【売上向上】Lステップで顧客管理を行う4つのメリット!顧客管理の施策も紹介

「Lステップで顧客管理ができるの?」
「大した機能は無いんじゃない?」
「データの分析までできるって本当?」
などと考えてはいませんか?

LステップはLINE公式アカウントを使った配信ツールですが、本格的な顧客管理の機能も備わっています。

データの収集と管理を1つのツールにまとめられるのがLステップの大きな特徴です。しかしあくまで配信ツールということもあり、十分な機能が備わっているのか不安に思われるかも知れません。

そこで今回は、Lステップで顧客管理をする4つのメリットをご紹介します。

  1. 顧客情報を収集できる
  2. Lステップ上でデータの確認ができる
  3. 顧客情報の分析もできる
  4. セグメント配信ができる

この記事を読めば、Lステップでできる顧客管理は完璧に理解できます。打つべき施策の例も紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

Lステップで顧客管理を行う4つのメリット

優れた配信を行うには、優れたデータが不可欠です。そのためLステップではLINE公式アカウントを使って配信するだけではなく、顧客管理の機能もセットにすることで、最適な配信内容を分析できるようになっています。

管理機能は内容も本格的で、メリットは大きく分けて4つです。

  1. 顧客情報を収集できる
  2. Lステップ上でデータの確認ができる
  3. 顧客情報の分析もできる
  4. セグメント配信ができる

ただ配信するだけでなく、顧客管理の機能も使いこなせば読者の満足度がワンランクアップするはず。順に解説していくので、しっかりと押さえておきましょう。

1:顧客情報を収集できる

従来のマーケティングでは、顧客情報の収集と管理は別々のツールを使うのが主流でした。

例えば初来店のお客さんにアンケート用紙を記入してもらって、回答内容を職員がPCに打ち込む、などの手法はまだまだ採用しているところもあります。

Lステップを使えばアンケートがLINE上で取れるので、工数のカットが可能です。他にも細かな反応を自動的に収集してくれるので、2つの仕事をLステップだけでまかなえます。

読者からすればLINE上で全て完結するので、余計な操作説明なども省いて気軽に始めてもらえるのもポイントです。

2:Lステップ上でデータの確認ができる

Lステップでは、データの確認を同一のGUI(通常のスマホやPCに似た表示)で行えます。データを視覚的に判別しやすく、Lステップ1つで中身を把握できるのは大きなポイントです。

企業によってはCUI(ソースコード入力画面に似た表示)ツールを使っているところもあり、特に顧客管理などでデータベースにアクセスする場合は複雑なコマンド操作が要求されます。

専門的なスキルが必要になる場合が多いですが、Lステップであれば慣れ親しんだGUIによる直感的な操作が可能です。データの確認・管理がスムーズになります。

Lステップの内製化を検討している場合は、ツールの操作のやりやすさは開発スピードに直結します。構築代行などを仕事にしたい方にも大きなメリットです。

3:顧客情報の分析もできる

Lステップには分析機能も備わっており、データ管理を外部ツールに任せる必要はありません。

  • 収集
  • 保存
  • 分析

3つ全てがLステップで解決できます。

Lステップの分析機能で最も強力なのが「クロス分析」で、複数のデータを組み合わせてより細かく分析できる方法です。

例えば紹介した商品の反応率を調べたい場合、クロス分析を使えば「年代別」や「性別ごと」などの調査が可能になります。

一見売れ筋の商品に見えても、クロス分析にかけると30代には全く売れていなかった、という事態も考えられるでしょう。

より具体的なデータになるので、改善方法も明確に打ち出しやすくなるはずです。闇雲に配信するよりも、確実に売上アップに繋がります。

4:セグメント配信ができる

Lステップで分析したデータは、読者によって配信内容を振り分ける「セグメント配信」を活用して施策に落とし込むことが可能です。

仮にクロス分析によって、50代の反応率が悪いことが分かったとします。この時従来の配信はそのままで、50代の読者にだけ別のシナリオを配信するのがセグメント配信です。

更に反応率を高めたい場合、20代用、30代用などのシナリオを作って振り分けても構いません。もちろん年齢以外にも自由に振り分けができます。

データを集めるほど配信の振り分けが細かく的確になるので、顧客管理を密に行うことは反応率に直結します。

Lステップで行うべき顧客管理方法4選

Lステップは配信用のツールなので、漫然とシナリオを作るだけではデータは集まりません。それでは上質な顧客管理は不可能なので、次の4つの顧客管理方法を守ってください。

  1. アンケートを取る
  2. 細かくタグと友だち情報を設定する
  3. アップセルを仕掛ける
  4. 迅速な個別対応

最初から100点の配信をするのは中々難しいので、データを集めて顧客管理を進めながら内容をグレードアップさせていきましょう。

順に解説していきます。

1:アンケートを取る

Lステップのデータ収集の基本はアンケートです。他では聞きにくいことでも自然に答えてもらえるので、積極的に活用していきましょう。

しかし、無策に「アンケートにご協力ください」と投げかけるだけでは良い反応は期待できません。そもそも読者からすれば、アンケートに答えるのはめんどくさい作業です。

回答率を高めるための3つのコツがあるので、必ず守ってください。

  1. アンケートは登録直後に行う
  2. 1分で終わる内容にする
  3. 無駄な質問は極限まで削る

アンケート自体とは少しズレますが、景品を用意したり、診断ゲーム化するのも有効なテクニックです。

濃い情報を一瞬で大量に集められるので、Lステップにアンケートは必須になります。

2:細かくタグと友だち情報を設定する

Lステップのデータ収集はアンケートだけではありません。各配信の反応率を確認するために、タグや友だち情報を設定できます。

特に設定すべきポイントは以下の3つです。

  1. ボタンを押したか
  2. 動画を見たか
  3. リッチメニューを触ったか

これらを使って反応率の高い読者をあぶり出すために、スコアリング機能を作るのがおすすめです。

友だち情報には計算式を代入できるので、タップするたびに+1点追加するシステムを各配信に仕込んでおけば、熱心な読者ほど点数の高い状態を作り出せます。

3:アップセルを仕掛ける

Lステップでは読者の行動がデータとして残るので、アップセルを仕掛けるのも容易です。

例えば白米を購入した読者には、追加で海苔を訴求したり、パンを購入した読者にはジャムを訴求しやすいでしょう。

元々読者に最適な商品を紹介できるのがセグメント配信なので、満足度は高いはずです。チャンスを逃さないように畳み掛けてください。

食料品などの消耗品であれば、毎月定期的に同じ商品を訴求するのも効果的です。

データは集めるだけでは意味がないので、LTYを高めるためにも上手く活用してください。

4:迅速な個別対応

LINEはメルマガと違い返信が気軽にできることもあり、質問も多く飛んできます。返事をするのに丸一日かけていると読者の満足度が下がりますし、最悪他に移ってしまうかも知れません。

特に商品に関する質問は、読者の購入する熱意が冷めないうちに答えるのがとても重要で、成約に直結します。

Lステップでは「対応マーク」というアクションがあり、個別対応が必要な読者を管理画面から確認できる機能が備わっています。

上手く使いこなして反応率を高めてください。

毎月の売上を2倍,3倍に増やしていく為のLステップ講座 『Wonderful Step』


LINEマーケティングコンサル日本No. 1講師が直接指導してくれる完全網羅型の講座Wonderful Step(ワンダフルステップ)
  • Lステップのノウハウが凝縮された動画コンテンツ
  • 無制限の質問対応
  • 専用SLACKグループの招待
  • 月に1回のグループ勉強会
  • 2週間に1度の個別zoom相談権利
など、Lステップによるセールス自動化で商品の売上をグングン伸ばしたい方にうってつけです!