【最新】LINE公式アカウントの作り方7ステップを徹底解説!開設時の注意点も紹介

「LINE公式アカウントってどうやって作るの?」
「料金体系はどれくらい?」

と疑問に思っていませんか?

LINE公式アカウントは集客に効果的なので始めようと思っても、作り方がいまいちよくわからないですよね。

LINE公式アカウントは、専門的な知識がなくても無料で簡単に作成可能です。

今回の記事では、以下の内容について解説していきます。

  • LINE公式アカウントの作り方7ステップ
  • LINE公式アカウントの料金プラン
  • 認証済アカウントを作るときの注意点

LINE公式アカウントの知識がなくても簡単に分かるような内容なので、ぜひ参考にしてみてください。

LINE公式アカウントの種類は2つ!

作り方をお伝えする前に、まずはLINE公式アカウントには種類があるので解説しますね。

LINE公式アカウントは、大きく分けて2種類あります。

  1. 未認証アカウント
  2. 認証済アカウント

それぞれ違いを説明しますね。

【LINE公式アカウント1】誰でも作れる未認証アカウント

LINE公式アカウントの「未認証アカウント」は、LINEから認可されていないアカウントです。

LINEの審査が必要ないため、誰でも気軽に作れます。

もちろん未認証であっても、登録者にメッセージを送ることは可能です。

ただし、使える機能が認証済アカウントよりも少ないことがデメリットだといえます。

【LINE公式アカウント2】審査が必要な認証済アカウント

認証済アカウントは、文字通り認証が必要なアカウントです。

LINEの審査を通過する必要があるので、使える機能が未認証アカウントよりも多いことが特徴です。

実際にLINE公式アカウントは大変人気が高く、現在は審査に1ヶ月以上かかることも。

企業や店舗の集客や利益のアップが目的の場合は、認証済アカウントを作成しましょう。

認証済アカウントのメリットは4つあります。

  1. アカウントバッヂが付与される
  2. LINEアプリ内のアカウント検索結果に表示される
  3. 友だち追加を促進するための店舗用ポスターのダウンロードが可能
  4. 請求書決済が可能

LINEアカウントの機能をもっと詳しく知りたい場合はこちらの記事をご覧ください。

▼基本機能やメリットなどをまとめた記事はこちら▼

【2020年最新】LINE公式アカウントとは!基本機能や料金・メリットデメリットなどを徹底網羅

>>【2020年最新】LINE公式アカウントとは!基本機能や料金・メリットデメリットなどを徹底網羅

 LINE公式アカウントの作り方7ステップ

こちらでは、LINE公式アカウントの作り方を詳しく説明していきます。

LINE公式アカウントの開設ステップは、未認証アカウントで2ステップ、認証済アカウントで7ステップあります。

  1. LINE公式アカウントの作成ページへアクセス
  2. アカウントの基本情報「アカウント名」を登録
  3. 業種・申し込みタイプを選ぶ
  4. 店舗/施設情報を入力する
  5. 会社情報を入力する
  6. 申込者情報を入力する
  7. 利用規約に同意して確認する

未認証アカウントの作り方はステップ2までなので、ステップ3以降は認証済アカウントの説明です。

順番に詳しく解説しますね。

【LINE公式アカウント作り方その1】
LINE公式アカウントの作成ページへアクセス

LINE公式アカウントは公式サイトから作れます。

まずは「LINE公式アカウントを開設(無料)」をクリックしてください。

引用:LINE公式アカウントサイト(https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20190829/?list=9&_ga=2.239074179.2036545742.1599824361-1658219148.1599062573)

その後に、認証済アカウントか非認証アカウントを選びます。

引用:LINE公式アカウントサイト

【LINE公式アカウント作り方その2】
アカウントの基本情報「アカウント名」を登録

認証済アカウントか未認証アカウントを決めたら、まずはアカウントの基本情報を登録します。

①未認証アカウントの場合

未認証アカウントの場合は、

  1. アカウント名
  2. メールアドレス
  3. 業種

3つを入力・選択し、利用規約に同意して確認をすれば申込は完了です。

アカウント名については、次の認証済アカウントの作り方で解説します。

②認証済アカウントの場合

引用:LINE公式アカウントサイト

「アカウント名」とは、LINEの友だち一覧やトーク画面に表示されるアカウントの名前です。

引用:LINE公式アカウントサイト

アカウントから提供されるサービスがイメージしやすい名前をつけた方が、友だちに登録してもらえる確率がアップしますよ。

おすすめなのは、

  • 企業名
  • 店舗名
  • サービス名
  • 商品名

などですね。

【LINE公式アカウント作り方その3】
業種・申し込みタイプを選ぶ

次は、業種や申込みタイプを選択しましょう。

引用:LINE公式アカウントサイト

業種には大業種と小業種があります。

大業種をクリックすると38個のタブから選択できます。

引用:LINE公式アカウントサイト

  1. 飲食店・レストラン
  2. グルメ・食料品店
  3. ショッピング・小売店
  4. ファッション
  5. スポーツ用品店
  6. スポーツ施設・教室
  7. 教育・習い事
  8. 保育・学校
  9. 美容・サロン
  10. 医療機関・診療所
  11. 専門サービス
  12. 生活関連サービス
  13. ペット
  14. 冠婚葬祭
  15. 宿泊施設
  16. 旅行・エンタメ・レジャー
  17. 自動車・バイク
  18. 交通機関・サービス
  19. 銀行・保険・金融
  20. 団体
  21. スポーツチーム・団体
  22. 公共機関・施設
  23. 福祉・介護
  24. 電気・ガス・エネルギー
  25. 通信・情報・メディア
  26. テレビ番組
  27. ラジオ番組
  28. ウェブサービス
  29. 雑誌・本
  30. 映画
  31. ゲーム
  32. 製造業
  33. 商業
  34. 水産・農林
  35. 鉱業
  36. 建設・土木
  37. 印刷・出版
  38. 運送・倉庫

該当する項目を選んだら、次は小業種を選びます。

例えば、大業種で「グルメ・食料品店」を選んだ後に小業種を「イタリアン」と選ぶような感じです。

引用:LINE公式アカウントサイト

「申し込みタイプ」は、LINE公式アカウントの業種のタイプで5種類から該当項目を選びます。

  1. 企業・サービス・製品
  2. メディア
  3. 公共機関・施設
  4. オンラインショップ
  5. Webサービス/アプリ

【LINE公式アカウント作り方その4】
店舗/施設情報を入力する

続いて、店舗や施設の情報を入力します。

入力必須情報は以下の6項目です。

  1. 店舗/施設名(50文字以内)
  2. 郵便番号
  3. 都道府県
  4. 市区町村
  5. 丁目・番地・号(半角数字)
  6. 店舗電話番号(半角数字)

基本的には全角で入力し、住所や電話番号などの数字は半角です。

店舗が複数ある場合は、代表店舗の入力をしましょう。

引用:LINE公式アカウントサイト

【LINE公式アカウント作り方その5】
会社情報を入力する

次に「会社情報」を入力します。

店舗や施設と名前や住所、電話番号などの情報が同じ場合は「店舗情報をコピーする」ボタンでコピー可能です

店舗情報と違う場合、入力必須情報は以下の5項目です。

  1. 会社/事業所名
  2. 郵便番号
  3. 都道府県
  4. 市区町村
  5. 丁目・番地・号(半角数字)

引用:LINE公式アカウントサイト

【LINE公式アカウント作り方その6】
申込者情報を入力する

申込者情報とは、会社名などではなく申込担当の個人名です。

電話番号やメールアドレスなども、担当者個人のものを入力してください。

必須入力項目は4つです。

  1. 申込書氏名(フルネーム)
  2. 申込者フリガナ(全角カタカナ)
  3. 連絡先電話番号
  4. メールアドレス

メールアドレスは携帯キャリアのアドレスは使えないので注意が必要です。

引用:LINE公式アカウントサイト

【LINE公式アカウント作り方その7】
利用規約に同意して確認する

入力が済んだら「LINE公式アカウント利用規約」に同意して、「確認する」ボタンを押します。

間違いがなければそのまま申込をしましょう。

以上で、アカウントの作成は完了です。

LINE公式アカウントの料金は3パータン

LINE公式アカウントには3パターンの料金プランがあります。

  1. フリープラン
  2. ライトプラン
  3. スタンダードプラン

とてもイメージしやすいプラン名ですよね。

まずはこちらの表をご確認ください。

フリー ライト スタンダード
月額固定料金 無料 5,000円 15,000円
無料メッセージ 1,000通 15,000通 45,000通
追加メッセージ 対応外 5円 3円

ちなみにメッセージ数は配信数ではなく、3吹き出しまでを1回として「メッセージを送った回数×送った友だちの数」なので注意が必要です。

順番に詳しく解説しますね。

【LINE公式アカウントの料金1】
フリープラン

LINE公式アカウントのフリープランは、文字どおり月額固定料金が無料なことが最大のメリットです。

無料なのにメッセージが1,000通も送れます。

デメリットは、1,000通を超えると追加でメッセージが送れないことです。

極端な話、友だちが1,000人になったら1ヶ月に1通しか送れません。

フリープランはまずLINE公式アカウントを作ってみて、少し試してみたい場合に使ってみてください。

【LINE公式アカウントの料金2】
ライトプラン

LINE公式アカウントのライトプランは、月額5,000円で15,000通のメッセージが送れます

追加でメッセージを送りたいときは1通5円で追加が可能ですよ。

ただし追加のメッセージが6,000通を超えると、スタンダードプランと同じ金額になってしまうので、たくさん送ると割高です。

トータル21,000通以上を送りたい場合はスタンダードプランへの変更を検討しましょう

【LINE公式アカウントの料金3】
スタンダードプラン

LINE公式アカウントのライトプランは、月額15,000円で45,000通のメッセージが送れます。

最初から友だち登録数がかなり見込める場合は、迷わずスタンダードプランを選ぶといいでしょう。

45,000通以上送りたい場合は1通3円なので、単純計算でライトプランより1通あたり2円お得ですよ。

もっと配信数が必要な場合は、さらに上のプランもあります。

さらに詳しい料金情報が知りたい場合は、以下の記事をチェックしてみてください。

▼料金についてまとめた記事はこちら▼

Lステップ(LINEステップ)の3つの料金プランとは!利用するメリット・デメリットも解説

>>Lステップ(LINEステップ)の3つの料金プランとは!利用するメリット・デメリットも解説

LINE公式アカウントの認証済アカウントを作る時の注意点

認証済アカウントの方が便利な機能がたくさん使えることがわかりましたが、作るときにはいくつか注意が必要です。

こちらでは審査の注意点や、開設できないケースをご説明します。

認証済アカウントには5つの審査項目がある

LINE公式アカウントの認証を受けるには、以下の5つの審査項目をクリアしなくてはなりません。

  1. ユーザーの不利益に繋がる可能性
  2. 法律などに違反しないか
  3. LINE公式アカウントの利用規約第18条「禁止行為」に該当しないか
  4. LINE公式アカウントの審査基準を満たすか
  5. LINE公式アカウントの事業へ悪影響を及ぼしたり、信用を損なうものでないか
    参考:LINE公式アカウントサイト(https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20190829/?list=9&_ga=2.239074179.2036545742.1599824361-1658219148.1599062573)

つまり、犯罪や誰かの不利益になると思われた場合は審査は通りません。

作るアカウントがLINEに疑問を持たれないかしっかりと確認してから、審査を依頼しましょう。

認証済みアカウントが開設できない5パターン

実際に認証済アカウントが開設できないケースは、大きく分けて5つあります。

  1. 出会い
  2. アダルト
  3. 連鎖販売取引(ネズミ講、マルチ、ネットワークビジネスなど)
  4. 販売方法(怪しい商品や怪しい販売方法)
  5. 必要情報の記入漏れ

LINEは未成年も使っているので、犯罪に繋がりそうなことや法律に違反しそうな内容は審査には通りません。

他にも、必要な情報の記入漏れがあると認証済アカウントは作れません。

記入漏れで作れないのはとても勿体無いので、しっかりと必須項目は全部記入しましょう。

LINE公式アカウントを作ったら「Lステップ」で顧客を増やそう

LINE公式アカウントを作った後は、Lステップの導入も検討してみましょう。

Lステップとは、あらかじめ作成しておいたメールを順番に送りるマーケティング手法です。

Lステップをうまく使うと、読者の反応が高まり、自動的に商品やサービスが売れるようになります。

実際にLステップを導入して、売上が3倍になったという企業もあるなど、効果は非常に高いです。

ステップ配信の他にも、以下のような便利機能が備わっています。

  • メッセージを人によって変更
  • 電話番号などの顧客データをラインと紐づけて管理
  • 送った動画の視聴時間を計測
  • 抽選やくじ引き機能
  • 診断機能
  • どの広告やSNSから入ってきたかを特定し、媒体ごとの成約数を計測
  • お客さんごとの見込み度合いをスコアで計測
  • セミナーの出席確認
  • 決済した人とそうでない人を特定

うまく使うと売上を大きく高められるので、ぜひLINE公式アカウントと一緒に導入を検討してみてください。

毎月の売上を2倍,3倍に増やしていく為のLステップ講座 『Wonderful Step』


LINEマーケティングコンサル日本No. 1講師が直接指導してくれる完全網羅型の講座Wonderful Step(ワンダフルステップ)
  • Lステップのノウハウが凝縮された動画コンテンツ
  • 無制限の質問対応
  • 専用SLACKグループの招待
  • 月に1回のグループ勉強会
  • 2週間に1度の個別zoom相談権利
など、Lステップによるセールス自動化で商品の売上をグングン伸ばしたい方にうってつけです!