者数は日本で6,000万人以上とも言われており、市場が非常に大きい点が特徴です(参考:https://www.netratings.co.jp/news_release/2018/12/Newsrelease20181225.html

再生回数の多い動画を作り、そこにメルマガの登録フォームを載せておくだけで、かなりの集客効果が見込めます。

YouTubeをきっかけにあなたのファンが生まれれば、メルマガへの登録率も高まることでしょう。

【集客の手法4】無料レポートスタンドを利用する

4つ目は無料で使えるレポートスタンドに、オリジナルの情報を公開する手法です。

無料レポートスタンドとは、名前の通り無料で様々なレポートを入手できる専門サイトです。

ユーザーがレポートを手に入れるためには、メルマガへの登録が必須になるため、効率的に読者を集めるとこができるのです。

例えば、以下のようなサイトでレポートの配信ができます。

  • メルぞう
  • まぐぞう
  • スゴ技
  • インフォゼロ

あなたのレポートに興味を持った読者だけが集まる仕組みなので、メルマガからの成約率も上がりやすくなりますよ。

【集客の手法5】有料広告を流す

最後に、有料広告を使った手法です。

有料広告はお金こそかかりますが、即効的に効果を生み出せることが大きなメリットです。

具体的な広告の種類は次の3つです。

  • SNS広告
  • リスティング広告
  • アフィリエイト

特にリスティング広告は、通常の検索結果よりも優先されて目立つ位置にサイトを載せられるので、メルマガの案内ページに大きなアクセスを集められます。

費用に余裕があれば、ぜひ広告も活用してみましょう。

メルマガの登録者数を増やす5つのコツ

具体的にどのようなことをすればメルマガの登録者を増やせるのか、そのコツを5つ紹介します。

  1. 安価な商材で価値を提供する
  2. メルマガの内容に合う適切なSNSを使う
  3. 集客用のページを魅力的なものにする
  4. 口コミを増やす
  5. 読者限定のキャンペーンを盛り込む

【登録者を増やすコツ1】安価な商材で価値を提供する

あえて安価な有料の商材を使って、メルマガの価値をアピールしましょう。

有料とはいえ、すぐに購入できるような安価な価格設定がポイントです。

商品を安く提供し、価値を実感してもらったところでメルマガへの誘導を行うのです。

  • 99円の電子書籍
  • 数百円で使えるメルマガ限定サービス

などはユーザーの購入ハードルが低く、広告塔として使いやすいですよ。

このような有料の入り口を通ってメルマガに登録した人は、成約率が高く見込まれます。

なぜなら、「価値を感じればお金を払うことは惜しまない人たち」が自然と集まるからです。

読者が興味を持つように格安の商品を作って、集客に活用しましょう。

【登録者を増やすコツ2】メルマガの内容に合う適切なSNSを使う

SNSを活用する場合は、メルマガの内容に合うものを選んで使用しましょう。

SNSのユーザー層とメルマガの見込み客が重なるような媒体を選ぶのです。

基本無料で集客に利用できる媒体は以下の通りです。

  • YouTube
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • note

これらの中から、メルマガで宣伝したい商品やサービスのターゲット層が、多く使っている媒体を探します。

総務省のデータを参考にすると各メディアの利用年齢が知れて参考になりますよ。(参考:https://www.soumu.go.jp/main_content/000708015.pdf

例えば、10代の学生向けの情報発信ならTikTokを、30代向けならFacebookというようにSNSを割り出しましょう。

メルマガのターゲットとSNSの利用者層が重なれば、より高い誘導効果が期待できます。

【登録者を増やすコツ3】集客用のページを魅力的なものにする

集客用のページは、魅力的なものにしましょう。

たとえSNSやブログの効果でアクセスを集めたとしても、登録ページに魅力がなければ、ユーザーは内容に目を通すことなく離脱してしまいます。

例えば、以下のような工夫で魅力的な集客ページを作れます。

  • スマホでも見やすいレイアウトにする
  • 文章よりも画像やバナーで直感的に情報を伝える
  • 実際の読者の声を載せる
  • 特典などの情報は特に目立たせる

集客ページ・登録ページにも力を注ぐことで、メルマガ登録の背中を押してあげましょう。

【登録者を増やすコツ4】口コミを増やす

メルマガのファンが、口コミを投稿してくれる仕組みを作りましょう。

価値の高いメルマガを提供できれば、ファンによる口コミで1番コストが低く信頼性のある宣伝ができます。

例えば、次のような工夫を取り入れてみましょう。

  • SNSで広めたくなるようなお得情報の配信
  • SNSへの書き込みに普段から反応を示す
  • 口コミ投稿者に特典を設ける

など、口コミを元にメルマガに興味を持ってくれる人が増えていくのが理想です。

【登録者を増やすコツ5】読者限定のキャンペーンを盛り込む

読者限定のキャンペーンを盛り込み、メルマガに登録したくなるようにしましょう。

「限定」を打ち出されると心理的にも行動を起こしたくなるとされ、経営戦略によく使われています。

  • 読者限定で最新情報をいち早くお知らせ
  • 読者限定の無料コンサル実施
  • 読者は質問し放題

このような限定性を訴求して、読者の心を揺さぶりましょう。

メルマガの集客ページに必要な6項目を解説

繰り返しになりますが、メルマガの集客ページは魅力的なものを作り上げる必要があります。

集客ページには以下の6つの要素を取り入れるようにしましょう。

  1. 悩みの再確認
  2. メルマガを読むことで得られるメリット
  3. 自らの権威性
  4. メルマガ購読者の声
  5. メルマガで情報配信する理由
  6. 登録フォーム

【集客ページに必要な項目1】悩みの再確認

メルマガの集客ページに訪れたユーザーがどのような悩みを持っているのか、最初に再確認しておきます。

悩みを的確に言い当てると、ページやメルマガへの期待感は一気に高まるからです。

  • 〇〇の方法がわからず困っていませんか?
  • 〇〇をもっと効果的に活用する方法をお伝えします。

など、なるべく具体的に掘り下げるのがポイントです。

メルマガに設定しているターゲットを思い出し、読者の悩みを解決するために寄り添いましょう。

【集客ページに必要な項目2】メルマガを読むことで得られるメリット

「メルマガを読むとどのようなメリットがあるのか」を、しっかりと伝えましょう。

読者の悩みは解決可能であることを明らかにし、さらにその先まで連想させられると非常に効果的です。

  • メルマガを読めば〇〇の経営理論について理解を深められます。
  • そうすることで会社の〇〇を改善し、売り上げを〇倍に伸ばせますよ。

数字などを使ってうまく説明できると、より具体性が増して登録につながります。

メルマガを読むことで得られるメリットについては、しっかりと掲載しておいてください。

【集客ページに必要な項目3】自らの権威性

自らの権威性を示しておくことも大切です。

その道のプロであることを強調し、「この人が言うなら間違いはないだろう」と思わせるのです。

  • 資格
  • 数値を伴った実績
  • 周りからの評価

このような内容で、簡単に権威性をアピールできます。

そうすることで読者からの信頼や説得力がさらに上がりますよ。

【集客ページに必要な項目4】メルマガ購読者の声

メルマガ購読者からの声も載せておくと、良さをより知ってもらえます。

メルマガの配信者本人の意見だけでなく、購読者による第3者の声も載せた方が、信頼性をさらに高められるのです。

人は「第三者の評価を信じやすい」という心理学的な効果も立証されています。

  • 読者から届いたメール
  • SNSへの書き込み
  • アンケート結果

これらを活用し、購読者の生の声を活用しましょう。

【集客ページに必要な項目5】メルマガで情報配信する理由

メルマガで情報発信する理由も、ぜひ明記してください。

メルマガに興味を持っても、無料をアピールしすぎるとユーザーが不安になる場合もあるからです。

「質の良い情報が本当に無料なの?胡散臭くない?」

「後から高い商材を売り付けられるんじゃ…」

このように勘ぐってしまう人も少なくありません。

無料メルマガの場合「どうして無料なのか?」を明記して、透明性をアップさせましょう。

【集客ページに必要な項目6】申込フォーム

メルマガの集客ページになくてはならないのが、申し込みフォームです。

申し込みフォームが無いと、いくらページに人を集めたとしても登録者は増えません。

定期的に「登録はこちら」などのボタンを配置し、読者に登録を促してください。

また申し込みフォームは、なるべくシンプルに作ることがポイントです。

住所や電話番号などの必要以上の情報を求めると、個人情報を抜き取ろうとしているのではないかとユーザーに不安を持たせてしまいます。

まずは最低限の記入だけで、メルマガに登録できるようにしておきましょう。

メルマガの欠点について解説

ここまでメルマガのポジティブな面を中心にお伝えしてきましたが、もちろん欠点もあります。

欠点までしっかり把握した上で、今後の運用に役立ててくださいね。

  1. 開封率が低い
  2. メールアドレスを変更されると追えない
  3. メールの利用者数が減っている

【メルマガの欠点1】開封率が低い

実はメルマガの開封率は、そこまで高くありません。

マーケティング会社のコンスタントコンタクトが行った調査によると、メルマガ開封率の平均は16.22%であることが分かりました。(参考:https://knowledgebase.constantcontact.com/articles/KnowledgeBase/5409-average-industry-rates?lang=en_US

1000通送ってもわずか160人しか開封してくれません。メルマガは1通送るごとにお金がかかるので、なるべく多くの人に見て欲しいですよね。

このように、メルマガの開封率が低いことは欠点といえるでしょう。

【メルマガの欠点2】メールアドレスを変更されると追えない

読者のメールアドレスが変更されると、配信できなくなってしまいます。

メルマガに対して、メールアドレスの変更の手続きをとらない読者が多いからです。

メルマガが届かなくなった数よりも多くの新規読者を常に獲得しなければ、読者数は減ってしまうことでしょう。

【メルマガの欠点3】メールの利用者数が減っている

SNSの普及により、メールの利用者自体が年々減っています。

東京工科大学による「大学生の友人との連絡手段」に関する調査では、メール の利用率は32.9%であるという結果がわかりました。(参考:https://www.teu.ac.jp/

反面、LINEの利用者は全世代で86.9%もいると言われており、同じメッセージを送るにしても効果は大きく違います。

年々利用者数が減っているというのは、メルマガの大きな欠点です。

メルマガの欠点を補ってさらに集客するにはLINEも活用しよう

前述したメルマガの欠点を補い、さらに集客効果を出すにはLINE公式アカウントの活用を視野に入れましょう。

LINE公式アカウントを使えば、メルマガと同じように登録者にメッセージを送れます。

さらにLINEには、以下のメリットも存在します。

  • LINEはメールの6倍もの開封率
  • アドレスや電話番号が変わってもアカウントを引き継いで使える
  • 利用者数は全世代の86.9%

メルマガよりも利用者が多く、欠点を補える点が、LINE公式アカウントの魅力です。

さらに『Lステップ』と呼ばれる機能を利用すると、さらなる効果が期待できます。

  • メルマガの内容をそのままLステップで送信したら、成約率が3倍に
  • LINEでコンテンツを簡単に読み返せるので、精読率が20%増加
  • リマインド配信の活用でイベントの参加率が15〜30%改善

LINE公式アカウントやLステップを活用して、商品やサービスの売上をどんどん伸ばしましょう。

以下のLステップについて詳しくまとめた記事も、確認してみてください。

▼Lステップの基本機能やメリットなどをまとめた記事はこちら▼

Lステップ(LINEステップ)の3つの料金プランとは!利用するメリット・デメリットも解説

>>Lステップ(LINEステップ)の3つの料金プランとは!利用するメリット・デメリットも解説

毎月の売上を2倍,3倍に増やしていく為のLステップ講座 『Wonderful Step』


LINEマーケティングコンサル日本No. 1講師が直接指導してくれる完全網羅型の講座Wonderful Step(ワンダフルステップ)
  • Lステップのノウハウが凝縮された動画コンテンツ
  • 無制限の質問対応
  • 専用SLACKグループの招待
  • 月に1回のグループ勉強会
  • 2週間に1度の個別zoom相談権利
など、Lステップによるセールス自動化で商品の売上をグングン伸ばしたい方にうってつけです!